プロが解説!暮らしの知っトク情報NAVI カンテレ 2024年5月21日更新

カテゴリーおすすめ転職エージェント

ハイクラス転職の失敗を防ぐ方法は?失敗する理由から分かる転職成功の秘訣を紹介

アップロード日2024/03/26

この記事を書いた人「キャリアアドバイザーDAI」

[PR]

ハイクラス転職を目指して転職活動をはじめる人はたくさんいます。

ただ、ハイクラス求人は一般的な求人と比べて母数が少ないことに加え、ハイクラス求人を出している企業は求める人材が明確であり、市場価値の高い人材であっても、転職活動が失敗に終わることも珍しくありません。

本記事では、ハイクラス転職に失敗する典型的な理由の紹介とあわせて、ハイクラス転職の失敗を防ぐための方法を紹介します。

ハイクラス転職におすすめの転職エージェント3選

リクルートダイレクトスカウト|転職決定年収が平均938万円以上!

リクルートダイレクトスカウトは、年収800万円〜2,000万円の非公開求人が多数。年収やキャリアアップをしたいハイクラスやエグゼクティブ層向けのおすすめ転職エージェントです。自分の市場価値を知りたい人も登録するのがおすすめです。

公式サイト:https://directscout.recruit.co.jp/

JACリクルートメント|日系大手、外資、メガベンチャーに強い!

JACリクルートメントは、管理職・技術/専門職転職のエキスパートであるおすすめ転職エージェントです。転職支援実績は約43万人で、年収800万円~1500万円以上の転職を目指す方は登録がおすすめです。

公式サイト:https://www.jac-recruitment.jp/

マイナビAGENT|20代〜30代の転職支援に強い!

マイナビAGENTは、マイナビエージェントは、就職情報サイト「マイナビ」や転職情報サイト「マイナビ転職」などを運営するマイナビグループの人材紹介サービスです。全国の大手上場企業からベンチャー企業、隠れた優良企業など、取引企業数は約10,000社以上のおすすめ転職エージェントです。

公式サイト:https://mynavi-agent.jp/

ハイクラス転職に失敗してしまう7つの理由

ハイクラス転職に失敗する理由

  • ミスマッチの求人に応募してしまう
  • 求人企業の情報収集をしていない
  • 転職後のイメージができていない
  • 市場価値が低くハイクラス転職ができない
  • 希望条件が定まっていない
  • 焦って適当な求人に応募してしまう
  • スカウトに目を通していない

ハイクラス転職に失敗してしまう理由はさまざまありますが、突き詰めれば準備不足が原因であることが大半です。

ここでは、ハイクラス転職に失敗する具体的な理由を解説します。

合わせて読みたい「30代におすすめの転職エージェント」関連記事 合わせて読みたい「30代のハイクラス転職」関連記事

ハイクラス転職を目指す30代が知っておくべき会社が求めるレベルと転職活動のポイント

30代で豊富な経験を持つ人材は、ハイクラス転職を成功させる可能性が高くなるということになります。そこで、この記事では、ハイクラス転職を目指す30代に向けて、転職活動のポイントを解説しています。

ミスマッチの求人に応募してしまう

ハイクラス転職の成功には、マッチング率の高い企業の求人に応募することが重要です。

求人にはさまざまな情報が記載されていますが、労働条件と応募条件を確認しただけで求人に応募すると、ミスマッチの求人に応募するリスクが高まるため、注意が必要です。

ココに注意

ココに注意

求人を詳細に確認せずに応募を繰り返していると、転職活動が長引いたり、転職先が決まっても期待される活躍ができなかったりする恐れがあります。

年収や役職だけでなく、求人票全体にしっかりと目を通して求人を選ぶことが大切です。

参考ハイキャリア転職成功者に学ぶ「転職で成功する人、失敗する人」の違い

求人企業の情報収集をしていない

ハイクラス転職の失敗には、「転職できない」だけでなく、「ミスマッチの企業に転職してしまう」ことも含まれます。

求人企業の情報収集をしないと、マッチング率の高さを判断することはできません。

求人企業の情報収集方法について

求人企業の情報収集方法について

企業の口コミサイトで元社員 / 現役社員からの口コミをチェックしたり、企業のWebサイトで社員や役員のインタビューや業務内容、社会貢献活動のレポートに目を通したりするなど、求人企業の情報を収集します。

興味がある求人や希望条件に合った求人を見つけたら、まずは企業の情報収集をし、コミットできる企業か確認するクセを付けるとよいでしょう。

時間をかけて企業の情報収集をすれば、転職先選びで失敗するリスクを軽減できます。

参考30代でハイクラス転職を成功させるために押さえておくべき転職活動のポイント

転職後のイメージができていない

転職先でどのような仕事がしたいのか、キャリアを通じて培ったスキル・経験を還元できるのかなどを考えて求人を選ばないと、ミスマッチ求人への応募や選考時のアピール不足を招きやすくなり、ハイクラス転職が失敗する可能性が高まります。

「転職後に活躍できるか?」ということを意識しながら求人を選ぶのがおすすめです。

市場価値が低くハイクラス転職ができない

市場価値がハイクラス求人に見合っていないと、当然ながら内定を得ることはできず、ハイクラス転職が失敗してしまいます。

市場価値=適正年収と捉えることができ、スキルや実績、経験、語学力、専門性などから総合的に判断します。

市場価値が判断できないときは、オンライン診断を受けてみるとよいでしょう。

ココがポイント

ココがポイント

ハイクラス転職を成功させるには、一定以上の市場価値が必要であり、現状で即戦力の人材であることをアピールできる材料がなければ、時期をおいてからハイクラス転職に挑戦することをおすすめします。

合わせて読みたい「20代のハイクラス転職」関連記事 合わせて読みたい「20代のハイクラス転職」関連記事

20代でもハイクラス転職は実現できる?おすすめの転職エージェントと活用方法を徹底解説!

20代向けのハイクラス求人よりも30代以上のミドル〜シニア向けの求人が多い傾向にあり、20代でのハイクラス転職は実現するのが難しいといわれています。そこで、この記事では、20代でのハイクラス転職成功率をアップできるおすすめの転職エージェントと活用方法を解説しています。

希望条件が定まっていない

希望条件が転職活動の軸となるため、ハイクラス転職に限らず、転職活動においては「年収をアップさせたい」や「経営ポジションに就きたい」といった明確な希望条件を持つことが大切だとされています。

希望条件は具体的かつ市場価値に見合ったものである必要があります。

具体性や市場価値を無視した希望条件を設定すると、転職で失敗する可能性が高くなりやすいでしょう。

ココがポイント

ココがポイント

希望条件が複数あるときは、優先順位を付け、絶対に譲れない条件と妥協できる条件を客観的に認識しておくことで、求人選びの基準ができると同時に、応募する求人の幅が広がります。

合わせて読みたい「40代のハイクラス転職」関連記事 合わせて読みたい「40代のハイクラス転職」関連記事

40代のハイクラス転職でアピールすべきスキルとは?転職成功のポイントを徹底解説!

40代はさらなるキャリアアップ・年収アップを目指して、ハイクラス転職を検討する方が増加する傾向にあります。そこで、この記事では、40代のハイクラス転職成功に欠かせないポイントや40代のハイクラス転職事情を詳しく解説していきます。

参考40代はハイクラス転職に向いている!失敗する人の共通点と成功のコツとは?

焦って適当な求人に応募してしまう

年収800万円以上のハイクラス求人は、母数が少なく、ライバルが多いです。

ココに注意

ココに注意

転職活動期間の目安は3カ月とされていますが、ハイクラス求人は企業側も採用したい人物像が明確なこともあり、市場価値が高い人材であっても転職活動が長引く傾向があります。

転職活動が長引くと精神的な余裕がなくなり、焦って適当な求人に応募してしまいやすくなります。

「ハイクラス転職はじっくりと取り組むもの」という意識を持てば、焦りを軽減できます。

時間をかけて、マッチング率の高い求人を探すことがハイクラス転職成功のカギとなります。

合わせて読みたい「転職エージェントのメリットデメリット」関連記事 合わせて読みたい「転職エージェントのメリット・デメリット」関連記事

転職エージェントのメリット・デメリットは?賢い活用方法とおすすめする人の特徴も紹介

効率良く転職活動を進めたい方は、転職エージェントの利用がおすすめです。この記事では、転職エージェントの利用を検討している方に向けて、サービスのメリット・デメリットを紹介するとともに、活用方法についても解説しています。

スカウトに目を通していない

ダイレクトリクルーティングを実施している企業が増加傾向にあります。

さらに詳しく

さらに詳しく

ダイレクトリクルーティングとは、求人を出して応募者を待つのではなく、企業の採用担当者が積極的に求職者を個別オファー(スカウト)する採用手法です。

ハイクラス転職サイトを中心に採用している傾向があります。

企業からの個別オファーは、送信前にマッチング率が分析されているのが特徴で、一般的なスカウトと混同していると、ハイクラス転職のチャンスを逃してしまいます。

また、企業からの個別オファーは、自己分析にも最適で、提示された労働条件から、市場価値を客観的に把握することができます。

参考ハイクラス転職はなぜ難しいのか?失敗できないあなたに成功ノウハウを紹介

ハイクラス転職に失敗しないための4つのポイント

ハイクラス転職に失敗しない秘訣

  • スカウトが個別オファーか自動送信かをチェックする
  • 市場価値を分析する
  • ヘッドハンターやキャリアアドバイザーにコンタクトを取る
  • 目的に合った転職支援サービスに登録する

ハイクラス転職に失敗しないためにすることはシンプルです。

「チャンスを逃さないように準備をすること」と、「転職支援サービスを活用すること」の2つを徹底することで、ハイクラス転職の成功率の向上に期待が持てます。

合わせて読みたい「ハイクラス転職の失敗」関連記事 合わせて読みたい「ハイクラス転職は難しい?」関連記事

ハイクラス転職が難しいとされる理由とは?企業が求める条件や転職成功のポイントを解説

ハイクラス転職のハードルは高いため、入念な準備をしなければハイクラス転職を実現するのは難しいでしょう。この記事では、ハイクラス転職の定義や転職活動のポイントについて詳しく解説しています。

スカウトが個別オファーか自動送信かをチェックする

スカウトには、企業の採用担当者やヘッドハンターから送られるもの、個別オファーやテンプレート自動送信など、いくつかの種類があります。

スカウトに目を通し、重要度の高いものをピックアップすることが重要です。

さらに詳しく

さらに詳しく

とくに企業からの個別オファーには、面接確約などが約束されているものも含まれるため、重要度が高いと判断でき、スカウトの受信数が多いときは、メールの件名で判断するのが有効な方法です。

市場価値を分析する

自分の市場価値を正しく判断できれば、求人選びでの失敗を軽減できますが、転職市場は常に変化しており、企業によっても評価ポイントが異なるため、転職経験のある方でも正確な市場価値を割り出すのは困難です。

ココがポイント

ココがポイント

市場価値を調べるときは、オンライン診断を利用したり、キャリアアドバイザーに判断してもらったりするとよいでしょう。

短時間で現状の市場価値を把握することができます。

参考「転職失敗」を回避する転職エージェントの活用法 – ハイクラス転職ならリクルートダイレクトスカウト

ヘッドハンターやキャリアアドバイザーにコンタクトを取る

ヘッドハンターやキャリアアドバイザーは、非公開求人を保有していたり、企業の内情を把握していたりと、求職者にとって有益な情報を持っています。

より良い求人を見つけるのなら、こまめに連絡を取るのがおすすめです。

合わせて読みたい「転職エージェントの複数登録」関連記事 合わせて読みたい「転職エージェントの複数登録」関連記事

転職エージェントは複数に登録するべき?複数登録する理由と併用の注意点を徹底解説!

転職エージェントは、複数に登録するのが基本になりつつあります。この記事では複数の転職エージェントに登録するべき理由と合わせて、転職エージェントを併用するメリット・デメリットを詳しく解説しています。

目的に合った転職支援サービスに登録する

転職サイトや転職エージェントといった転職支援サービスは、転職活動には欠かせません。

スカウトを通じて企業の採用担当者やヘッドハンターと接点ができたり、キャリアアドバイザーから転職サポートを受けられたりします。

ココがポイント

ココがポイント

転職支援サービスは、サービスの強みや保有求人、得意分野が違うため、目的に合った転職支援サービスに登録することが大切です。

参考「ハイクラス転職」成功者とそうでない人の差

ハイクラス転職におすすめの転職サイト・転職エージェント

おすすめの転職サイト・転職エージェント

  • doda X
  • ビズリーチ
  • JACリクルートメント

ハイクラス転職の失敗を未然に防ぎ、成功の可能性を向上するのなら、ハイクラス転職支援実績が豊富な転職サイトや転職エージェントを活用するのがおすすめです。

合わせて読みたい「ハイクラス転職におすすめ転職エージェント転職サイト」関連記事 合わせて読みたい「ハイクラス転職におすすめ転職エージェント・転職サイト」関連記事

人気のハイクラス転職エージェント・転職サイトおすすめ7選!サービスと口コミ・評判を解説

ハイクラス転職を目指すときに役立つのが、ハイクラス求人やエグゼクティブ求人を豊富に保有している転職サービスです。この記事では、ハイクラス転職を目指すビジネスパーソンに向けて、ハイクラス転職支援実績が豊富な転職エージェントと転職サイトを紹介します。

「doda X」

出典:doda X

サービス 転職サイト
求人エリア 全国・海外
公開求人数 38,524件
登録ヘッドハンター数 約4,000人(※2022年11月時点)
利用料金(税込) 無料

doda Xは、希少なポジションや専門職に強いハイクラス転職サイトで、ヘッドハンターやdodaスタッフから必要最低限の転職サポートを受けられます。

転職サイトと転職エージェントの中間のようなサービスを提供しているのが特徴で、最低限のサポートで転職活動の効率化を図りたい方から高評価を得ています。

掲載している求人の年収レンジは、600万円以上〜であり、マネジメント経験や専門性を求める求人を多く掲載しています。

合わせて読みたい「dodaXの評判口コミ」関連記事 合わせて読みたい「doda Xの評判・口コミ」

doda Xの評判は悪い?口コミで分かったサービスのメリット・デメリットを徹底解説

doda X(旧:iX転職)は、ハイクラス求人に特化している転職サイトで、主に市場価値の高いミドル世代・シニア世代向けの求人を保有しています。この記事では、利用者からの口コミ評判を紹介すると共に、doda Xが提供するサービスのメリット・デメリットについて詳しく解説しています。

「ビズリーチ」

出典元 : ビズリーチ

サービス 転職サイト
求人エリア 全国・海外
公開求人数 99,569件
登録ヘッドハンター数 6,200人(2023年1月現在)
利用料金(税込) 【スタンダードステージ】
・無料
【プレミアムステージ】
・Web決済 : 5,478円 / 30日
・App Store決済:5,500円 / 30日

ビズリーチの保有求人のうち、3分の1以上が年収1,000万円を超えるハイクラス求人です。

面談・面接が確約されたプラチナスカウトによって、多くの求職者がハイクラス転職を成功させています。

企業が求めるレベルと求職者の市場価値のミスマッチを防ぐため、入会審査を実施している他、有料プラン(=プレミアムステージ)を提供しているのが特徴です。

有料プランに登録すると、ヘッドハンターに直接相談できるようになります。

他の転職支援サービスと併用する方や、プラチナスカウトに絞ってサービスを利用したい方は、無料プラン(=スタンダードステージ)での利用がおすすめです。

合わせて読みたい「ビズリーチの評判口コミ」関連記事 合わせて読みたい「ビズリーチの評判・口コミ」

ビズリーチの評判は悪い?口コミからわかる登録するメリット・デメリットを解説!

ビズリーチは、ハイクラスに特化している転職サイトで、年収1,000万円以上の求人を多数保有しています。この記事では、利用者の口コミ・評判をもとに、ビズリーチが提供するサービスのメリット・デメリットについて解説しています。
合わせて読みたい「リクルートダイレクトスカウトとビズリーチの比較」 合わせて読みたい「リクルートダイレクトスカウトとビズリーチの比較」

リクルートダイレクトスカウトとリクルートエージェントの違いを解説!併用するメリットは?

ハイクラス転職をサポートするスカウト型転職サイトとして人気なのが、「リクルートダイレクトスカウト」と「ビズリーチ」の2つです。この記事では、リクルートダイレクトスカウトとビズリーチの違いを、比較を交えながら解説しています。

「JACリクルートメント」

出典元 : JACリクルートメント

サービス 転職エージェント
拠点 東京・宮城・埼玉・神奈川・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫・広島・福岡
求人エリア 全国・海外
公開求人数 11,951件
非公開求人数 非公開
利用料金 無料

JACリクルートメントは、オリコン顧客満足度®調査「ハイクラス・ミドルクラス転職」では、5年連続(2019年〜2023年)で1位を獲得している転職エージェントです。

外資系企業や日系グローバル企業の求人を豊富に保有しており、海外にも拠点を持ち、海外転職を専門的にサポートできるのが強みです。

実力主義の方やグローバルな仕事に興味がある方に適しています。

求人の年収レンジは500万円〜2,000万円で、ハイクラス層のさらなるキャリアアップにも対応しています。

合わせて読みたい「JACリクルートメントの評判口コミ」関連記事 合わせて読みたい「JACリクルートメントの評判・口コミ」

JACリクルートメントの評判は良い?悪い?口コミからわかるメリット・デメリットを徹底解説

JACリクルートメントは、ミドル世代のハイクラス転職のサポートに強いことで知られる転職エージェントです。この記事では、利用者からの口コミ・評判を紹介するとともに、JACリクルートメントが提供しているサービスの特徴とメリット・デメリットを解説しています。

まとめ

ハイクラス転職に失敗しないためには、入念な準備をすることが大切です。

ハイクラス求人に強い転職支援サービスに登録することで、転職活動の効率化が図れ、ハイクラス転職の成功率が向上します。

転職支援サービスは、目的に合っていることを確認してから登録するとよいでしょう。

合わせて読みたい「エンジニアにおすすめの転職エージェント」関連記事 合わせて読みたい「エンジニアにおすすめの転職エージェント」関連記事

IT・Webエンジニアにおすすめの転職エージェント11選!未経験向けも紹介

エンジニアとしての経験とスキルがある方であれば、キャリアアップに最適な求人やハイクラス案件が見つかる可能性があります。この記事では、エンジニアの求人が充実しているおすすめの転職エージェントを厳選して11社ご紹介します。
合わせて読みたい「転職エージェントの年齢別比較」関連記事 合わせて読みたい「転職エージェントの年齢別比較」関連記事

【20代~50代まで】転職エージェント11社を徹底比較!年齢別におすすめをご紹介します!

数ある転職エージェントですが、それぞれ特色があります。この記事では、職種や年齢に合わせて比較表を交えながらおすすめの転職エージェントを11社ご紹介しています。
page top