プロが解説!暮らしの知っトク情報NAVI カンテレ 2024年4月25日更新

カテゴリーおすすめ転職エージェント

30代でハイクラス転職はできる?おすすめの転職エージェントや転職サイトも厳選紹介

アップロード日2024/02/07

この記事を書いた人「キャリアアドバイザーDAI」

[PR]

30代は転職市場において、十分なスキルと経験だけでなく将来性も評価されており、市場価値が高い世代です。

年収800万円以上のハイクラス転職では、専門性やマネジメント経験が求められる傾向が強いため、30代〜40代がメインターゲットと考えられます。

つまり、30代で豊富な経験を持つ人材は、ハイクラス転職を成功させる可能性が高くなるということになります。

本記事では、ハイクラス転職を目指す30代に向けて、転職活動のポイントを解説します。

ハイクラス転職におすすめの転職エージェント3選

リクルートダイレクトスカウト|転職決定年収が平均938万円以上!

リクルートダイレクトスカウトは、年収800万円〜2,000万円の非公開求人が多数。年収やキャリアアップをしたいハイクラスやエグゼクティブ層向けのおすすめ転職エージェントです。自分の市場価値を知りたい人も登録するのがおすすめです。

公式サイト:https://directscout.recruit.co.jp/

JACリクルートメント|日系大手、外資、メガベンチャーに強い!

JACリクルートメントは、管理職・技術/専門職転職のエキスパートであるおすすめ転職エージェントです。転職支援実績は約43万人で、年収800万円~1500万円以上の転職を目指す方は登録がおすすめです。

公式サイト:https://www.jac-recruitment.jp/

マイナビAGENT|20代〜30代の転職支援に強い!

マイナビAGENTは、マイナビエージェントは、就職情報サイト「マイナビ」や転職情報サイト「マイナビ転職」などを運営するマイナビグループの人材紹介サービスです。全国の大手上場企業からベンチャー企業、隠れた優良企業など、取引企業数は約10,000社以上のおすすめ転職エージェントです。

公式サイト:https://mynavi-agent.jp/

ハイクラス転職に挑戦する目安は直近年収600万円以上

ハイクラス求人・ハイクラス転職とは

ハイクラス求人とは、一般的に年収800万円以上の求人を指し、ハイクラス転職は転職後の年収が800万円以上になる転職を意味しています。

高い年収を提示していることからもわかる通り、会社が求めるのは十分なスキルと経験を持つ即戦力人材です。

ハイクラス求人の応募条件ハードルは高い

ハイクラス求人の応募条件ハードルは高い

応募条件のハードルは高く選考も厳しいので、一定以上の市場価値を有するビジネスパーソンが対象となります。

ハイクラス転職におすすめの転職エージェント3選

リクルートダイレクトスカウト|転職決定年収が平均938万円以上!

リクルートダイレクトスカウトは、年収800万円〜2,000万円の非公開求人が多数。年収やキャリアアップをしたいハイクラスやエグゼクティブ層向けのおすすめ転職エージェントです。自分の市場価値を知りたい人も登録するのがおすすめです。

公式サイト:https://directscout.recruit.co.jp/

JACリクルートメント|日系大手、外資、メガベンチャーに強い!

JACリクルートメントは、管理職・技術/専門職転職のエキスパートであるおすすめ転職エージェントです。転職支援実績は約43万人で、年収800万円~1500万円以上の転職を目指す方は登録がおすすめです。

公式サイト:https://www.jac-recruitment.jp/

マイナビAGENT|20代〜30代の転職支援に強い!

マイナビAGENTは、マイナビエージェントは、就職情報サイト「マイナビ」や転職情報サイト「マイナビ転職」などを運営するマイナビグループの人材紹介サービスです。全国の大手上場企業からベンチャー企業、隠れた優良企業など、取引企業数は約10,000社以上のおすすめ転職エージェントです。

公式サイト:https://mynavi-agent.jp/

参考30代はなぜハイクラス層を目指しやすいのか?転職でキャリアアップを実現するポイントとは

「年収」は市場価値を判断する材料の1つ

市場価値の判断材料の1つに「年収」があります。

年収が高いことは、会社にとって重要な人材であることの証明材料になります。

実際に、直近年収を見て書類選考の合否の判断材料にしている採用担当者もいるでしょう。

ハイクラス転職を目指す人材の目安は直近年収600万円以上です。

国民の平均年収が443万円(※国税庁|令和3年分 民間給与実態統計調査)であることから、一般的な会社員よりもビジネスパーソンとしての価値が高いといえるでしょう。

ただし、年収はあくまで市場価値を判断する材料の1つです。

求人の応募条件を満たしてさえいれば、直近年収が600万円未満でも応募できます。

合わせて読みたい「ハイクラス転職の実態」に関する記事 合わせて読みたい「ハイクラス転職の実態」に関する記事

ハイクラス転職の実態は?求人の選び方と転職成功のポイントを解説

ハイクラス転職を専門的にサポートする転職支援サービスが増加傾向にあり、その実態が気になる方が増えたように思います。この記事では、ハイクラス転職を目指す方に向けて、ハイクラス転職の実態や求人の選び方について解説しています。

ハイクラス転職は30代から40代がメインターゲット

ハイクラス求人は、高い専門性やマネジメント経験を必要とするものが多くを占めます。

20代のハイクラス転職が現実的ではないといわれるのは、高い年収に見合う根拠を提示するのが難しいためです。

ハイクラス転職では、重要なポジションや専門職に関するものが主流です。

それらの応募条件を満たせる30代から40代が、ハイクラス転職市場のメインターゲットとなります。

特に、30代の即戦力人材を求める会社のニーズは高いと考えられています。

若くして高い市場価値を有していれば、高評価に繋がる可能性が高まります。

参考20代・30代・40代でハイクラス転職を成功させるには?

ハイクラス転職を目指す30代に会社が求めること

会社が高い年収を支払うのは、それ以上の貢献をしてくれるという期待の表れです。

採用担当者は、応募書類である程度の市場価値を推測し、「専門性」「マネジメント経験」「順応性」といった項目から会社にどれくらい貢献してくれるのかを判断します。

参考30代におすすめの転職サイトはどこ?スキルなし未経験、ハイクラス転職、ジャンル別にセレクト

専門性

キャリアを通じて培った専門性は、ハイクラス転職を実現する上で重要な要素です。

国家資格など、専門性の高さを証明するものがあると武器になります。

また、ITエンジニアをはじめとするニーズの高いスキルや経験を有していることもハイクラス転職に有利に働きます。

マネジメント経験

30代になると、プロジェクトを任されたり、部下をマネジメントしたりするようになります。

チームを率いて成果を上げた経験がある人材は、マネジメント経験はもちろん、リーダーシップの高さも評価されます。

注意したいのは、会社によってマネジメント経験の定義が異なることです。

管理職経験を必須とする会社もあれば、部下の管理経験があればクリアできる会社もあります。

参考30代でハイクラス転職を目指そう!取り組む利点や必要なスキルを紹介

順応性

年齢を重ねるごとに、人は順応性が低くなる傾向があるといわれています。

同じ会社で長く働いていた人ならなおさらです。

前職の考え方が強く根付いていたりする人材は扱いづらいという印象があるのも事実です。

先述した通り、ハイクラス転職は30代から40代がメインターゲットです。

ココがポイント

ココがポイント

40代よりも30代の方が高い順応性を持つ傾向があるため、企業の採用担当者は採用ポイントとして30代の応募者の経験と今後ののびしろに期待しているのです。

合わせて読みたい「ハイクラス転職の失敗」関連記事 合わせて読みたい「ハイクラス転職は難しい?」関連記事

ハイクラス転職が難しいとされる理由とは?企業が求める条件や転職成功のポイントを解説

ハイクラス転職のハードルは高いため、入念な準備をしなければハイクラス転職を実現するのは難しいでしょう。この記事では、ハイクラス転職の定義や転職活動のポイントについて詳しく解説しています。

30代でのハイクラス転職は可能

ハイクラス求人が求める条件のすべてを満たす30代は限られます。

しかし、「マネジメント経験がある」「専門性の高さを証明できる」という30代であれば、ハイクラス転職は十分に可能です。

「営業成績トップを得た」「企画したプロジェクトが賞を取った」などの実績があれば、管理職候補としての転職も見えてきます。

参考高収入ハイクラスの30代向け転職サイト【2023年おすすめランキング】

ハイクラス転職を30代で実現する3つのメリット

順番を待たずに昇進できる

十分な経験やスキルがあるにも関わらず、空きがないという理由で昇進できないと悩む30代は数多くいるといわれています。

しかし、ハイクラス転職を成功させれば、空きが出るのを待たずに昇進と年収アップを叶えることができます。

転職先の評価制度によっては大幅な年収アップも期待できますし、新たなキャリアプランも思い描けるかもしれません。

市場価値がさらに高まる

ハイクラス転職を30代のうちに成功させると、一般的なビジネスパーソンよりも早い段階で会社の重要なポジションやハイレベルな仕事の経験を得られます。

これは市場価値をさらに高めることに繋がります。

さらなるハイクラス転職も狙える

ハイクラス転職を成功させることで市場価値が高まります。

そのまま出世を狙える可能性が高くなり、転職を重ねてさらなるキャリアップを目指すことも可能です。

30代でハイクラス転職を成功させることで、市場価値が十分に高まっているため、次の転職では年齢を武器にすることも可能です。

ハイクラス転職に有利な環境を整えていけるのは大きなメリットです。

キャリアプランにもよりますが、理想のキャリアにステップアップ可能な転職先を選びやすくなるでしょう。

参考30代でハイクラス転職を成功させるために押さえておくべき転職活動のポイント

30代が知っておくべきハイクラス転職の注意点

未経験職種へのキャリアチェンジは厳しい

ハイクラス転職は、即戦力として会社に貢献できることが前提です。

キャリアを活かせない未経験職種への転職は難しく、転職成功の可能性を下げる要因になります。

とはいえ、未経験職種へのハイクラス転職を成功させた事例は少なからずあります。

キャリアチェンジを検討している方は、転職エージェントへの相談がおすすめです。

キャリアを活かせる職種を紹介してもらえる可能性も十分あります。

応募できるハイクラス求人は少ない

ハイクラス求人は、応募条件のハードルが高く30代を対象外としているものもあります。

また、未公表のプロジェクトや重要なポジションに関するものなど、ハイクラス求人の募集内容は秘匿性が高いため、非公開求人とされるものも数多くあります。

そもそもハイクラス求人は大量採用するものではなく、会社は求める人材を効率良く採用したいと考えています。

以上のことから、応募できるハイクラス求人を探すのは難しく、必要以上に時間を浪費してしまう可能性もあります。

参考【30代向け】ハイクラス転職への進め方とおすすめ転職エージェント

内定を得るまでに時間がかかる

求人が見つかりにくいことに加え、採用されるのはわずか一握りの人材です。

ライバルの中で最も高い市場価値を有していても、マッチング率が低いと判断されれば、内定を得られないのがハイクラス転職の難しいところです。

ココに注意

ココに注意

また、ハイクラス転職は内定を得るまでに時間がかかるため、長期間モチベーションを保つことが大切です。

成果に対する評価は厳しくなる

即戦力として高い年収を支払う以上、会社の求める成果のレベルも高くなるものです。

スピーディに成果を出せなければ、年収が下がったり降格させられたりすることも十分に考えられます。

ハイクラス求人を見てみると、実力主義・成果主義の会社が多いことがわかります。

特に外資系会社の求人が数多く見れらます。

そういった会社は評価もシビアなので、一定の成果を出し続ける必要があります。

参考30代でハイクラス転職狙う人は登録マストな転職エージェント・サイト5選

30代でハイクラス転職を成功させるためのポイント

自己分析をしてマッチング率を確認する

転職活動を始めるにあたって必須となるのが「自己分析」です。

これまでのキャリアを振り返り、自分の強みや弱み、ポータブルスキルを明確にするとともに、どんな会社に転職したいのか考えをまとめます。

それと同時に、マッチング率の確認も重要です。

希望する会社の情報収集を行い、会社はどんな人材を求めているのか、そして自分は転職後に活躍できるのかシミュレーションしてから応募するようにしましょう。

ココがポイント

ココがポイント

情報収集には、会社の公式サイトや企業クチコミサイトの閲覧がおすすめです。前者は仕事内容や社風、後者は社員の会社に対する評価や労働環境がわかります。

合わせて読みたい「転職エージェントは使うな」に関する記事 合わせて読みたい「転職エージェントは使うな」に関する記事

「転職エージェントは使うな」と言われる理由は?活用せずに転職活動をするデメリットを解説

転職の相談をすると、「転職エージェントは使うな」とアドバイスされることがあるかもしれません。この記事では、「転職エージェントは使うな」という声がある理由とともに、転職活動に転職エージェントを利用するメリット・デメリットについても解説しています。

わかりやすく具体的に経験をアピールする

採用担当者が応募者の市場価値やマッチング率を判断するには、具体的な根拠が必要です。

市場価値をアピールするイメージ

市場価値をアピールするイメージ

例えば、営業マンが自分の市場価値をアピールする場合には、「〇〇年に営業成績トップを獲得した」ではなく、「〇〇を意識して営業した結果、前年比〇〇〇%の売り上げを達成し、〇〇年に営業成績トップとして表彰された」と記載するようにしましょう。

何に取り組みどんな成果を上げたのか、より具体的な内容や数字でアピールするのがポイントです。

参考ハイクラス人材の転職で注意したい「落とし穴」!転職失敗しないためのポイント3点

ベンチャー企業やスタートアップ企業にも目を向ける

大手企業は新卒採用をして自社で人材を育成するノウハウを持っています。

そのため、大手企業のハイクラス求人を見つけること自体が困難です。

一方、ベンチャー企業やスタートアップ企業は優秀な人材をいち早く採用し、業務を拡大させたいと考えているため、ハイクラス求人が見つかりやすく、内定を得られるチャンスも大企業に比べて手に入れやすくなるのが一般的です。

ココがポイント

ココがポイント

企業規模で判断せず、あらゆる会社の中から自分にマッチする会社を見つけることが大切です。

年収だけを目的に転職先を決めない

ハイクラス転職を目指す目的が年収アップという方も多いのではないでしょうか。

しかし、年収アップだけを目的に転職活動を進めると求人選びが偏ってしまい、ミスマッチの会社に転職してしまう可能性もあります。

年収以外の部分にも目を向けて求人を選ぶことが大切です。

あえていうなら、年収が低くても転職したいと思えるような会社を見つけられるのが理想ではないでしょうか。

合わせて読みたい「ハイクラス転職におすすめ転職エージェント転職サイト」関連記事 合わせて読みたい「ハイクラス転職におすすめ転職エージェント・転職サイト」関連記事

人気のハイクラス転職エージェント・転職サイトおすすめ7選!サービスと口コミ・評判を解説

ハイクラス転職を目指すときに役立つのが、ハイクラス求人やエグゼクティブ求人を豊富に保有している転職サービスです。この記事では、ハイクラス転職を目指すビジネスパーソンに向けて、ハイクラス転職支援実績が豊富な転職エージェントと転職サイトを紹介します。

ハイクラス転職の方法は3種類

ハイクラス転職の方法は、「リファラル採用」「ダイレクトリクルーティング」「転職エージェント」の3つがあります。

合わせて読みたい「ハイクラス転職の失敗」関連記事 合わせて読みたい「ハイクラス転職の失敗」関連記事

ハイクラス転職の失敗を防ぐ方法は?失敗する理由から分かる転職成功の秘訣を紹介

ハイクラス求人は一般的な求人と比べて母数が少ないことに加え、スキルや実績を求められるため、転職活動が失敗に終わることも珍しくありません。この記事では、ハイクラス転職に失敗する典型的な理由の紹介とあわせて、ハイクラス転職の失敗を防ぐための方法を紹介します。

リファラル採用

リファラル採用は、自社で働く社員や信頼できる関係者から紹介を受ける採用方法です。

会社のことをより詳しく知っている人からの紹介であれば、ミスマッチを防ぎ、即戦力を採用できる可能性が高くなると考えられています。

紹介者の仲介は入りますが、選考は通常通り行われ、一定の基準に達しなければ採用は見送られるのが一般的です。

求職者から見ると、知人・友人からリアルな情報が得られるため、入社後のミスマッチを防ぐことができる反面、辞めにくくなるというデメリットもあるようです。

縁故採用との違い

縁故採用との違い

縁故採用との違いは、役員などの血縁・知人関係からの紹介ではなく、社員や関係者の人脈から「自社で活躍できそうな人材」の紹介を受け、正規の入社試験を実施する点にあります。

参考30代でハイクラス転職狙う人は登録マストな転職エージェント・サイト5選

ダイレクトリクルーティング

求職者の職務経歴書が登録されたデータベースを見て、企業が欲しい人材に直接アプローチする方法をダイレクトリクルーティングと呼び、ハイクラス転職サイトなどで採用されています。

これまで、求人媒体や人材紹介所に求人情報を出したあとは応募や紹介があるまで待つ姿勢だった企業が、自社にマッチする求職者を探して積極的にスカウトを行うのが特徴です。

マッチング率を考慮した上でオファーを送っているため、内定率も高くなる傾向があるようです。

オファーを受けて即面接となるケースもあり、短期間でのハイクラス転職も可能です。

参考おすすめのハイクラス・ミドルクラス転職 30代のランキング・比較

転職エージェント

ハイクラス求人は主に非公開求人が占めていますが、その多くは転職エージェントが保有しています。

つまり、ハイクラス転職には転職エージェントへの登録が必須ということになります。

転職エージェントは、キャリアアドバイザーが担当者となり転職活動をサポートしてくれる無料のサービスで、公開・非公開を問わず最適な求人の紹介だけでなく、選考対策やセミナーの開催、キャリア相談まで受けられます。

ハイクラス転職希望者にも転職エージェントを利用するメリットは数多くあります。

合わせて読みたい「エンジニアにおすすめの転職エージェント」関連記事 合わせて読みたい「エンジニアにおすすめの転職エージェント」関連記事

IT・Webエンジニアにおすすめの転職エージェント11選!未経験向けも紹介

エンジニアとしての経験とスキルがある方であれば、キャリアアップに最適な求人やハイクラス案件が見つかる可能性があります。この記事では、エンジニアの求人が充実しているおすすめの転職エージェントを厳選して11社ご紹介します。
合わせて読みたい「転職エージェントの複数登録」関連記事 合わせて読みたい「転職エージェントの複数登録」関連記事

転職エージェントは複数に登録するべき?複数登録する理由と併用の注意点を徹底解説!

転職エージェントは、複数に登録するのが基本になりつつあります。この記事では複数の転職エージェントに登録するべき理由と合わせて、転職エージェントを併用するメリット・デメリットを詳しく解説しています。

ハイクラス転職を目指す30代におすすめの転職サービス

ハイクラス転職したい30代におすすめ①リクルートダイレクトスカウト

出典:リクルートダイレクトスカウト
運営会社 株式会社リクルート
サービス スカウト型転職サイト
求人エリア 全国・海外
公開求人数 約190,000件
非公開求人数 非公開
利用料金 無料

(2023年5月25日現在)

リクルートダイレクトスカウトは、年収800〜2,000万円の求人に力を入れているスカウト型の転職サイトですが、保有する求人情報の年収レンジは300万円〜となっています。

ハイクラス転職を目指しながら転職の可能性を広げたい30代に最適です。

スカウトを待つだけでなく、ヘッドハンターにアプローチしたり、自分で求人を探したりできるため、転職の希望時期に合わせて幅広く利用することができます。

合わせて読みたい「リクルートダイレクトスカウトの登録」関連記事 合わせて読みたい「リクルートダイレクトスカウトの登録」関連記事

リクルートダイレクトスカウトの利用が会社にバレる?バレずに利用する方法を徹底解説

リクルートダイレクトスカウトは、年収800万~2,000万円の求人を多数保有しているスカウト型転職サイトです。この記事では、リクルートダイレクトスカウトの利用が会社にバレる理由を解説すると共に、バレずに利用する方法をまとめました。
合わせて読みたい「リクルートダイレクトスカウトの口コミ評判」関連記事 合わせて読みたい「リクルートダイレクトスカウトの口コミ・評判」関連記事

リクルートダイレクトスカウトの評判を検証!口コミで分かるメリット・デメリットを解説

リクルートダイレクトスカウトは、ハイクラス求人に特化したスカウト型転職サイトで、年収800万円以上のハイクラス求人が豊富に掲載されています。この記事では、利用者からの口コミ・評判を紹介するとともに、リクルートダイレクトスカウトのサービスの特徴やメリット・デメリットを詳しく解説しています。

ハイクラス転職したい30代におすすめ②ビズリーチ

出典:ビズリーチ
運営会社 株式会社ビズリーチ
サービス スカウト型転職サイト
求人エリア 全国・海外
公開求人数 約85,000件
非公開求人数 非公開
利用料金(税込) スタンダードステージ:無料
プレミアムステージ:5,478円 / 30日
※App Store決済の場合は5,500円

(2023年5月25日現在)

ビズリーチはハイクラス求人に特化した転職サイトです。

中でも、ハイクラス転職を狙う30代から高い支持を得ています。

保有求人の3分の1以上が年収1,000万円を超えるものとなっており、ハイクラス求人に絞って効率良く求人情報を得ることができます。

また、入会審査を実施することで、即戦力人材のみがサービスを利用できる環境を整えています。

プランによって利用料金がかかるのも特徴で、無料プランと有料プランで利用できるサービスが大きく異なります。

プラン 「無料プラン」 「有料プラン」
利用料金(30日間・税込) 無料 5,478円
※App Store決済:5,500円
通常スカウト
スカウトの閲覧
(プラチナスカウトのみ)
スカウトへの返信
(プラチナスカウトのみ)
求人検索 検索・閲覧のみ
※企業名は非表示
求人への応募
(特集・公開求人のみ)
※非公開求人、
企業が掲載している求人への応募は不可
ヘッドハンターへの相談 ×

無料プランであっても、面接・面談が確約されたプラチナスカウトは受け取れます。

合わせて読みたい「ビズリーチの評判口コミ」関連記事 合わせて読みたい「ビズリーチの評判・口コミ」

ビズリーチの評判は悪い?口コミからわかる登録するメリット・デメリットを解説!

ビズリーチは、ハイクラスに特化している転職サイトで、年収1,000万円以上の求人を多数保有しています。この記事では、利用者の口コミ・評判をもとに、ビズリーチが提供するサービスのメリット・デメリットについて解説しています。
合わせて読みたい「ビズリーチの審査」関連記事 合わせて読みたい「ビズリーチの審査」関連記事

ビズリーチの審査に落ちた原因と対処法を解説!

この記事では、ビズリーチの審査に落ちたというクチコミからその原因を調査しました。審査に落ちた時の対処法についても解説しています。
合わせて読みたい「ビズリーチの登録」関連記事 合わせて読みたい「ビズリーチの登録」関連記事

ビズリーチの登録が会社にばれるのを防ぐ!企業ブロック設定とばれない方法を徹底解説

ビズリーチは、ハイクラス転職を目指す求職者から絶大なる支持を集めていますが、サービスを活用するには、個人情報や職務経歴の登録が必須のため、「会社にばれるのでは?」と不安を抱く人も少なくないようです。そこで、この記事では、ビズリーチの利用が会社にばれるのを防ぐ方法をまとめました。

ハイクラス転職したい30代におすすめ③リクルートエージェント

出典元:「リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルート
サービス 転職エージェント
求人エリア 全国
公開求人数 約400,000件
非公開求人数 約295,000件
拠点 東京・北海道・宮城・栃木・埼玉・千葉・神奈川・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫・岡山・広島・福岡
利用料金 無料

(2023年5月25日現在)

業界最大級の保有求人数を誇るリクルートエージェントでは、転職エージェントを利用するメリットの1つである非公開求人を10万件以上保有しています。

他社の保有求人数と比較しても圧倒的に多いのが特徴です。

リクルートエージェントでは、求人数の強みを活かして、第二新卒からキャリアチェンジ、ハイクラス、U・Iターンなどに幅広く対応しています。

担当者となるキャリアアドバイザーには各業界に精通した専門のアドバイザーが在籍し、その他にも転職活動に役立つWebサービスを提供するなど手厚いサポートが受けられます。

リクルートエージェントの実績

リクルートエージェントの実績

多くの方がリクルートエージェントを利用して転職を成功させているという実績から、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における転職支援実績数No.1も獲得しています。(2019年度)

リクルートエージェントは30代でハイクラス転職を目指す方におすすめの転職エージェントです。

合わせて読みたい「リクルートエージェント」関連記事 合わせて読みたい「リクルートエージェント」関連記事

リクルートエージェントに登録だけするメリットとは?活用方法を徹底解説

この記事では、リクルートエージェントに登録だけするメリット・デメリット、そしてサービスを活用する方法についてまとめました。
合わせて読みたい「リクルートエージェントの評判口コミ」関連記事 合わせて読みたい「リクルートエージェントの評判・口コミ」

リクルートエージェントの口コミ・評判を調査!転職者が感じたメリット・デメリットとは

リクルートエージェントは、他社を圧倒する求人数が強みの転職エージェントであり、あらゆる業種・職種・キャリアの転職サポートに対応しています。この記事では、リクルートエージェントの口コミ・評判をもとに、サービスの特徴やメリット・デメリットを詳しく解説しています。
合わせて読みたい「リクルートダイレクトスカウトとリクルートエージェントの違い」 合わせて読みたい「リクルートダイレクトスカウトとリクルートエージェントの違い」

リクルートダイレクトスカウトとリクルートエージェントの違いを解説!併用するメリットは?

リクルートダイレクトスカウトとリクルートエージェントは、転職サービスである点は共通しているものの、提供しているサービスは全く違います。この記事では、リクルートダイレクトスカウトとリクルートエージェントの違いと、両サービスの併用について詳しく解説しています。

ハイクラス転職したい30代におすすめ④パソナキャリア

出典:パソナキャリア
運営会社 株式会社パソナ
サービス 転職エージェント
求人エリア 全国・海外
公開求人数 約36,000件
非公開求人数 非公開
拠点 北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・群馬・栃木・新潟・富山・石川・福井・山梨・長野・愛知・岐阜・静岡・三重・大阪・京都・兵庫・和歌山・奈良・滋賀・広島・岡山・山口・島根・鳥取・徳島・高知・愛媛・香川・長崎・福岡・大分・鹿児島・佐賀・熊本・宮崎・沖縄・メキシコ・タイ・ベトナム・マレーシア・フィリピン・インドネシア・中国・そのほかの海外
利用料金 無料

(2023年5月25日現在)

ハイクラスに強い転職エージェントを探している30代はパソナキャリアがおすすめです。

4年連続でオリコン顧客満足度「転職エージェント」総合1位(2019年~2022年)を獲得する手厚いサポートと、公式サイトで転職者の年収アップ率67.1%と掲げる提案力があります。

在籍するコンサルタントに対する評価制度を導入することによりサポート力を高い水準で維持しており、担当者の当たり外れが少ないのがポイントです。

また、女性専門の転職サポートチームも在籍しています。

女性目線に立ったサポートや求人紹介は利用者からも高い評判を得ています。

合わせて読みたい「パソナキャリアの評判口コミ」関連記事 合わせて読みたい「パソナキャリアの評判・口コミ」

パソナキャリアの評判や口コミから分かったメリットと注意点を解説

パソナキャリアは、手厚いサポートと求人の質が評判の転職エージェントです。この記事では、パソナキャリアの利用を検討している方に向けて、ネット上の口コミや評判から分かった、登録前に知っておきたいサービスのメリット・デメリットを解説しています。

ハイクラス転職したい30代におすすめ⑤JACリクルートメント

出典:JACリクルートメント

運営会社 株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント
サービス 転職エージェント
求人エリア 全国・海外
公開求人数 約13,000件
非公開求人数 非公開
拠点 宮城・東京・埼玉・神奈川・愛知・静岡・大阪・京都・兵庫・広島・福岡
利用料 無料

(2023年5月25日現在)

オリコン顧客満足度調査「ハイクラス・ミドルクラス部門」5年連続1位を獲得しているJACリクルートメントは、グローバルな活躍をしたい30代に登録をすすめる転職エージェントです。

保有求人は、外資系をはじめとするグローバル企業のものが多くを占めます。

世界11ヵ国からなるグローバルネットワークを活かして、海外転職も本格的にサポートできるのがJACリクルートメントの強みです。

ココに注意

ココに注意

ハイクラス転職サポートに特化していることもあり、対象となる利用者は年収500万円以上が目安となります。

合わせて読みたい「JACリクルートメントの評判口コミ」関連記事 合わせて読みたい「JACリクルートメントの評判・口コミ」

JACリクルートメントの評判は良い?悪い?口コミからわかるメリット・デメリットを徹底解説

JACリクルートメントは、ミドル世代のハイクラス転職のサポートに強いことで知られる転職エージェントです。この記事では、利用者からの口コミ・評判を紹介するとともに、JACリクルートメントが提供しているサービスの特徴とメリット・デメリットを解説しています。

参考JACリクルートメントの評判・口コミは良い?悪い?サービスの注意点と登録方法を解説!

ハイクラス転職したい30代におすすめ⑥doda X

出典:doda X
運営会社 パーソルキャリア株式会社
求人エリア 全国
公開求人数 約31,000件
非公開求人数 非公開
利用料 無料

(2023年5月15日現在)

doda Xは、年収800万~1200万円の非公開求人を多数扱う転職サイトです。

あらゆる業種・職種をカバーしていますが、IT業界や営業職の求人が豊富なのが特徴です。

従来の転職サイトと異なるのが、転職エージェントに近いサービスを提供している点です。

ヘッドハンターからのスカウトに加え、求人検索からの応募も可能となっており、応募する場合はdoda Xのスタッフが企業情報の提供や面接日程の調整などをサポートしてくれます。

また、企業1社ごとにスタッフ1名という体制が取られています。

ネット検索ではわからない企業の内情までしっかり教えてくれるので、情報収集がはかどります。

マイペースに転職活動をしたいけれど、最低限の効率化は図りたいという方におすすめです。

合わせて読みたい「dodaXの評判口コミ」関連記事 合わせて読みたい「doda Xの評判・口コミ」

doda Xの評判は悪い?口コミで分かったサービスのメリット・デメリットを徹底解説

doda X(旧:iX転職)は、ハイクラス求人に特化している転職サイトで、主に市場価値の高いミドル世代・シニア世代向けの求人を保有しています。この記事では、利用者からの口コミ評判を紹介すると共に、doda Xが提供するサービスのメリット・デメリットについて詳しく解説しています。

マイナビエージェント|親身になった手厚い転職サポートを無期限で提供

出典元:マイナビエージェント

【マイナビエージェントの基本情報】

運営会社 株式会社マイナビ
サービス 転職エージェント
拠点 東京・神奈川・北海道・宮城・愛知・京都・大阪・兵庫・福岡
求人エリア 全国・海外
公開求人数 66,421件
非公開求人数 18,391件
サポート期間 18,391件

無期限サポート(※詳細

マイナビエージェントは、20代から30代前半の若手から支持されている転職エージェントで、転職サービスを幅広く展開している株式会社マイナビが運営していることもあり、企業とのパイプが太く、独占求人が豊富に揃っているのが特徴です。

また、2023年オリコン顧客満足度®調査では、「転職エージェント」総合1位を獲得しており、親身になった手厚いサポートが評判です。

マイナビエージェントは、サポート期間を設けている転職エージェントが多い中、サポート期間が無期限であることを明確にしており、じっくりと転職先を探したい30代の方におすすめします。

合わせて読みたい「マイナビエージェントの評判口コミ」関連記事 合わせて読みたい「マイナビエージェントの評判・口コミ」

マイナビエージェントの評判は?利用者の口コミからわかったサービスの特徴を解説

マイナビエージェントは、手厚いサポートで転職活動を進めたい20代〜30代の求職者におすすめの転職エージェントです。この記事では、マイナビエージェント利用者の口コミ・評判から、サービスの特徴やメリット・デメリットについて解説しています。
合わせて読みたい「30代におすすめの転職エージェント」関連記事 合わせて読みたい「30代におすすめの転職エージェント」関連記事

30代におすすめの転職エージェント14選|選び方や利用のコツ・注意点も紹介

この記事では、30代で転職活動をする際におすすめの転職エージェントを紹介し、選ぶ上でのポイントを様々なケース別に解説しています。30代の転職を成功させるために、目的に合った転職エージェントを利用してみてください。

まとめ

40代前後がメインターゲットとなるハイクラス転職ですが、一定の市場価値を有していれば30代でも十分狙うことができます。

ただし、ハイクラス求人の多くは非公開求人です。

転職エージェントやハイクラスに特化している転職サイトに登録して、目的に合った求人情報を得る必要があります。

本記事で紹介した転職サービスは各社ともハイクラス求人を多数保有しています。

まずは公開求人を検索してみて、相性が良さそうな転職サービスを選ぶことが大切です。

複数の転職サービスに登録すれば、より多くのハイクラス求人情報を効率的に得ることができるでしょう。

合わせて読みたい「転職エージェントの年齢別比較」関連記事 合わせて読みたい「転職エージェントの年齢別比較」関連記事

【20代~50代まで】転職エージェント11社を徹底比較!年齢別におすすめをご紹介します!

数ある転職エージェントですが、それぞれ特色があります。この記事では、職種や年齢に合わせて比較表を交えながらおすすめの転職エージェントを11社ご紹介しています。
合わせて読みたい「20代のハイクラス転職」関連記事 合わせて読みたい「20代のハイクラス転職」関連記事

20代でもハイクラス転職は実現できる?おすすめの転職エージェントと活用方法を徹底解説!

20代向けのハイクラス求人よりも30代以上のミドル〜シニア向けの求人が多い傾向にあり、20代でのハイクラス転職は実現するのが難しいといわれています。そこで、この記事では、20代でのハイクラス転職成功率をアップできるおすすめの転職エージェントと活用方法を解説しています。
page top