プロが解説!暮らしの知っトク情報NAVI カンテレ 2024年5月21日更新

カテゴリーおすすめ転職エージェント

ハイクラス転職エージェント・転職サイトおすすめ人気7選!サービスと口コミ・評判を解説

アップロード日2024/03/26

この記事を書いた人「キャリアアドバイザーDAI」

[PR]

ハイクラス転職を目指すときに役立つのが、ハイクラス求人やエグゼクティブ求人を豊富に保有している転職サービスです。

年収800万円以上の求人や重要なポジションの求人を簡単に見つけられます。

本記事では、ハイクラス転職を目指すビジネスパーソンに向けて、ハイクラス転職支援実績が豊富な転職エージェントと転職サイトを紹介します。

おすすめのハイクラス転職エージェント・転職サイト

転職サービスは1社に絞らず、複数に登録して実際に利用するのがおすすめです。複数の転職サービスを利用することで、保有求人やサポートの質を比較できるだけでなく、より多くの情報を得ることができます。
本記事でおすすめの転職サービスは、下記の3社です。転職活動をはじめたら、まずは5社程度の転職サービスに登録し、最終的に相性の良い転職サービスに絞って利用するとよいでしょう。

ハイクラス転職におすすめの転職エージェント3選

リクルートダイレクトスカウト|転職決定年収が平均938万円以上!

リクルートダイレクトスカウトは、年収800万円〜2,000万円の非公開求人が多数。年収やキャリアアップをしたいハイクラスやエグゼクティブ層向けのおすすめ転職エージェントです。自分の市場価値を知りたい人も登録するのがおすすめです。

公式サイト:https://directscout.recruit.co.jp/

JACリクルートメント|日系大手、外資、メガベンチャーに強い!

JACリクルートメントは、管理職・技術/専門職転職のエキスパートであるおすすめ転職エージェントです。転職支援実績は約43万人で、年収800万円~1500万円以上の転職を目指す方は登録がおすすめです。

公式サイト:https://www.jac-recruitment.jp/

マイナビAGENT|20代〜30代の転職支援に強い!

マイナビAGENTは、マイナビエージェントは、就職情報サイト「マイナビ」や転職情報サイト「マイナビ転職」などを運営するマイナビグループの人材紹介サービスです。全国の大手上場企業からベンチャー企業、隠れた優良企業など、取引企業数は約10,000社以上のおすすめ転職エージェントです。

公式サイト:https://mynavi-agent.jp/

ハイクラス転職に向けて登録すべき転職エージェント・転職サイト4選

ハイクラス転職に向けて転職活動をはじめる際に、最初に登録しておくことをおすすめするのが、下記の転職エージェント・転職サイトです。

【人気のハイクラス転職エージェント・転職サイトを比較】

転職サービス サービス 対象
年齢
特徴 公開
求人数
非公開
求人数
ビズリーチ 転職
サイト
全年代 ・ハイクラス求人専門の転職サイト
・有料プラン加入で
転職のチャンスが広がる
・プラチナスカウトで
内定獲得に期待できる
96,634件 非公開
リクルート
ダイレクトスカウト
転職
サイト
全年代 ・登録したらスカウトを待つだけ
・年収800万円〜2,000万円
の求人が豊富
・顧問求人スカウトを受け取れる
552,353件 非公開
パソナキャリア 転職
エージェント
全年代 ・独占求人を1,700件以上保有
・女性の転職サポート
専門チームがある
・転職成功者の年収アップ率61.7%
34,003件 非公開
doda X 転職
サイト
全年代 ・掲載求人への応募で
転職サポートが受けられる
・希少な専門職の求人が豊富
・複数の企業担当者と接点が持てる
37,055件 非公開

上記4社は人気・知名度が高く、市場価値の高いビジネスパーソンから評価されている転職エージェント・転職サイトです。

ここでは、各社のサービスの特徴と合わせて、口コミ・評判を紹介します。

参考【エグゼクティブ・ハイクラス向け】転職エージェントランキング8社を厳選!

おすすめ①ビズリーチ|即戦力人材向けのハイクラス求人が豊富

出典元:ビズリーチ

【ビズリーチの基本情報】

運営会社 株式会社ビズリーチ
サービス 転職サイト
対応エリア 全国 / 海外
公開求人数 96,621件
非公開求人数 非公開
登録ヘッドハンター数 6,200人(2023年1月現在)
利用料金(税込) 【スタンダードステージ】
・無料
【プレミアムステージ】
・Web決済 : 5,478円 / 30日
・App Store決済:5,500円 / 30日

ビズリーチは、ハイクラス求人を専門的に保有している人気の転職サイトで、保有求人の3分の1以上が年収1,000万円を超える求人となっています。

採用活動にビズリーチを利用している企業が求めるのは、即戦力人材であり、企業と求職者のミスマッチを防ぐため、ビズリーチでは入会審査を実施しています。

一定の市場価値がなければ、入会審査をパスすることはできません。

サービスの特徴とおすすめポイント

特徴

・有料プランへの加入でスカウト数がアップ
・ヘッドハンターに相談ができる
・面接 / 面談確定のプラチナスカウトを受け取れる

ビズリーチは、有料プラン(=プレミアムステージ)のある転職サイトで、無料プラン(=スタンダードステージ)とは、利用できるサービスが異なります。

ステージ 「スタンダード」 「プレミアム」
・利用料金(税込) / 30日 無料 ・Web決済 : 5,478円
・App Store決済 : 5,500円
・通常スカウトの閲覧
・プラチナスカウトの閲覧
・スカウトへの返信 △(プラチナスカウトのみ)
・求人検索 検索・閲覧のみ
※企業名は非表示
・公開求人の応募 △(特集・公募求人のみ)
※非公開求人、企業が掲載している求人への応募は不可
・ヘッドハンターへの相談
※ヘッドハンター情報の閲覧は可能

ヘッドハンターに相談したい方や、通常スカウトでハイクラス求人情報をより多く得たい方は、プレミアムステージへの加入が必要です。

ココがポイント

ココがポイント

一方、通常スカウトが不要な方や、転職エージェントと併用する形でビズリーチを利用する方は、スタンダードプランでも、十分にサービスを活用できます。

面接や面談が確約されたプラチナスカウトは、どのプランでも利用可能です。

利用者からの口コミ・評判

【良い口コミ・評判】 ・スカウト内容で市場価値が分かる
・ハイクラス求人に特化している
・ヘッドハンターの質が可視化されている
【悪い口コミ・評判】 ・市場価値によっては入会審査で落とされる
・求人の選定に時間がかかる
・1人で転職活動を進められる人向き

ビズリーチのスカウトメールを利用すれば、ポジション、年収、待遇などから、今の自分がどの位置にいるのかが分かります。
引用元:すべらない転職

実績のあるリクルーター(転職活動の支援者)は、利用者のアンケートデータや実績をもとに5段階評価で可視化できるので、転職サポートを依頼する際に分かりやすくて安心感がありました。
引用元:イーデス

ビズリーチの審査に落とされて最悪な気分。他の転職サイトは誰でも登録・利用できるのにビズリーチだけ審査があるのが気に食わない。
引用元:タレントスクエア

ビズリーチはヘッドハンターからの連絡が大量に来るため、選定するのが大変です。ただ、求人自体はハイクラス専用の転職サイトのため、高いと感じました。
引用元:転職アンテナ

合わせて読みたい「ビズリーチの評判口コミ」関連記事 合わせて読みたい「ビズリーチの評判・口コミ」

ビズリーチの評判は悪い?口コミからわかる登録するメリット・デメリットを解説!

ビズリーチは、ハイクラスに特化している転職サイトで、年収1,000万円以上の求人を多数保有しています。この記事では、利用者の口コミ・評判をもとに、ビズリーチが提供するサービスのメリット・デメリットについて解説しています。

おすすめ②リクルートダイレクトスカウト|転職決定年収が平均938万円以上

出典元:リクルートダイレクトスカウト

【リクルートダイレクトスカウトの基本情報】

運営会社 株式会社リクルート
サービス 転職サイト
対応エリア 全国 / 海外
公開求人数 552,515件
非公開求人数 非公開
登録ヘッドハンター数 4,300人(2022年5月現在)

年収800万円〜2,000万円の求人を中心に、幅広い年収レンジの求人を保有するリクルートダイレクトスカウトは、「登録後はスカウトを待つだけ」というキャッチフレーズで人気を博し、2023年のオリコン顧客満足度®調査「転職スカウトサービス」部門では、1位を獲得しています。

20代の若手からシニアまで、年齢を問わず豊富に求人が揃っているのが特徴です。

サービスの特徴とおすすめポイント

特徴

・転職決定年収は平均938万円以上(※2022年4月時点
・年収800万円以上のハイクラス求人を13万件以上保有
・シニア向けの「顧問求人スカウト」を利用できる

リクルートダイレクトスカウトにおける転職決定年収は、平均938万円以上であり、業界トップクラスのハイクラス求人数を武器に、さまざまなキャリアを持つ求職者を転職に導いています。

スカウト主体の転職サイトのため、思いもよらないキャリアが開ける可能性も高いです。

また、リタイア後の働き方としても注目を集める、企業顧問としての働き方を「顧問求人スカウト」を通じて提案しているのも、リクルートダイレクトスカウトの特徴としてあげられます。

合わせて読みたい「リクルートダイレクトスカウトとビズリーチの比較」 合わせて読みたい「リクルートダイレクトスカウトとビズリーチの比較」

リクルートダイレクトスカウトとリクルートエージェントの違いを解説!併用するメリットは?

ハイクラス転職をサポートするスカウト型転職サイトとして人気なのが、「リクルートダイレクトスカウト」と「ビズリーチ」の2つです。この記事では、リクルートダイレクトスカウトとビズリーチの違いを、比較を交えながら解説しています。

利用者からの口コミ・評判

【良い口コミ・評判】 ・キャリアアップが見込める求人が多い
・ヘッドハンターを指名できる
・圧倒的な求人数で転職の可能性が広がる
【悪い口コミ・評判】 ・質の悪い求人もある
・サポートには期待できない
・市場価値と希望条件によってはスカウトされない

リクルートダイレクトスカウトはハイクラス向けというだけあって、高年収帯の求人が多く来ました。求めるレベルもそれなりに高く、単なる転職ではなくスキル、キャリアアップが見込める求人が多かった。
引用元:転職hub

ヘッドハンターを指名できる制度があるので、相性の良いヘッドハンターをこちらから探すことができるというのも魅力だと思います。
引用元:すべらない転職

ヘッドハンターが間に入り企業との交渉はしてもらえますが、特に有利になることはなく、応募から決定までに1か月強はかかりました。募集枠が少ないため、他にも応募者がたくさんいたようでした。
引用元:キャリアクローゼット

リクルーターやその方々が所属するオーガニゼーションの体質もいろいろあるのでしょうが、中にはごく稀に粗悪と言わざるを得ないサービス内容で事業展開されている会社さんもあるんだなと思いました。 100パーセントそういった会社を排除するのは難しいとは思うものの、できる限りのフィルタリングは運営側に是非お願いしたいです。
引用元:イーデス

合わせて読みたい「リクルートダイレクトスカウトの口コミ評判」関連記事 合わせて読みたい「リクルートダイレクトスカウトの口コミ・評判」関連記事

リクルートダイレクトスカウトの評判を検証!口コミで分かるメリット・デメリットを解説

リクルートダイレクトスカウトは、ハイクラス求人に特化したスカウト型転職サイトで、年収800万円以上のハイクラス求人が豊富に掲載されています。この記事では、利用者からの口コミ・評判を紹介するとともに、リクルートダイレクトスカウトのサービスの特徴やメリット・デメリットを詳しく解説しています。

おすすめ③パソナキャリア|転職者の61.7%が年収アップを実現

出典元:パソナキャリア

【パソナキャリアの基本情報】

運営会社 株式会社パソナ
サービス 転職エージェント
拠点 北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・新潟・長野・山梨・静岡・愛知・三重・岐阜・富山・石川・福井・滋賀・京都・大阪・奈良・兵庫・和歌山・鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮城・鹿児島・沖縄
求人エリア 全国 / 海外
公開求人数 34,011件
非公開求人数 非公開

パソナキャリアは、年収アップを目指す方におすすめしたい転職エージェントです。

ココがおすすめ

ココがおすすめ

転職決定者の年収アップ率は61.7%をマーク(※)しており、保有求人の質の高さと人事目線での転職サポートは、利用者からも評判です。(※パソナキャリア公式サイトより)

オリコン顧客満足度®調査「転職エージェント」部門4年連続(※2019年〜2022年)総合1位を獲得するなどの受賞実績があります。

質の高い求人と手厚いサポートで年収アップを目指したい方は、パソナキャリアがおすすめです。

サービスの特徴とおすすめポイント

特徴

・保有求人全体の61.0%がハイクラス求人
・管理職求人が充実している
・女性の転職サポート専門チームがある

パソナキャリアの保有求人は、半数以上をハイクラス求人が占めています。(※パソナキャリア公式サイトより)

管理職求人が全体の25.0%を占めていることから、マネジメント経験のある方やハイクラス層の方のさらなる年収アップに最適です。

パソナキャリアは女性にもおすすめ

パソナキャリアは女性にもおすすめ

女性の転職サポート専門チームも在籍しており、再就職からハイクラス転職まで、女性目線に立ったサポートが受けられます。

利用者からの口コミ・評判

【良い口コミ・評判】 ・非公開求人の質が高い
・独占求人が多い
・担当者のサポート力が高い
【悪い口コミ・評判】 ・保有求人は大手他社よりも少ない
・希望と合わない求人を紹介された
・相性が合わないキャリアアドバイザーがいる

よかった点は、キャリアカウンセラーによる非公開求人の質です。 他の転職エージェントも利用しましたが、最も質が良かったです。 具体的には、大手が多いところ、年収や福利厚生面ですぐれている会社が多いところが特によかったです。
引用元:Career Theory

とにかく担当の方のサポートが手厚いです。メールや電話の返事は、他の人材紹介会社と比較して、圧倒的に早かったです。そのため、安心して転職活動をすることができました。一人一人ときちんと向き合っている印象があります。
引用元:イーデス

パソナキャリアの求人の量がもう少し多かったらうれしいと思いました。他のサイトも登録していましたが、他のサイトと比べて紹介してもらえる企業は少なめだなと感じました。
引用元:転職hub

パソナキャリアの求人情報の多さや、専門のキャリアアドバイザーがいることはとても魅力でした。ただ、自分のスキルや志向に合わない求人を紹介されることが多少ありました。
引用元:CAREER UP STAGE

合わせて読みたい「パソナキャリアの評判口コミ」関連記事 合わせて読みたい「パソナキャリアの評判・口コミ」

パソナキャリアの評判や口コミから分かったメリットと注意点を解説

パソナキャリアは、手厚いサポートと求人の質が評判の転職エージェントです。この記事では、パソナキャリアの利用を検討している方に向けて、ネット上の口コミや評判から分かった、登録前に知っておきたいサービスのメリット・デメリットを解説しています。

おすすめ④doda X|転職サポートも受けられるハイクラス転職サイト

出典元:doda X

【doda Xの基本情報】

運営会社 パーソルキャリア株式会社
サービス 転職サイト
対応エリア 全国 / 海外
公開求人数 37,483件
非公開求人数 非公開
登録ヘッドハンター数 約4,000人(2022年11月時点)

doda Xは、ハイクラス求人専門の転職サイトで、大手企業や優良企業のハイクラス求人を厳選して保有しています。

さらに詳しく

さらに詳しく

重要ポジションや専門職、クリエイティブ職といった希少な求人が多いのも魅力です。

サービスの特徴とおすすめポイント

特徴

・一定の転職サポートを受けられる
・量より質の厳選されたハイクラス求人が見つかる
・保有求人はすべて年収600万円以上の優良求人

転職サイトは、転職エージェントのようなサポートを受けられないのがデメリットです。

しかし、doda Xはスカウトを主体とした転職サイトながら、求人に応募した際には、doda Xのスタッフやヘッドハンターから、転職エージェントに近いサポートを受けられるという新しいシステムを導入しています。

ステージ 「doda X」 転職エージェント
・面談
・求人紹介 △(スカウト)
・求人紹介 △(スカウト)
・求人への応募代行
・求人への応募代行
・選考対策 △(担当者による)
・面接日程調整
・選考結果のお知らせ
・入社日調整

doda Xは、「1人で転職活動を進められるけれど、企業との交渉や調整はお願いしたい」という方に最適なサービスを提供しています。

ココがポイント

ココがポイント

また、保有求人のほとんどは年収600万円以上の求人で、ハイクラス求人は公開求人の9割を占めます。

ハイクラス求人以外の余計な情報は不要な方にも、doda Xはおすすめです。

利用者からの口コミ・評判

【良い口コミ・評判】 ・他の転職サービスよりも書類通過率が高い
・独占求人を紹介してくれる
・ハイクラス求人に直接応募できる
【悪い口コミ・評判】 ・市場価値が低いとスカウトをもらえない
・担当者によって良し悪しがあるv・競合サービスと比べて求人数が少ない

他の転職サイトよりも書類の通過率が高いと思います。理由としては、紹介される求人と希望内容の乖離がないからだと思います。他のサイトでは、中々希望内容を理解してもらえず、書類選考で落ちてしまうこともしばしばありました。
引用元:転職アンテナ

他の求人でも掲載されているような大手企業の求人から当該転職サイトでしか載っていないような個別の案件についても紹介されたので、その点はよかったと思う。
引用元:イーデス

登録したけどスカウトが来なかった。私の経験不足を痛感したけど、これはこれでいい勉強になったと思う。私はまだまだだと痛感したので、今の職場で経験を積むことにする。
引用元:転職サイト比較Plus

大手のような求人数はありませんが、今以上のキャリアを目指しているならぴったりのサイトだと思います。
引用元:転職アンテナ

合わせて読みたい「dodaXの評判口コミ」関連記事 合わせて読みたい「doda Xの評判・口コミ」

doda Xの評判は悪い?口コミで分かったサービスのメリット・デメリットを徹底解説

doda X(旧:iX転職)は、ハイクラス求人に特化している転職サイトで、主に市場価値の高いミドル世代・シニア世代向けの求人を保有しています。この記事では、利用者からの口コミ評判を紹介すると共に、doda Xが提供するサービスのメリット・デメリットについて詳しく解説しています。

転職の可能性を広げるためにおすすめの大手総合型ハイクラス転職エージェント3選

総合型転職エージェントは、幅広いニーズに対応しているのが特徴です。

ハイクラス転職サポートはもちろん、キャリアを活かして未経験業界への転職を検討している方にも柔軟に対応してくれます。

ここでは、豊富な求人数と転職支援実績がある大手総合型転職エージェントを3社紹介します。

【人気のハイクラス転職エージェント・転職サイトを比較】

転職サービス サービス 対象
年齢
特徴 公開
求人数
非公
開求人数
リクルート
エージェント
転職
エージェント
全年代 ・国内最大の転職エージェント
・約78万件の求人を保有
・領域ごとに担当の
キャリアアドバイザーが在籍
452,728件 331,264件
doda
エージェント
転職
エージェント
全年代 ・doda Xとの連携が取れる
・効率化を狙える
多彩なWebツールを提供
・転職サイト機能も利用可
214,263件 34,231件
マイナビ
エージェント
転職
エージェント
全年代 ・2023年オリコン顧客満足度®調査
「転職エージェント」総合1位
・業界 / 職種特化型の
専門サイトを利用可
・業界専任の
キャリアアドバイザーがサポート
66,421件 18,391件

上記3社は、大手企業からスタートアップ企業まで、多くの企業が採用業務に利用しています。

登録することで、転職の可能性を最大限に広げることが可能で、将来的にハイクラス転職を目指したいという方のステップアップにもおすすめします。

おすすめ①リクルートエージェント|業界最大級の転職エージェント

出典元:リクルートエージェント

【リクルートエージェントの基本情報】

運営会社 株式会社リクルート
サービス 転職エージェント
拠点 東京・北海道・宮城・栃木・埼玉・千葉・神奈川・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫・岡山・福岡
求人エリア 全国・海外
公開求人数 452,728件
非公開求人数 331,264件
サポート期間 3ヵ月(※詳細

リクルートエージェントは、業界最多とも称される圧倒的な求人数を強みに、年齢・性別・キャリア・エリア・業界を問わずに転職をサポートしています。

リクルートエージェントはハイクラス転職にもおすすめ

リクルートエージェントはハイクラス転職にもおすすめ

保有求人の年収レンジも幅広く、転職支援実績No.1(※2022年6月時点)の実績を誇るサポート力は、求職者から高評価を得ています。

サービスの特徴とおすすめポイント

特徴

・30万件以上の非公開求人を保有している
・全国16ヵ所に拠点がある
・領域ごとの担当制を採用している

非公開求人とは、一般公開されていない求人のことを指します。

大手転職エージェントであっても、非公開求人数は数万件程とされる中、リクルートエージェントは30万件以上の非公開求人を保有しているのが特徴です。

非公開求人を多数紹介してもらえるため、転職活動を有利に進められます。

また、拠点は全国に配置されており、地方在住者でも利用しやすいと評判です。

キャリアアドバイザーは領域ごとの担当制で、希望業界に関する専門知識を持つキャリアアドバイザーが手厚くサポートしてくれます。

利用者からの口コミ・評判

【良い口コミ・評判】 ・たくさんの求人で転職の可能性が広がる
・自宅からセミナーに参加できる
・サポートが手厚い
【悪い口コミ・評判】 ・担当者と連絡が取りづらい
・サポート期間が3ヵ月と決まっている
・求人のマッチング精度にバラツキがある

大手なだけあり、求人数が多かったのがよかった点だと思います。細かく希望条件を伝えましたが、希望にマッチする求人をちゃんと紹介してくれました。また、求人内容について疑問があった点もすぐに企業に確認して、疑問点にも答えてくれました。
引用元:イーデス

リクルートエージェントには色々な転職セミナーがあって役立ちます。会員登録していれば無料で参加できます。 初めての転職で役に立つ自己分析セミナー、職務経歴書の書き方セミナーなど、本当に色々とあります。しかもオンラインLIVE配信なので、自宅からでも参加できるのが良いです。
引用元:すべらない転職

リクルートは休日が多い企業の為か、担当者が休みの日には連絡が取れません。所謂、サブ的な方からの連絡となります。
引用元:みん評

求人情報の充実度やマッチング精度にはばらつきがあったため、納得のいく求人が見つからなかったときには少し不満も感じました。しかし、最終的には希望する転職先を見つけることができたので、総合的には満足しています。
引用元:CAREER UP STAGE

合わせて読みたい「リクルートエージェントの評判口コミ」関連記事 合わせて読みたい「リクルートエージェントの評判・口コミ」

リクルートエージェントの口コミ・評判を調査!転職者が感じたメリット・デメリットとは

リクルートエージェントは、他社を圧倒する求人数が強みの転職エージェントであり、あらゆる業種・職種・キャリアの転職サポートに対応しています。この記事では、リクルートエージェントの口コミ・評判をもとに、サービスの特徴やメリット・デメリットを詳しく解説しています。
合わせて読みたい「リクルートダイレクトスカウトとリクルートエージェントの違い」 合わせて読みたい「リクルートダイレクトスカウトとリクルートエージェントの違い」

リクルートダイレクトスカウトとリクルートエージェントの違いを解説!併用するメリットは?

リクルートダイレクトスカウトとリクルートエージェントは、転職サービスである点は共通しているものの、提供しているサービスは全く違います。この記事では、リクルートダイレクトスカウトとリクルートエージェントの違いと、両サービスの併用について詳しく解説しています。

おすすめ②dodaエージェント|転職活動を効率化できる環境が整う

出典元:dodaエージェント

【dodaエージェントの基本情報】

運営会社 パーソルキャリア株式会社
サービス 転職エージェント
拠点 北海道・宮城・東京・神奈川・静岡・愛知・大阪・京都・兵庫・岡山・広島・福岡・鹿児島
求人エリア 全国・海外
公開求人数 214,263件
非公開求人数 34,231件

dodaエージェントは、転職フェアやオンラインセミナーの定期開催、多彩なWebツールの提供など、手厚いサポート力で転職活動を進められる転職エージェントです。

転職活動の効率化を図れることに長けており、20代・30代から支持されています。

ココがおすすめ

ココがおすすめ

2023年のオリコン顧客満足®調査では、「転職エージェント 20代 満足度ランキング」で1位を獲得しました。

サービスの特徴とおすすめポイント

特徴

・年収500万円以上の求人が公開求人の約8割を占める
・Webツールや診断テストが転職活動に役立つ
・転職サイトの機能も利用できる

dodaエージェントは、キャリアアップに最適な求人が豊富です。

年収500万円以上の求人が公開求人の約8割、ハイクラス求人が約5割を占めており、求人の質の高さは、口コミでも評判です。

サービスの特徴となるのが、Webツールやオンライン診断テストで、応募書類を手早く作成したり、自身の適正年収を調べたりすることができます。

出典元 : doda

また、一般的な転職エージェントとは異なり、転職サイト機能を利用できるdodaエージェントでは、担当者から紹介された求人に加え、自分で探した求人に応募することも可能です。

利用者からの口コミ・評判

【良い口コミ・評判】 ・厳選された求人がたくさん見つかる
・LINEで担当者と連絡を取れる
・Webツールのおかげで転職活動が捗った
【悪い口コミ・評判】 ・担当者のサポート力にバラツキがある
・連絡が多くて煩わしい
・転職を急かされた

求人の質は非常に高かったと思います。 知名度の高い大手企業や福利厚生が充実している企業など、安心して長く働いていける条件が提示されている求人が多かった印象です。
出典元:イーデス

登録してまず担当エージェントと連絡を取り、書類作成や面接対策を行いました。正直、転職活動をどう進めたら良いのか、右も左も分からないド素人状態だったのですが、自己分析ツールなどの集荷サービスも充実していたので非常に助かりました。
出典元 : すべらない転職

専門的な知識が無いエージェントが本当に役立ってくれるのか疑問だった。これならプレゼン資料を自分で作って企業に売り込んだ方が良いのではと不安だった。求人だけ紹介されるのだけありがたかったが、特にエージェントとしてサポートを受けた感じは無かった。
出典元 : Career Theory

1年後くらいに転職したいなと思って登録したのに、「この求人を逃したらもったいない」と言われて目先の転職を急がされました。
引用元:タレントスクエア

合わせて読みたい「dodaの評判口コミ」関連記事 合わせて読みたい「dodaの評判・口コミ」

dodaの評判は良い?悪い?口コミから分かったサービスの特徴を徹底解説

dodaは、多彩なWebツールの提供や国内最大級の転職フェアといった独自のサービスを展開している転職エージェントとして知られています。この記事では、doda利用者からの口コミ・評判を紹介するとともに、サービスの特徴を徹底的に解説しています。

おすすめ③マイナビエージェント|親身になった手厚い転職サポートを無期限で提供

出典元:マイナビエージェント

【マイナビエージェントの基本情報】

運営会社 株式会社マイナビ
サービス 転職エージェント
拠点 東京・神奈川・北海道・宮城・愛知・京都・大阪・兵庫・福岡
求人エリア 全国・海外
公開求人数 66,421件
非公開求人数 18,391件
サポート期間 18,391件

無期限サポート(※詳細

マイナビエージェントは、20代から30代前半の若手から支持されている転職エージェントです。

転職サービスを幅広く展開している株式会社マイナビが運営していることもあり、企業とのパイプが太く、独占求人が豊富に揃っています。

親身になった手厚いサポートが評判で、2023年オリコン顧客満足度®調査では、「転職エージェント」総合1位を獲得しています。

サービスの特徴とおすすめポイント

特徴

・サポート期間が無期限
・ハイクラス専門のサービスを利用できる
・業界ごとに専任のキャリアアドバイザーが在籍

サポート期間を設けている転職エージェントが多い中、マイナビエージェントは、サポート期間が無期限であることを明確にしており、じっくりと転職先を探したい方におすすめです(※詳細)。

在籍しているキャリアアドバイザーは、業界ごとの専任制を採用しています。

働きたい業界に関する専門知識を持つキャリアアドバイザーが担当者となってくれるため、業界特化型転職エージェントに近い、充実したサポートを期待できます。

利用者からの口コミ・評判

【良い口コミ・評判】 ・レスポンスが早くてストレスがない
・親身になってサポートをしてくれる
・キャリアパスを考慮した提案をしてくれた
【悪い口コミ・評判】 ・求人の紹介を断られた
・エリアによっては求人が少ない
・求人数が少なく感じた

右も左も分からないこちらをエスコートしてくれ、安心して何でも話すことができました。また、レスポンスが非常に早く、連絡を入れるとだいたい2時間以内には必ず返信が返ってきました。
引用元:イーデス

最大手に比べて求職者の数が少なく、その分、丁寧にサポートしていただけるという評判でしたが、まさにその通りでした。こちらの希望を親身になって考えてくださり、さらに担当の方の判断で確認しきれないほどの転職案をだしてくださりました。

引用元:みん評

試しにマイナビエージェントに登録したら、「あいにく紹介できる求人がございません」とお断りされてしまった。友達は「すぐに求人を紹介してくれるよ」と言っていたのにガッカリ・・・

引用元:Career Theory

北海道の函館市へのUターン転職も視野に入れて転職エージェントを探していました。その中でマイナビエージェントは知名度も高く信頼できそうなので利用しましたが、函館市の求人自体が少ないのか、希望する職種が紹介されることはありませんでした。

引用元:すべらない転職

合わせて読みたい「マイナビエージェントの評判口コミ」関連記事 合わせて読みたい「マイナビエージェントの評判・口コミ」

マイナビエージェントの評判は?利用者の口コミからわかったサービスの特徴を解説

マイナビエージェントは、手厚いサポートで転職活動を進めたい20代〜30代の求職者におすすめの転職エージェントです。この記事では、マイナビエージェント利用者の口コミ・評判から、サービスの特徴やメリット・デメリットについて解説しています。
合わせて読みたい「マイナビIT AGENTの評判口コミ」関連記事 合わせて読みたい「マイナビIT AGENTの評判・口コミ」

マイナビIT AGENTの評判は悪い?口コミで分かったメリット・デメリットを解説

マイナビIT AGENTは、業界大手のマイナビエージェントの専門サイトとして運営されているIT・Webエンジニア専門の転職エージェントです。この記事では、マイナビIT AGENT利用者からの口コミ・評判から分かったサービスの特徴やメリット・デメリットについて解説しています。

ハイクラス転職成功に向けて転職エージェントを利用するメリット

ハイクラス転職成功に向けて、転職エージェントを利用する主なメリットは下記の5つです。

転職エージェントを利用するメリット

  • 市場価値を客観的に把握できる
  • 非公開求人を紹介してもらえる
  • 企業の内情を共有してくれる
  • 転職活動の効率化ができる
  • 企業との調整や条件交渉を代行してくれる

転職エージェントを利用することで、どのようなメリットがあるのかを詳しく解説します。

合わせて読みたい「転職エージェントのメリットデメリット」関連記事 合わせて読みたい「転職エージェントのメリット・デメリット」関連記事

転職エージェントのメリット・デメリットは?賢い活用方法とおすすめする人の特徴も紹介

効率良く転職活動を進めたい方は、転職エージェントの利用がおすすめです。この記事では、転職エージェントの利用を検討している方に向けて、サービスのメリット・デメリットを紹介するとともに、活用方法についても解説しています。

ハイクラス転職エージェントのメリット①市場価値を客観的に把握できる

転職エージェントでは、キャリアアドバイザーとの面談が必須です。

転職サポートのプロであるキャリアアドバイザーが、キャリアの棚卸しを行い、市場価値を分析した上で希望条件での転職が可能かどうかを判断してくれるため、転職活動の方向性を明確に定めることができます。

ココがポイント

ココがポイント

転職エージェントと併用する形で、ハイクラス転職サイトに登録するのもおすすめで、スカウト内容で、より具体的に自分の市場価値を把握できます。

合わせて読みたい「ハイクラス転職の年収」関連記事 合わせて読みたい「ハイクラス転職の年収」関連記事

ハイクラス転職とは?転職で年収アップを実現するためのポイントを解説

「ハイクラス転職の年収って?」「どんな人がハイクラス転職できるの?」と疑問に思っている方もいるかもしれません。この記事では、ハイクラス転職に興味のある方に向けて、基礎知識や年収アップに必要な条件について解説しています。

ハイクラス転職エージェントのメリット②非公開求人を紹介してもらえる

ハイクラス求人の多くは、非公開求人であるとされています。

経営ポジションや新規プロジェクトに関する求人など、外部や競合他社への情報流出リスクを軽減すること、そして、求める人材を効率良く採用するためです。

転職エージェントに登録することで、マッチング率の高い非公開求人を紹介してもらえます。

非公開求人について

非公開求人について

非公開求人は、公開求人と比べて応募者が少ない傾向にあるのが特徴で、たくさんの非公開求人を紹介してもらうことで、転職活動を有利に進められます。

参考年収1,000万円クラスのエグゼクティブ・ハイクラス求人ならエグゼクティブパートナー | 転職・求人情報サイトのマイナビ転職

ハイクラス転職エージェントのメリット③企業の内情を共有してくれる

キャリアアドバイザーは、求人票に記載されていない情報や、企業の採用担当者への取材によって得た情報など、求職者にとって有益な企業の内情を把握しています。

紹介求人の情報を共有してくれるのもポイントです。

紹介された求人について質問があれば、キャリアアドバイザーに依頼して企業に確認してもらうこともできます。

ハイクラス転職エージェントのメリット④転職活動の効率化ができる

転職エージェントは、下記のサポートを提供しています。

転職エージェントの主なサポート

・キャリアアドバイザーとの面談
・求人の紹介 / 応募代行
・企業への推薦状の送付
・書類添削 / 面接対策
・面接日日程調整
・入社日日程調整
・条件交渉
・セミナーやイベントの開催

1人で転職活動を進める場合、転職準備や求人探しだけで多くの時間を費やします。

さらに詳しく

さらに詳しく

転職エージェントに登録すれば、転職活動に必要な作業全般をサポートしてくれるだけでなく、企業との間に入って連絡・調整・交渉を代行してくれます。

転職活動の効率化が図れるため、転職活動に十分な時間を割けない方や、転職希望時期が明確な方でも、計画的に転職活動を進めることが可能です。

参考ハイクラス(エグゼクティブ)向けの転職エージェント12選を紹介

ハイクラス転職エージェントのメリット⑤企業との調整や条件交渉を代行してくれる

年収800万円以上のハイクラス転職を実現させるには、条件交渉が有効な手段です。

企業との条件交渉を個人で行う場合、交渉決裂のリスクがありますが、転職エージェントに登録していれば、担当のキャリアアドバイザーが条件交渉を代行してくれるため、交渉決裂のリスクがありません。

条件交渉について

条件交渉について

条件交渉は、労働条件通知書が提示されてから行うのが基本で、スムーズに交渉を成立させるには、選考が進んだ段階で、予め、担当のキャリアアドバイザーへ年収に関する希望条件と最低条件を共有しておくとよいでしょう。

参考【年収800万以上!】ハイクラス転職エージェントおすすめランキング13選 | サイト一覧,公開求人数比較も

転職エージェントの利用前に知っておきたい2つのデメリットと対策

転職エージェントには、メリットだけでなくデメリットもあります。

具体的なデメリットは下記の2つです。

転職エージェントのデメリット

  • 希望条件や市場価値によっては求人を紹介してもらえない
  • 相性の悪いキャリアアドバイザーが担当者になることがある

上記のデメリットについて、対策方法と合わせて解説していきます。

合わせて読みたい「エンジニアにおすすめの転職エージェント」関連記事 合わせて読みたい「エンジニアにおすすめの転職エージェント」関連記事

IT・Webエンジニアにおすすめの転職エージェント11選!未経験向けも紹介

エンジニアとしての経験とスキルがある方であれば、キャリアアップに最適な求人やハイクラス案件が見つかる可能性があります。この記事では、エンジニアの求人が充実しているおすすめの転職エージェントを厳選して11社ご紹介します。

①希望条件や市場価値によっては求人を紹介してもらえない

転職エージェントが転職サポートを提供するのは、求人を紹介できる求職者のみです。

例えば、就業経験のない方がハイクラス専門の転職エージェントに登録しても「紹介できる求人はありません」という案内が届くのみで、面談も実施されません。

ココに注意

ココに注意

転職エージェントに登録する前に、市場価値と希望条件が不釣り合いではないか確認が必要です。

合わせて読みたい「20代におすすめの転職エージェント」関連記事 合わせて読みたい「20代におすすめの転職エージェント」関連記事

20代におすすめの転職エージェント17選|選び方や利用のポイント・注意点も紹介

この記事では、20代の転職タイプ別におすすめの転職エージェントや転職サイトだけでなく、利用する上でのポイントをご紹介しています。

参考ハイクラス転職とは?難しい?年収相場や企業が求める条件について解説

【対策】複数の転職エージェントに登録してチャンスを広げる

転職エージェントは1社に絞らず、複数の転職エージェントに登録するのがおすすめです。

転職エージェントは各社で保有している求人が異なり、「1社から求人の紹介を断られたけれど、他の転職エージェントでは求人を紹介してもらえた」というケースは珍しいことではありません。

複数の転職エージェントに登録することで、求人紹介のチャンスが広がります。

<複数の転職エージェントに登録するメリット>

  • 紹介される求人やサポートの質を比較できる
  • 非公開求人や独占求人をより多く得られる
  • 相性の良い担当者と出会える可能性がアップ
  • 複数の担当者から多角的にアドバイスがもらえる
  • 目的に応じて使い分けられる

複数の転職エージェントを利用すると、連絡が増えるというデメリットもあります。

合わせて読みたい「転職エージェントの複数登録」関連記事 合わせて読みたい「転職エージェントの複数登録」関連記事

転職エージェントは複数に登録するべき?複数登録する理由と併用の注意点を徹底解説!

転職エージェントは、複数に登録するのが基本になりつつあります。この記事では複数の転職エージェントに登録するべき理由と合わせて、転職エージェントを併用するメリット・デメリットを詳しく解説しています。

相性の悪いキャリアアドバイザーが担当者になることがある

キャリアアドバイザーの性格や実績、経歴には個人差がありますが、多くの転職エージェントでは、担当者となるキャリアアドバイザーを指名することはできません。

サポートに不満があるキャリアアドバイザーや性格が合わないキャリアアドバイザーが担当者になってしまう恐れがあります。

<相性が悪いキャリアアドバイザーの一例>

  • 連絡のレスポンスが遅い
  • 希望条件に該当しない求人を紹介する
  • 紹介した求人企業や担当する業界に詳しくない
  • 約束を守れない
  • 自分の考えを押し付けてくる
  • 相談しにくい
  • 話そうとすると気が引ける

ココがポイント

ココがポイント

転職エージェントを利用しての転職活動は、担当者によって大きく左右されるため、担当者と相性が悪いと感じたときは、早急に対処することが大切です。

合わせて読みたい「転職エージェントは使うな」に関する記事 合わせて読みたい「転職エージェントは使うな」に関する記事

「転職エージェントは使うな」と言われる理由は?活用せずに転職活動をするデメリットを解説

転職の相談をすると、「転職エージェントは使うな」とアドバイスされることがあるかもしれません。この記事では、「転職エージェントは使うな」という声がある理由とともに、転職活動に転職エージェントを利用するメリット・デメリットについても解説しています。
合わせて読みたい「転職エージェントは見捨てられる」に関する記事 合わせて読みたい「転職エージェントは見捨てられる」に関する記事

転職エージェントに見捨てられるのはなぜ?原因と見捨てられたときの対処法を徹底解説

転職エージェントは、民間企業が提供しているサービスで、ビジネスを成立させるためには、転職希望者を転職させる必要があり、転職成功の見込みがないと判断されれば、見捨てられる可能性が高いです。この記事では、転職エージェントに見捨てられる原因と、見捨てられたときの対処法について解説しています。

【対策】担当者を他のキャリアアドバイザーに変更してもらう

担当者の変更は、転職エージェントの基本サービスの1つです。

相性の悪い担当者に対しては、臆することなく他のキャリアアドバイザーへの変更を申し込むことをおすすめします。

専用フォームからの申し込みや利用拠点への連絡など、担当者の変更方法は、転職エージェントによって異なるため、確認が必要です。

担当者の変更には、正当な変更理由が求められるため、変更理由を正直に伝えるのが難しい場合は、「他のキャリアアドバイザーからのアドバイスも欲しい」など、ポジティブな内容を伝えるとよいでしょう。

転職サービス 特徴
ビズリーチ ・保有求人の3分の1以上が年収1,000万円を超える求人
・面接 / 面談確約のスカウトが届く
・ヘッドハンターに相談できる
リクルート
ダイレクトスカウト
・業界最大級のハイクラス求人数
・2023年オリコン顧客満足度®調査で1位を獲得
・転職決定年収は平均938万円以上(※2022年4月時点
パソナキャリア ・保有求人の61.0%がハイクラス非公開求人
・転職成功者の61.7%が年収アップを実現
・オリコン顧客満足度®調査4年連続1位を獲得(※2019年〜2022年)

ハイクラス転職についてよくある質問

本記事の最後に、ハイクラス転職に関してよくある質問に回答していきます。

よくある質問

  • Q:ハイクラス求人に定義はありますか?
  • Q:転職エージェントや転職サイトは誰でも登録可能ですか?
  • Q:ハイクラス転職に必要なスキルはなんですか?
  • Q:20代でのハイクラス転職は実現できますか?
  • Q:未経験業界へのハイクラス転職は難しいでしょうか?
合わせて読みたい「ハイクラス転職の失敗」関連記事 合わせて読みたい「ハイクラス転職の失敗」関連記事

ハイクラス転職の失敗を防ぐ方法は?失敗する理由から分かる転職成功の秘訣を紹介

ハイクラス求人は一般的な求人と比べて母数が少ないことに加え、スキルや実績を求められるため、転職活動が失敗に終わることも珍しくありません。この記事では、ハイクラス転職に失敗する典型的な理由の紹介とあわせて、ハイクラス転職の失敗を防ぐための方法を紹介します。

Q:ハイクラス求人に定義はありますか?

ハイクラス求人には明確な定義はありません。

多くの転職サービスでは、「年収800万円以上の求人」をハイクラス求人としています。

    「ハイクラス求人」に明確な定義があるわけではありませんが、一般的には年収700万~800万円以上の求人を指します。
    出典元:リクルートダイレクトスカウト

転職サービスによっては、年収600万円以上をハイクラス求人に位置づけているところもあるため、事前に希望年収以上の求人の有無を確認しておくことをおすすめします。

合わせて読みたい「ハイクラス転職の実態」に関する記事 合わせて読みたい「ハイクラス転職の実態」に関する記事

ハイクラス転職の実態は?求人の選び方と転職成功のポイントを解説

ハイクラス転職を専門的にサポートする転職支援サービスが増加傾向にあり、その実態が気になる方が増えたように思います。この記事では、ハイクラス転職を目指す方に向けて、ハイクラス転職の実態や求人の選び方について解説しています。

Q:転職エージェントや転職サイトは誰でも登録可能ですか?

転職エージェントや転職サイトは誰でも会員登録可能です。

ビズリーチという例外はあるものの、会員登録を拒否されることはありません。

ただし、転職エージェントの場合、会員登録自体は有効であっても、「紹介できる求人がありません」と求人紹介を断られてしまうことがあります。

求人が紹介されないときは、他社への乗り換えがおすすめです。

合わせて読みたい「転職エージェントと転職サイトの違い」関連記事 合わせて読みたい「転職エージェントと転職サイトの違い」関連記事

転職エージェントと転職サイトの違いは?メリット・デメリットを比較しながら徹底解説

転職エージェントと転職サイトは、どちらも転職支援サービスではあるものの、利用できるサービスには大きな違いがあるため、それぞれの違いを把握し、サービスを活用していくことが大切です。この記事では、転職エージェントと転職サイトの違いを、比較を交えながら解説しています。

Q:ハイクラス転職に必要なスキルはなんですか?

求人企業や職種によって異なるものの、ハイクラス求人の必須条件を見てみると、一般職ではマネジメント経験やビジネスレベルの外国語、専門職であれば高度な専門知識・スキル、実績を求める傾向にあります。

さらに詳しく

さらに詳しく

とくにマネジメント経験を必須とする求人は多い傾向があり、ミドル世代やシニア世代になると、マネジメント経験のある方が必然的に増加します。

そのため、年齢が若いうちにマネジメント経験を積むことが、ハイクラス転職の成功率をあげることに繋がると考えられます。

合わせて読みたい「40代のハイクラス転職」関連記事 合わせて読みたい「40代のハイクラス転職」関連記事

40代のハイクラス転職でアピールすべきスキルとは?転職成功のポイントを徹底解説!

40代はさらなるキャリアアップ・年収アップを目指して、ハイクラス転職を検討する方が増加する傾向にあります。そこで、この記事では、40代のハイクラス転職成功に欠かせないポイントや40代のハイクラス転職事情を詳しく解説していきます。

Q:20代でのハイクラス転職は実現できますか?

20代でもハイクラス転職は可能です。

パソナキャリアでは、業務経験が浅い20代前半では、ハイクラス求人を見つけることが難しいとしつつも、ポテンシャル重視の大企業やベンチャー企業であれば勝機があるとしています。

    業務経験よりポテンシャル重視の企業・職種であれば勝機はあるでしょう。
    出典元:パソナキャリア

20代後半になると、ハイクラス転職がより現実的に見えてきます。

マネジメント経験があることと、専門スキルの高さをアピールできれば、ハイクラス転職を成功させることが可能です。

    ハイクラス転職では、管理職や専門職の求人が多いため、「マネジメント経験」と「専門スキル」が重視されます。20代のうちに意識してリーダーとしての経験を積む、担当職種でのスキルアップを図ることが勝負の分かれ目です。
    出典元:パソナキャリア
合わせて読みたい「20代のハイクラス転職」関連記事 合わせて読みたい「20代のハイクラス転職」関連記事

20代でもハイクラス転職は実現できる?おすすめの転職エージェントと活用方法を徹底解説!

20代向けのハイクラス求人よりも30代以上のミドル〜シニア向けの求人が多い傾向にあり、20代でのハイクラス転職は実現するのが難しいといわれています。そこで、この記事では、20代でのハイクラス転職成功率をアップできるおすすめの転職エージェントと活用方法を解説しています。
合わせて読みたい「30代におすすめの転職エージェント」関連記事 合わせて読みたい「30代のハイクラス転職」関連記事

ハイクラス転職を目指す30代が知っておくべき会社が求めるレベルと転職活動のポイント

30代で豊富な経験を持つ人材は、ハイクラス転職を成功させる可能性が高くなるということになります。そこで、この記事では、ハイクラス転職を目指す30代に向けて、転職活動のポイントを解説しています。

Q:未経験業界へのハイクラス転職は難しいでしょうか?

業種・職種ともに全くの未経験の場合、ハイクラス転職の成功は望みが薄い可能性があります。

しかし、業種と職種のどちらか一方でも経験していれば、ハイクラス転職成功に望みはあります。

以下は、リクルートダイレクトスカウトが公開している資料(転職市場の動向データ)から一部の情報を抜粋し、表にまとめたものです。

資料によると、「異業種×同職種」の転職が最も多いことが分かりました。

【キャリア移行比率_年齢別】

20歳〜24歳 25歳〜29歳 30歳〜34歳 35歳〜39歳 40歳〜44歳 45歳〜49歳
異業種 × 異職種 51.7% 37.4% 28.1% 24.3% 24.0% 27.3%
異業種 × 同職種 28.3% 33.8% 34.7% 35.3% 33.9% 30.2%
同業種 × 異職種 8.9% 9.9% 10.8% 10.9% 11.1% 12.6%
同業種 × 同職種 11.2% 19.0% 26.3% 29.5% 30.9% 29.9%
出典元:リクルートダイレクトスカウト
合わせて読みたい「ハイクラス転職の失敗」関連記事 合わせて読みたい「ハイクラス転職は難しい?」関連記事

ハイクラス転職が難しいとされる理由とは?企業が求める条件や転職成功のポイントを解説

ハイクラス転職のハードルは高いため、入念な準備をしなければハイクラス転職を実現するのは難しいでしょう。この記事では、ハイクラス転職の定義や転職活動のポイントについて詳しく解説しています。

参考年収1,000万円クラスのエグゼクティブ・ハイクラス求人ならエグゼクティブパートナー | 転職・求人情報サイトのマイナビ転職

まとめ

ハイクラス転職は、転職の難易度が高いこともあり、転職活動が長引く恐れがあります。

転職エージェントに登録すれば、キャリアアドバイザーからのサポートで転職活動の効率化を図ることができ、短期間でのハイクラス転職成功の可能性も高まります。

転職サイトと転職エージェントの併用もおすすめです。

転職サイトの場合は、スキマ時間に求人を探すことができ、スカウトを通じて転職の可能性も広がります。

また、転職サービスに登録する際は、複数のサービスに登録するとよいでしょう。

求人やサポートの質を比較し、相性のよい担当者を見つけることで、転職活動がより充実したものになります。

※本記事の情報は、すべて2023年9月現在のものです。
※掲載している口コミ・評判は、情報が正しいとは限りません。

合わせて読みたい「転職エージェントの年齢別比較」関連記事 合わせて読みたい「転職エージェントの年齢別比較」関連記事

【20代~50代まで】転職エージェント11社を徹底比較!年齢別におすすめをご紹介します!

数ある転職エージェントですが、それぞれ特色があります。この記事では、職種や年齢に合わせて比較表を交えながらおすすめの転職エージェントを11社ご紹介しています。
page top