プロが解説!暮らしの知っトク情報NAVI カンテレ 2024年2月24日更新

カテゴリーおすすめ転職エージェント

ハイクラス転職の実態は?求人の選び方と転職成功のポイントを解説

アップロード日2024/02/14

この記事を書いた人「キャリアアドバイザーDAI」

[PR]

ハイクラス転職を専門的にサポートする転職支援サービスが増加傾向にあります。

少し前までは、非公開求人として扱われることが多かったハイクラス求人も、現在では手軽に情報を得られるようになりました。

ハイクラス転職が身近になったことで、その実態が気になる方が増えたように思います。

そこで本記事では、ハイクラス転職を目指す方に向けて、ハイクラス転職の実態や求人の選び方などを詳しくまとめました。

ハイクラス転職におすすめの転職エージェント3選

リクルートダイレクトスカウト|転職決定年収が平均938万円以上!

リクルートダイレクトスカウトは、年収800万円〜2,000万円の非公開求人が多数。年収やキャリアアップをしたいハイクラスやエグゼクティブ層向けのおすすめ転職エージェントです。自分の市場価値を知りたい人も登録するのがおすすめです。

公式サイト:https://directscout.recruit.co.jp/

JACリクルートメント|日系大手、外資、メガベンチャーに強い!

JACリクルートメントは、管理職・技術/専門職転職のエキスパートであるおすすめ転職エージェントです。転職支援実績は約43万人で、年収800万円~1500万円以上の転職を目指す方は登録がおすすめです。

公式サイト:https://www.jac-recruitment.jp/

マイナビAGENT|20代〜30代の転職支援に強い!

マイナビAGENTは、マイナビエージェントは、就職情報サイト「マイナビ」や転職情報サイト「マイナビ転職」などを運営するマイナビグループの人材紹介サービスです。全国の大手上場企業からベンチャー企業、隠れた優良企業など、取引企業数は約10,000社以上のおすすめ転職エージェントです。

公式サイト:https://mynavi-agent.jp/

ハイクラス転職は年収800万円以上の求人企業に転職すること

転職支援サービスは、「ハイクラス求人=年収800万円以上の求人」を指すのが一般的です。

つまり、年収800万円以上の労働条件で転職することが、「ハイクラス転職」であると考えられます。

さらに詳しく

さらに詳しく

ハイクラス転職は、年収の水準が高いことから、高い専門性が求められる職種や経験・実績に基づいたポジション(役職)への転職となることが多いです。

ハイクラス転職成功には一定の市場価値が必要

高い年収に見合った市場価値があるビジネスパーソンのみを対象としているのが、ハイクラス転職の実態です。

ハイクラス求人は、役員や管理職など、企業やプロジェクトにおける重要なポジションとして採用するものが中心となることから、マネジメント経験や専門分野に関する高い専門性が求められる傾向にあります。

ココに注意

ココに注意

マネジメント未経験や、具体的な実績がない状態でのハイクラス転職成功は望みが薄いかもしれません。

合わせて読みたい「ハイクラス転職の年収」関連記事 合わせて読みたい「ハイクラス転職の年収」関連記事

ハイクラス転職とは?転職で年収アップを実現するためのポイントを解説

「ハイクラス転職の年収って?」「どんな人がハイクラス転職できるの?」と疑問に思っている方もいるかもしれません。この記事では、ハイクラス転職に興味のある方に向けて、基礎知識や年収アップに必要な条件について解説しています。

ハイクラス求人を出している企業の実態

ハイクラス転職の実態について解説しましたが、ここではハイクラス求人の実態について紹介していきます。

どのような理由で、企業がハイクラス求人を出しているのかをまとめました。

ハイクラス求人の実態

  • 新規事業における責任者
  • 退職した人材の補填
  • 実力者を求めるベンチャー企業
  • 外資系企業
  • 優秀な人材の確保

ハイクラス求人の実態を知ることは、ハイクラス転職における企業へのアピール方法を考える際にも役立ちます。

参考ハイクラス求人の実態|ハイクラス転職成功のコツも紹介

新規事業における責任者

新規事業には、その分野に関して専門性が高い責任者が必要です。

従業員に新規事業に関連する専門知識を持つ社員がいない企業は、キャリアの中で積み上げてきたノウハウの提供とともに、人材の育成やマネジメントを担当してもらうことを目的に、ハイクラス求人を出します。

さらに詳しく

さらに詳しく

また、競合への情報漏洩を避けたいと考える企業が多いため、新規事業の求人は、非公開求人として出される傾向があります。

退職した人材の補填

退職してしまった優秀な人材の補填としてハイクラス求人を出す企業は多いです。

大企業であっても、社内に後任を任せられる社員がいるとは限りません。

優秀な人材の退職を機に、現状抱えている問題や課題を解消することを期待して、外部から優秀な人材を招こうと考える企業もあります。

優秀な人材の補填の場合、企業は求める人材が明確であることが多いです。

実力者を求めるベンチャー企業・外資系企業

ハイクラス求人の実態を紹介する上で欠かせないのが、ベンチャー企業と外資系企業です。

どちらもハイクラス求人でよく見られます。

ベンチャー企業は、企業の成長スピードが早いために人材の育成や組織の体制が整っていない、事業拡大のための優秀な人材が足りないなどの理由から、経営・役員・管理職といったポジションのハイクラス求人を出していることが多いです。

退職金制度や福利厚生をなくし、その分を基本給のベースやインセンティブに回して年収の水準を上げている外資系企業は、実力主義で働きたい方に適しています。

年齢やポジション、勤続年数を問わず、実力次第で大幅な年収アップが狙えます。

優秀な人材の確保

優秀な人材をより多く確保したいと考える企業もハイクラス求人を出しています。

利益をもたらす人材を雇って利益アップを目指したい、近い将来に企業の中心メンバーの候補となる社員を確保したいという意図があります。

参考ハイクラス求人の実態ってどうなの?求人選びの注意点や転職のコツを紹介

ハイクラス転職を成功させるためのポイント

ハイクラス転職を成功させるためのポイント

  • 市場価値に合った求人に応募する
  • 企業の情報収集により、マッチング精度を高める
  • 応募基準を満たしているのかを確認する
  • 転職先でスキルを活かせるのかを考える

ほとんどのハイクラス求人は、人員補強や事業拡大、体制強化を目的として出されています。

高い年収に見合った利益を期待できる市場価値の高い優秀な人材のみを対象としているのがハイクラス転職の実態です。

ハイクラス転職を成功させるためには、戦略を立てる必要があります。

参考ハイクラス求人の実態は?転職の企業選びで注意すべきポイントを徹底解説

市場価値に合った求人に応募する

転職活動を始める際は、自分の市場価値を分析しておくことが大切です。

これまでのキャリアを振り返ってスキルや実績を客観的に把握し、転職市場における市場価値を明確にすることで、企業へのアピールポイントを見つけられるだけでなく、市場価値に合った求人を見つけやすくなります。

あわせて自己分析をして、性格や強み・弱みを把握しておくのもよいでしょう。

ココがポイント

ココがポイント

市場価値の分析に自信が持てない方は、オンライン診断サービスを利用したり、転職エージェントのカウンセリングを受けたりするのがおすすめです。

企業の情報収集により、マッチング精度を高める

マッチング率の高い求人に応募することが、ハイクラス転職成功の秘訣です。

ハイクラス求人の実態として紹介した通り、ハイクラス求人は求める人材が明確なことから、採用にはマッチング率が重視される傾向にあります。

ココがポイント

ココがポイント

企業が求めるスキルや実績があることを前提に、企業の経営戦略や社風、企業が求める人物像などを総合的に理解することが大切です。

マッチング率の高い求人をピックアップすることで、内定獲得に期待が持てます。

マッチング精度を高めるなら、企業の口コミサイトで社員の口コミを閲覧したり、公式サイトやレポートに目を通したりするのがおすすめです。

応募基準を満たしているのかを確認する

ハイクラス求人は、応募基準のハードルが高いです。

実態として紹介したように、マネジメント経験や高い専門性を求める求人がハイクラス求人には多く見られるだけでなく、近年では企業のグローバル化を背景に、ビジネスレベルの英語力を必須とするハイクラス求人も増えてきました。

応募基準は、細かく確認することが大切です。

さらに詳しく

さらに詳しく

例えば、マネジメント経験ひとつを見てみても、プロジェクトリーダー経験があれば応募できる求人もあれば、管理職としての経験が必要な求人もあります。

転職先でスキルを活かせるのかを考える

活躍している自分を想像できる企業に応募するのが、ハイクラス転職の基本です。

ココに注意

ココに注意

活躍している姿を具体的に想像できない企業に転職すると、ギャップが生じて居心地の悪さを感じるようになり、短期間での退職を検討する状況になる恐れがあります。

転職後に短期間で退職することは、転職活動におけるマイナス要素です。

自分が活躍している姿を具体的に想像できる企業に絞って応募することで、スキルや経験を活かせる企業に転職できる可能性が高まります。

合わせて読みたい「ハイクラス転職の失敗」関連記事 合わせて読みたい「ハイクラス転職は難しい?」関連記事

ハイクラス転職が難しいとされる理由とは?企業が求める条件や転職成功のポイントを解説

ハイクラス転職のハードルは高いため、入念な準備をしなければハイクラス転職を実現するのは難しいでしょう。この記事では、ハイクラス転職の定義や転職活動のポイントについて詳しく解説しています。

希望条件を明確にすれば理想のハイクラス求人を見つけられる

ハイクラス求人やハイクラス転職の実態を知ることと同じように、自分が転職先企業に求める希望条件を明確にすることも転職成功に欠かせないポイントです。

ココがポイント

ココがポイント

希望条件を明確にすることによって、転職サイトでスカウトを受けたときに応募の判断がしやすくなったり、転職エージェントにおけるキャリアアドバイザーとのカウンセリング時に転職したい企業像を明確に伝えられたりします。

希望条件は、具体的かつ現実的なものを設定するのが基本です。

複数の希望条件があるときは、それぞれに優先順位をつけるとよいでしょう。

妥協できる条件と絶対に実現したい条件に分けることで、求人選びや内定を複数社から得た際の企業選びに役立ちます。

参考ハイクラス転職を成功させるために押さえておくべき転職活動のポイント

転職サイトや転職エージェントがハイクラス転職成功のカギ

ハイクラス転職をサポートする転職支援サービスが増加傾向にあります。

ハイクラス転職におすすめの転職支援サービス

  • 『転職サイト』
  • 『転職エージェント』

ハイクラス求人の情報を得たり、転職活動のサポートを受けたりするためには、転職サイトや転職エージェントといった転職支援サービスの利用が必須です。

ハイクラス求人の実態を知り、希望条件を明確にするだけでは転職成功は望めません。

ここでは、転職サイトと転職エージェントのサービス内容を紹介します。

合わせて読みたい「転職エージェントと転職サイトの違い」関連記事 合わせて読みたい「転職エージェントと転職サイトの違い」関連記事

転職エージェントと転職サイトの違いは?メリット・デメリットを比較しながら徹底解説

転職エージェントと転職サイトは、どちらも転職支援サービスではあるものの、利用できるサービスには大きな違いがあるため、それぞれの違いを把握し、サービスを活用していくことが大切です。この記事では、転職エージェントと転職サイトの違いを、比較を交えながら解説しています。

転職サイト|求人を閲覧・応募することに特化したサービス

転職サイトは、求人の掲載を主なサービスとしており、興味のある求人に24時間、いつでも応募できるのが特徴です。

また、転職サイトは、スカウト機能や独自コンテンツを提供しています。

スカウト機能は、市場価値や希望条件とマッチした求人を得ることができる機能で、転職サイトによっては、企業から非公開求人のスカウトを得られます。

独自コンテンツは、オンライン診断サービスや応募書類の作成サポートなど、転職サイトによってさまざまです。

転職エージェント|内定獲得までキャリアアドバイザーがサポート

転職エージェントは、キャリアアドバイザーと呼ばれる専門スタッフが、転職活動の開始から内定獲得までを総合的にサポートしてくれるサービスです。

カウンセリングをもとに、マッチング率が高く内定が見込める求人を紹介してくれるだけでなく、多く求職者が苦手とする市場価値の分析や応募書類の作成、面接対策、企業との労働条件の交渉までを行ってくれます。

1人で転職活動を進めるのが不安な方や、忙しい方でも安心して、計画的に転職活動を進められます。

合わせて読みたい「転職エージェントのメリットデメリット」関連記事 合わせて読みたい「転職エージェントのメリット・デメリット」関連記事

転職エージェントのメリット・デメリットは?賢い活用方法とおすすめする人の特徴も紹介

効率良く転職活動を進めたい方は、転職エージェントの利用がおすすめです。この記事では、転職エージェントの利用を検討している方に向けて、サービスのメリット・デメリットを紹介するとともに、活用方法についても解説しています。

ハイクラス転職に特化した転職支援サービスに登録するのがおすすめ

ハイクラス転職を目指すのであれば、ハイクラス求人を専門に扱っている転職サイト、ハイクラス転職支援実績のある転職エージェントを利用するのがおすすめです。

複数のサービスに登録するのもよいでしょう。

転職支援サービスは、各社で保有している求人が異なるため、複数に登録することで、転職先の選択肢を増やすことができる他、求人やサポート内容を比較して、相性の良いサービスを見つけるのにも役立ちます。

ココに注意

ココに注意

ただし、一部の転職エージェントはサポート期間に上限があるため、確認が必要です。

合わせて読みたい「転職エージェントの複数登録」関連記事 合わせて読みたい「転職エージェントの複数登録」関連記事

転職エージェントは複数に登録するべき?複数登録する理由と併用の注意点を徹底解説!

転職エージェントは、複数に登録するのが基本になりつつあります。この記事では複数の転職エージェントに登録するべき理由と合わせて、転職エージェントを併用するメリット・デメリットを詳しく解説しています。

まとめ

ハイクラス転職・ハイクラス求人の実態や求人選びのポイントを解説しました。

ハイクラス転職の実態 ・年収800万円以上での転職
・市場価値の高いビジネスパーソンが対象
・マネジメント経験と高い専門性が必要
ハイクラス求人を出している企業の実態 ・新規事業の責任者を求める企業
・退職した優秀な人材の補填をしたい企業
・ベンチャー企業や外資系企業
・中長期的な目線で優秀人材を確保したい企業

ハイクラス求人の実態を知っても、ハイクラス転職が成功するわけではありません。

実態を知った上で、希望条件を明確にしたり、マッチング精度を高めたりすることで、内定獲得の可能性が上がります。

転職サイトや転職エージェントを活用し、転職活動を進めるとよいでしょう。

※本記事の内容は、2024年2月現在の情報です。

合わせて読みたい「ハイクラス転職におすすめ転職エージェント転職サイト」関連記事 合わせて読みたい「ハイクラス転職におすすめ転職エージェント・転職サイト」関連記事

人気のハイクラス転職エージェント・転職サイトおすすめ7選!サービスと口コミ・評判を解説

ハイクラス転職を目指すときに役立つのが、ハイクラス求人やエグゼクティブ求人を豊富に保有している転職サービスです。この記事では、ハイクラス転職を目指すビジネスパーソンに向けて、ハイクラス転職支援実績が豊富な転職エージェントと転職サイトを紹介します。
page top