プロが解説!暮らしの知っトク情報NAVI カンテレ 2024年6月18日更新

カテゴリーおすすめ転職エージェント

ハイクラス転職が難しいとされる理由とは?企業が求める条件や転職成功のポイントを解説

アップロード日2024/06/03

この記事を書いた人「キャリアアドバイザーDAI」

[PR]

目標の1つに「ハイクラス転職」を掲げているビジネスパーソンは少なくありません。

キャリアを通じて一定以上まで市場価値を高めた方のみが、高額な年収を得られるハイクラス転職に挑戦できます。

しかし、ハイクラス転職のハードルは高いため、入念な準備をしなければハイクラス転職を実現するのは難しいでしょう。

そこで本記事では、ハイクラス転職の定義や転職活動のポイントを詳しくまとめました。

ハイクラス転職におすすめの転職エージェント3選

リクルートダイレクトスカウト|転職決定年収が平均938万円以上!

リクルートダイレクトスカウトは、年収800万円〜2,000万円の非公開求人が多数。年収やキャリアアップをしたいハイクラスやエグゼクティブ層向けのおすすめ転職エージェントです。自分の市場価値を知りたい人も登録するのがおすすめです。

公式サイト:https://directscout.recruit.co.jp/

JACリクルートメント|日系大手、外資、メガベンチャーに強い!

JACリクルートメントは、管理職・技術/専門職転職のエキスパートであるおすすめ転職エージェントです。転職支援実績は約43万人で、年収800万円~1500万円以上の転職を目指す方は登録がおすすめです。

公式サイト:https://www.jac-recruitment.jp/

マイナビAGENT|20代〜30代の転職支援に強い!

マイナビAGENTは、マイナビエージェントは、就職情報サイト「マイナビ」や転職情報サイト「マイナビ転職」などを運営するマイナビグループの人材紹介サービスです。全国の大手上場企業からベンチャー企業、隠れた優良企業など、取引企業数は約10,000社以上のおすすめ転職エージェントです。

公式サイト:https://mynavi-agent.jp/

ハイクラス転職の定義とエグゼクティブ転職との違い

ハイクラス転職とは年収800万円以上で内定を獲得すること

そもそも「ハイクラス」という言葉に明確な定義はありません。

転職市場においては、年収800万円以上の求人をハイクラス求人とすることから、”ハイクラス転職=年収800万円以上での転職”とするのが一般的です。

ココに注意

ココに注意

高待遇であることがハイクラス転職の魅力である一方、応募条件のハードルが厳しく設定されていたり、高いレベルの専門スキルや知識を求められたりすることから、ハイクラス転職成功は難しいとされています。

合わせて読みたい「ハイクラス転職の年収」関連記事 合わせて読みたい「ハイクラス転職の年収」関連記事

ハイクラス転職とは?転職で年収アップを実現するためのポイントを解説

「ハイクラス転職の年収って?」「どんな人がハイクラス転職できるの?」と疑問に思っている方もいるかもしれません。この記事では、ハイクラス転職に興味のある方に向けて、基礎知識や年収アップに必要な条件について解説しています。

ハイクラス求人の多くは非公開求人

ハイクラス求人は、キャリアを通じて市場価値を高めたビジネスパーソンが対象です。

そのため、20代向けのハイクラス求人は少なく、30代や40代のミドル世代、ポジションによっては50代以降のシニア世代を対象とした求人が中心となっています。

また、ハイクラス求人の多くが非公開求人なのも特徴です。

「非公開求人」とは?

ココがポイント

一般公開されていない求人のこと。
「情報漏洩を避けたい」、「求める人材に絞って選考をしたい」という企業が非公開での人材紹介を転職エージェントに依頼しています。

企業の重要なポジションや秘匿性の高いプロジェクトなど、秘匿性の高い求人を扱う非公開求人は、転職サイトでは転職活動に十分な量を見つけるのが難しいとされており、転職エージェントで紹介してもらうのが一般的です。

合わせて読みたい「ハイクラス転職の実態」に関する記事 合わせて読みたい「ハイクラス転職の実態」に関する記事

ハイクラス転職の実態は?求人の選び方と転職成功のポイントを解説

ハイクラス転職を専門的にサポートする転職支援サービスが増加傾向にあり、その実態が気になる方が増えたように思います。この記事では、ハイクラス転職を目指す方に向けて、ハイクラス転職の実態や求人の選び方について解説しています。

エグゼクティブ転職とハイクラス転職の違い

ハイクラス転職と混同しやすいのが「エグゼクティブ転職」です。

さらに詳しく

さらに詳しく

エグゼクティブ転職は、企業の経営ポジションや役員への転職を指し、年収800万円以上の高待遇な求人も多いです。

参考役員の転職は難しい?制限の有無やハイクラス転職で気をつけたいポイント

ハイクラス転職が難しいとされる2つの理由

ここでは、ハイクラス転職が難しいとされる理由が知りたい方に向けて、主な理由としてあげられるものを2つ紹介します。

参考ハイクラス転職とは?難しい?年収相場や企業が求める条件について解説

需要に対して求人数と採用枠が少ない

ハイクラス転職が難しいと言われる理由の1つ目は「採用枠」です。

ハイクラス求人についてト

ハイクラス求人について

ハイクラス求人は、企業における重要なポジションや秘匿性の高いプロジェクト、専門職の募集が多くを占めているという性質上、採用枠が一般的な求人と比べて少ない傾向にあります。

人材に対して採用枠が少ない上に、希望条件や市場価値、応募条件にマッチしたハイクラス求人を見つけるのも難しいため、ハイクラス転職のハードルは高いです。

難しいハイクラス転職を成功させるためには、転職活動の長期化も考慮する必要があります。

ライバルのレベルが高い

ハイクラス転職が難しいとされる2つ目の理由が「ライバルの存在」です。

ライバルとなるのは、スキルや実績のある市場価値の高いビジネスパーソンであり、少ない採用枠をハイクラス人材同士で競い合う形になります。

ココがポイント

ココがポイント

応募条件を満たし、十分なスキルや実績があったとしても安心できず、内定獲得率を高めるためには、入念な選考対策が必要です。

参考ハイクラス転職はなぜ難しいのか?失敗できないあなたに成功ノウハウを紹介

ハイクラス転職に必須となる企業が求める3つのスキル

ハイクラス転職が難しいとされる理由に、求人数と採用枠の少なさがあります。

せっかくハイクラス求人を見つけても、応募条件を満たしていなければハイクラス転職を実現することはできません。

ハイクラス人材を求めている企業の多くは、「専門性」「マネジメント経験」「語学力」の3つを応募条件に加えていることが少なくありません。

ここでは、ハイクラス転職に必要なスキルを紹介します。

参考実際難しい?ハイクラス(エグゼクティブ)転職サイト&転職エージェントおすすめ11選|成功させる5つのポイント

専門性(知識・スキル・実績)

ハイクラス転職に成功すると、多くの場合は企業での立場が上がります。

そのため、担当領域における高い専門性は必須であり、知識やスキル、経験、実績などが求められます。

マネジメント経験

マネジメント経験もハイクラス転職には必須です。

ココに注意

ココに注意

ただし、プロジェクトリーダーや管理職など、企業が求めるレベルや募集しているポジションによって、どの程度のマネジメント経験が求められるのかは違ってきます。

語学力

企業はグローバル化が急速に進んでいることもあり、応募条件にビジネスレベルの語学力を求める求人も増加傾向にあります。

語学力について

語学力について

語学力の根拠となるのがTOEICの点数で、ビジネスで通用する語学力があると判断されるのは600点以上、英語での業務が主体となる企業なら700点以上が目安となります。

どの程度の点数を応募条件とするのかは求人によって異なります。

参考ハイクラス転職を成功するには?押さえておきたいポイントを紹介

ハイクラス転職をするメリットは年収と社会的地位の向上

ハイクラス転職を成功させるのは難しいとされる一方、成功させることができれば、年収の大幅なアップが望めたり、より高いポジションを任命されて社会的地位が上がったりなど、ビジネスパーソンとして大きなメリットを得られます。

さらなるキャリアアップを目指すことも可能です。

参考ハイクラス転職は一般的な転職と何が違う?企業の求める条件や年収の目安を徹底解説

転職活動開始前に知っておきたいハイクラス転職のデメリット

転職活動が長期化しやすい

ハイクラス転職が難しいとされる理由として、求人数と採用枠が少ないこと、そしてハイレベルなライバルと競争しなければならないことを紹介しました。

ココに注意

ココに注意

応募できる求人数が少ない上に、自分と同等、あるいはそれ以上の市場価値を持つライバルと少ない椅子を競い合わなければならないハイクラス転職は、一般的な転職活動と比べて長期化しやすいです。

人間関係や企業からの信頼がリセットされる

ハイクラス転職に挑戦できるのは、キャリアを重ねて市場価値を高めた方です。

長年の業務を通じて、勤務先で人間関係や信頼を築いています。

転職をすると、これまでに勤務先で築いた人間関係や信頼がリセットされるため、転職先企業で新たに築いていく作業が必要となることが大半です。

社風や価値観の違いから、転職先に馴染めない恐れもあります。

参考「ハイクラス転職」成功者とそうでない人の差

成果を出さないと解雇されることもある

企業は高い年収に見合った成果を出し、貢献してくれることを期待しています。

成果を出せなければ、年収を下げられたり、降格したりする可能性も否めません。

ココに注意

ココに注意

外資系企業をはじめとする実力主義の企業に転職した場合は、解雇されることもあります。

合わせて読みたい「ハイクラス転職の失敗」関連記事 合わせて読みたい「ハイクラス転職の失敗」関連記事

ハイクラス転職の失敗を防ぐ方法は?失敗する理由から分かる転職成功の秘訣を紹介

ハイクラス求人は一般的な求人と比べて母数が少ないことに加え、スキルや実績を求められるため、転職活動が失敗に終わることも珍しくありません。この記事では、ハイクラス転職に失敗する典型的な理由の紹介とあわせて、ハイクラス転職の失敗を防ぐための方法を紹介します。

ハイクラス転職を成功させるおすすめの方法

転職エージェントで転職サポートを受ける

秘匿性の高いハイクラス求人の多くは、非公開求人となっており、非公開求人の情報を得るには、転職エージェントへの登録をおすすめします。

転職エージェントは、ハイクラス求人を紹介してくれるだけではありません。

転職エージェントの主なサービス

・キャリアカウンセリング
・市場価値の分析
・転職スケジュールの立案
・求人紹介 / 応募
・選考対策(応募書類の添削 / 面接対策)の実施
・面接フィードバック
・企業との連絡代行 / 条件交渉
・セミナーやイベントの開催
・Webツールの提供
・アフターフォロー

転職エージェントに登録すれば、キャリアアドバイザーやコンサルタントといった専門スタッフが転職活動で生じる作業を総合的にサポートしてくれるため、成功が難しいとされるハイクラス転職にも安心して取り組めます。

1人で転職活動を進めるのが難しい方は、転職エージェントへの登録がおすすめです。

合わせて読みたい「ハイクラス転職におすすめ転職エージェント転職サイト」関連記事 合わせて読みたい「ハイクラス転職におすすめ転職エージェント・転職サイト」関連記事

人気のハイクラス転職エージェント・転職サイトおすすめ7選!サービスと口コミ・評判を解説

ハイクラス転職を目指すときに役立つのが、ハイクラス求人やエグゼクティブ求人を豊富に保有している転職サービスです。この記事では、ハイクラス転職を目指すビジネスパーソンに向けて、ハイクラス転職支援実績が豊富な転職エージェントと転職サイトを紹介します。

転職サイトでハイクラス求人を探す

転職サイトにもハイクラス求人は掲載されています。

ココに注意

ココに注意

ハイクラス専門の転職サイトなら、目的に合った求人を見つけるのも簡単ですが、転職サイトは、転職エージェントのようなサポートは受けられません。

しかし、24時間いつでも求人に応募できるメリットもあるため、転職活動のノウハウがある方や隙間時間を有効活用したい方におすすめです。

合わせて読みたい「転職エージェントと転職サイトの違い」関連記事 合わせて読みたい「転職エージェントと転職サイトの違い」関連記事

転職エージェントと転職サイトの違いは?メリット・デメリットを比較しながら徹底解説

転職エージェントと転職サイトは、どちらも転職支援サービスではあるものの、利用できるサービスには大きな違いがあるため、それぞれの違いを把握し、サービスを活用していくことが大切です。この記事では、転職エージェントと転職サイトの違いを、比較を交えながら解説しています。

ヘッドハンターに仲介してもらう

ヘッドハンターに企業を紹介してもらうのも有効です。

さらに詳しく

さらに詳しく

近年では、ヘッドハンターとコンタクトを取れるサービスやヘッドハンティング、または企業からのスカウトを起点に転職活動を進めるタイプの転職サイトが人気を集めています。

ヘッドハンティング型転職サイトは、面接確約のスカウトが受けられることもあり、ハイクラス転職の可能性が飛躍的に高めることができることから、転職エージェントと合わせて登録しておきたいサービスです。

親族や知人に推薦してもらう

縁故採用やリファラル採用(企業に勤める知人・友人の推薦)を利用できる方は、ハイクラス転職実現に向けて積極的に活用することをおすすめします。

実際に働く社員から採用担当者に推薦されるため、選考に有利です。

厚生労働省「転職者実態調査の概況(令和5年3月3日差替え分)」によると、縁故採用は転職者全体の27.7%を占めています。

転職活動の方法 割合
ハローワーク等の公的機関 41.3%
縁故(知人、友人等) 27.7%
求人サイト・求人情報専門誌・新聞・チラシ等 24.2%
民間の職業紹介機関 19.0%
企業のホームページ 13.9%
その他 11.1%
出向・前の会社の斡旋 6.2%
企業訪問 2.1%
不明 1.4%
出典元:厚生労働省

縁故採用やリファラル採用は、転職先を見つけるのに効果的な方法です。

ハイクラス転職で難しいとされる選考を有利に進められます。

参考役員・役員クラスの転職は難しい?ポイントと注意点をプロが解説

ハイクラス転職を成功させるためにしておきたいこと

自己分析と企業調査を入念に行う

自己分析をすることは転職活動の基本であり、強み・弱みを把握することで、入社後に活躍できる企業を選定できます。

企業とのマッチングを判断するためには、企業調査が必須です。

成長分析をしたり、企業口コミサイトを閲覧したりし、企業情報を収集することで、ミスマッチの企業に転職するリスクを防げます。

転職先の人間関係を素早く把握する

難しい選考を乗り越えて内定を獲得できたとしても、転職先で活躍できずに居場所をなくしてしまってはハイクラス転職成功とは言えません。

転職先で活躍をするためには、良好な人間関係の構築が欠かせません。

ココがポイント

ココがポイント

転職をしたら、まずは同僚をはじめとする自分を取り巻く人や人間関係を把握し、良好な関係を築けるように行動することが重要です。

合わせて読みたい「30代におすすめの転職エージェント」関連記事 合わせて読みたい「30代のハイクラス転職」関連記事

ハイクラス転職を目指す30代が知っておくべき会社が求めるレベルと転職活動のポイント

30代で豊富な経験を持つ人材は、ハイクラス転職を成功させる可能性が高くなるということになります。そこで、この記事では、ハイクラス転職を目指す30代に向けて、転職活動のポイントを解説しています。

まとめ

ハイクラス転職の実現は難しいとされています。

求人と採用枠の少ないことと、ハイレベルなライバルと競争しなければならないことが難しいとされる理由です。

「難しい」というワードに不安を感じる方は、転職支援サービスを活用したり、長期化する可能性を踏まえて転職活動に取り組むことをおすすめします。

余裕を持って取り組むことが、ハイクラス転職成功のためには大切です。

転職活動のポイントを押さえ、マッチング率の高い企業に絞ってじっくりと転職活動を進めることで、ハイクラス転職の成功率を高めることができます。

※本記事の内容は、2023年11月現在の情報です。

合わせて読みたい「転職エージェントの年齢別比較」関連記事 合わせて読みたい「転職エージェントの年齢別比較」関連記事

【20代~50代まで】転職エージェント11社を徹底比較!年齢別におすすめをご紹介します!

数ある転職エージェントですが、それぞれ特色があります。この記事では、職種や年齢に合わせて比較表を交えながらおすすめの転職エージェントを11社ご紹介しています。
page top