プロが解説!暮らしの知っトク情報NAVI カンテレ 2023年12月8日更新

カテゴリーおすすめ転職エージェント

転職エージェントのメリット・デメリットは?賢い活用方法とおすすめする人の特徴も紹介

アップロード日2023/12/08

この記事を書いた人「キャリアアドバイザーDAI」

[PR]

転職活動をサポートするサービスには、さまざまなものがあり、「転職サイト」「転職エージェント」「ハローワーク」が代表的なサービスです。

どのサービスを利用して転職活動を進めるのかは、自分がどういったサポートを求めているかによって異なりますが、効率良く転職活動を進めたい方は、転職エージェントの利用がおすすめです。

そこで本記事では、転職エージェントの利用を検討している方に向けて、サービスのメリット・デメリットを紹介するとともに、活用方法についても解説します。

登録すべき!おすすめの転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、圧倒的な求人数と実績を持つおすすめの転職エージェントです。自分の市場価値を知りたい人も登録するのがおすすめです。

公式サイト:https://www.r-agent.com/

マイナビAGENT

マイナビAGENTは、マイナビエージェントは、就職情報サイト「マイナビ」や転職情報サイト「マイナビ転職」などを運営するマイナビグループの人材紹介サービスです。全国の大手上場企業からベンチャー企業、隠れた優良企業など、取引企業数は約10,000社以上のおすすめ転職エージェントです。

公式サイト:https://mynavi-agent.jp/

ハタラクティブ

ハタラクティブは、フリーター・既卒・第二新卒の就職・転職を、未経験層に特化したおすすめの転職エージェントです。8割以上の企業が未経験OKの求人で、就職成功率80.4%の実績を持っています。

公式サイト:https://hataractive.jp/

転職エージェントに登録する前に知っておきたい5つのデメリット

転職エージェントは、無料で転職活動をサポートしてくれるサービスです。

転職活動での負担を大幅に軽減してくれるというメリットがある一方、デメリットがないわけではありません。

転職エージェントのデメリット

  • 転職サポートを受けるためには面談が必須
  • 転職エージェントごとに特徴や強みが異なる
  • サポート力の低いキャリアアドバイザーが担当者になることがある
  • 無期限でサポートしてくれるわけではない
  • 好きな求人に応募できない

上記の転職エージェントのデメリットについて、詳しく解説します。

参考転職エージェントを使うメリット・デメリットは?転職を成功に導くための活用法を解説

デメリット①転職サポートを受けるためには面談が必須

転職エージェントでは、求職者1人ひとりに合わせて転職サポートを最適化するために、会員登録後、必ず面談を実施しています。

転職エージェントから転職サポートを受けられるようになるのは、面談後です。

会員登録後、すぐに転職活動をスタートできないのは、転職を急いでいる方にとってデメリットだと言えます。

合わせて読みたい「リクルートエージェントの面談」関連記事 合わせて読みたい「リクルートエージェントの面談」関連記事

リクルートエージェントの面談の流れを解説!面談時の服装や持ち物はどうする?

リクルートエージェントでは、転職サポートを開始する前に必ず「面談」を行います。この記事では、リクルートエージェントの面談、目的や事前準備をはじめとする「面談前に知っておきたい情報」について詳しく解説します。

デメリット②転職エージェントごとに特徴や強みが異なる

転職エージェントは各社、保有している求人やサポート対象としている層が異なり、満足の行くサポートを受けるためには、相性の良い転職エージェントを見つけることが大切です。

しかし、職業紹介事業報告書の集計結果によると日本国内には27,274カ所の職業紹介事業所(特別の法人及び特定地方公共団体無料職業紹介事業を除く)があります。

相性の良い転職エージェントを見つけるだけで時間が掛かるのはデメリットです。

ココがポイント

ココがポイント

転職エージェントが決まらない方は、まずは大手サービスに登録してみるとよいでしょう。

大手転職エージェントは保有求人が多く、転職支援実績も豊富で、あらゆる求職者に対応しています。

デメリット③サポート力の低いキャリアアドバイザーが担当者になることがある

キャリアアドバイザーのサポート力と転職支援実績には、個人差があります。

たまたまサポート力が低いキャリアアドバイザーが担当者になってしまった場合は、担当者の変更申請をすることで改善することが可能です。

ココに注意

ココに注意

しかし、担当者を変更したにも関わらず、再びサポート力が低いキャリアアドバイザーが担当者になってしまった場合は、登録した転職エージェントと相性が悪いと判断し、他社に乗り換える必要があります。

合わせて読みたい「転職エージェントは使うな」に関する記事 合わせて読みたい「転職エージェントは使うな」に関する記事

「転職エージェントは使うな」と言われる理由は?活用せずに転職活動をするデメリットを解説

転職の相談をすると、「転職エージェントは使うな」とアドバイスされることがあるかもしれません。この記事では、「転職エージェントは使うな」という声がある理由とともに、転職活動に転職エージェントを利用するメリット・デメリットについても解説しています。

デメリット④無期限でサポートしてくれるわけではない

転職エージェントによって、サポート期間が異なります。

さらに詳しく

さらに詳しく

無期限でサポートをしてくれるところもあれば、明確に「会員登録から3ヵ月」などと期限を決めているところもあるため、登録前に確認が必要です。

転職希望時期が明確ではない方、良いところがあれば転職を検討しようと考えている方は、サポート期間が無期限の転職エージェントへの登録をおすすめします。

デメリット⑤好きな求人に応募できない

転職エージェントで応募できる求人は、基本的に担当者から紹介されたもののみです。

転職サイトのように自由に求人に応募することはできないため、公開求人で気になる求人を見つけても、応募させてもらえないことも多いです。

自分で求人を探したい方やレベルの高い求人企業に挑戦したい方にとっては、転職エージェントのシステムはデメリットとなり得ます。

興味のある求人に応募していきたい方は、転職サイトへの登録がおすすめです。

登録すべき!おすすめの転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、圧倒的な求人数と実績を持つおすすめの転職エージェントです。自分の市場価値を知りたい人も登録するのがおすすめです。

公式サイト:https://www.r-agent.com/

マイナビAGENT

マイナビAGENTは、マイナビエージェントは、就職情報サイト「マイナビ」や転職情報サイト「マイナビ転職」などを運営するマイナビグループの人材紹介サービスです。全国の大手上場企業からベンチャー企業、隠れた優良企業など、取引企業数は約10,000社以上のおすすめ転職エージェントです。

公式サイト:https://mynavi-agent.jp/

ハタラクティブ

ハタラクティブは、フリーター・既卒・第二新卒の就職・転職を、未経験層に特化したおすすめの転職エージェントです。8割以上の企業が未経験OKの求人で、就職成功率80.4%の実績を持っています。

公式サイト:https://hataractive.jp/

参考転職エージェントは使うべき?利用時のメリット・デメリットを徹底解説

転職エージェントを利用することで得られる7つのメリット

デメリットに続いて、転職エージェントを利用するメリットを紹介します。

転職エージェントを利用する主なメリットは、以下の7つです。

転職エージェントのメリット

  • キャリアアドバイザーに転職の相談ができる
  • 非公開求人を紹介してもらえる
  • 応募書類の添削をしてくれる
  • 求人への応募時に推薦状を送付してくれる
  • 面接対策を受けられる
  • 企業との調整や連絡を代行してくれる
  • 面接結果のフィードバックがもらえる

転職エージェントに登録すれば、転職活動を効率良く進めるための手厚いサポートを受けられます。

合わせて読みたい「転職エージェントの年齢別比較」関連記事 合わせて読みたい「転職エージェントの年齢別比較」関連記事

【20代~50代まで】転職エージェント11社を徹底比較!年齢別におすすめをご紹介します!

数ある転職エージェントですが、それぞれ特色があります。この記事では、職種や年齢に合わせて比較表を交えながらおすすめの転職エージェントを11社ご紹介しています。

メリット①キャリアアドバイザーに転職の相談ができる

現職を続けながら転職活動を進める方は、気軽に同僚に相談することもできないため、転職活動を1人で進めると心細く感じるかもしれません。

転職エージェントに登録すれば、キャリアアドバイザーが担当者として付きます。

担当者は、転職サポートを提供するだけでなく、転職活動やキャリアに対する相談にも乗りアドバイスをしてくれる心強い存在です。

ココがポイント

ココがポイント

大手転職エージェントは、担当者と気軽に連絡が取れる手段として、アプリをリリースしていたり、既存のSNSで連絡を取れたりします。

参考転職エージェントを利用するメリット!デメリットも知って徹底検討

メリット②非公開求人を紹介してもらえる

非公開求人とは、一般公開されていない求人のことで、企業が求める人材に絞って選考にかけることを目的に、非公開での人材紹介を転職エージェントに依頼しています。

非公開求人は、応募できる求職者が限定されるのが特徴で、好条件であっても、転職エージェントから紹介された求職者のみ応募できます。

非公開求人を紹介してもらえるのは、転職エージェントを登録する大きなメリットです。

合わせて読みたい「ハイクラス転職におすすめ転職エージェント転職サイト」関連記事 合わせて読みたい「ハイクラス転職におすすめ転職エージェント・転職サイト」関連記事

人気のハイクラス転職エージェント・転職サイトおすすめ7選!サービスと口コミ・評判を解説

ハイクラス転職を目指すときに役立つのが、ハイクラス求人やエグゼクティブ求人を豊富に保有している転職サービスです。この記事では、ハイクラス転職を目指すビジネスパーソンに向けて、ハイクラス転職支援実績が豊富な転職エージェントと転職サイトを紹介します。

メリット③応募書類の添削をしてくれる

転職経験の有無を問わず、応募書類の作成に苦手意識を持つ求職者は、非常に多いです。

転職エージェントでは、応募書類の添削も行っています。

さらに詳しく

さらに詳しく

企業の内情も把握しているキャリアアドバイザーが、応募企業に合わせて添削してくれるため、書類選考通過率アップに期待が持てます。

参考転職エージェントのデメリットは?いらないといわれる理由やメリットも解説

メリット④求人への応募時に推薦状を送付してくれる

応募する求人が決まったら、キャリアアドバイザーが応募を代行してくれます。

求人企業へは、応募書類とともに「推薦状」を送付し、企業の採用担当者に対して、応募書類だけでは伝わらない魅力をアピールしてくれます。

メリット⑤面接対策を受けられる

面接対策は、面接に苦手意識がある求職者に向けて行われるサービスです。

面接を受ける企業情報の共有やビジネスマナーのアドバイス、キャリアアドバイザーを面接官に見立てての模擬面接を行います。

模擬面接では、これまでの転職支援実績をもとに、過去の面接で実際に聞かれた質問と模範解答を知ることができます。

メリット⑥企業との調整や連絡を代行してくれる

1人で転職活動をしている場合、企業との面接日調整や転職先入社日の調整、内定承諾・自体などの連絡も自分で行う必要があります。

しかし、転職エージェントを利用していれば、キャリアアドバイザーが企業への連絡や各種日程調整を代行してくれるため、すぐに連絡を返信できないなどのケアレスミスを未然に防ぐことができ安心です。

メリット⑦面接結果のフィードバックがもらえる

通常、面接後は企業からの合否連絡を待つだけですが、転職エージェントの場合は、面接のフィードバックをもらえます。

もし内定を得られなかったとしても、評価されたポイントとされなかったポイントが分かるため、次の面接に活かすことが可能です。

参考転職エージェントとは?メリット・デメリットや使い方など徹底解説!

転職エージェント以外の主な転職サービス

転職エージェントのメリット・デメリットを紹介しました。

ここでは、転職エージェント以外の転職方法について解説していきます。

転職エージェント以外の転職方法

  • 転職サイト
  • ハローワーク
  • 企業への直接応募
  • 求人への応募時に推薦状を送付してくれる
  • リファラル採用
  • ヘッドハンティング
  • ダイレクトリクルーティング

さまざまな転職方法の特徴を把握し、自分に合った方法を見つけるとよいでしょう。

合わせて読みたい「転職エージェントと転職サイトの違い」関連記事 合わせて読みたい「転職エージェントと転職サイトの違い」関連記事

転職エージェントと転職サイトの違いは?メリット・デメリットを比較しながら徹底解説

転職エージェントと転職サイトは、どちらも転職支援サービスではあるものの、利用できるサービスには大きな違いがあるため、それぞれの違いを把握し、サービスを活用していくことが大切です。この記事では、転職エージェントと転職サイトの違いを、比較を交えながら解説しています。

転職サイト

24時間いつでも、自由に求人の閲覧と応募ができるのが転職サイトです。

転職サポートは提供されていませんが、マイペースに転職活動ができることと、他の転職サービスとの相性の良さ、なによりも利用の手軽さから、多くの求職者が利用しています。

ココに注意

ココに注意

転職サイトは、気軽に応募できるシステムが構築されているものの、それがかえって応募者を増やしてしまっているというデメリットもあります。
転職サイトだけで内定を得るためには、相当数の応募が必要となります。

ハローワーク

ハローワークは、公的機関として転職エージェントと似たサポートを提供しています。

転職エージェント ハローワーク
面談
求人紹介
非公開求人の紹介
書類添削
面接対策
条件交渉
職業訓練校の紹介

民間企業である転職エージェントとは違い、ビジネスを目的としておらず、自治体ごとに設置されているため、地域企業の求人が見つかりやすいのがメリットです。

一方、ハローワークの職員は転職サポートの専門員ではない点がデメリットとしてあげられます。

企業への直接応募

近年、公式サイトに求人を掲載している企業は増加しているため、興味のある企業や入社したい企業がある方は、公式サイトに記載されている求人に直接応募してみるのもおすすめです。

ココに注意

ココに注意

ただし、企業情報の収集や労働条件の交渉などは、自分で行う必要があります。

リファラル採用

企業で働く友人や知人に推薦・紹介してもらうことをリファラル採用といいます。

さらに詳しく

さらに詳しく

厚生労働省「令和2年転職者実態調査の概況」によると、27.7%がリファラル採用(縁故)で転職をしているとのことです。

知人・友人から採用担当者に推薦してもらうため、内定率が高いとされており、選考に関しては通常通り、書類選考から始まるのが一般的です。

早期で退職したり、転職先で活躍できなかった場合、紹介者の評価を下げてしまいます。

入社した場合、簡単に退職しにくくなるのがデメリットです。

ヘッドハンティング

ヘッドハンター自身が保有している求人にマッチした優秀な人材をスカウトし、企業との間を取り持つのが「ヘッドハンティング」という手法です。

近年では、ハイクラス転職サイトでもヘッドハンティングが導入され始めました。

さらに詳しく

さらに詳しく

ヘッドハンティングによって転職に成功すると、現状よりも待遇が良くなりやすいというメリットがある一方、ヘッドハンターからのスカウトを待たなければならず、転職活動期間が長引きやすいというデメリットがあります。

ダイレクトリクルーティング

求人を転職サービスに出して求職者からの応募を待つという従来のスタイルとは反対に、企業が自ら優秀な人材にスカウトを行うのが「ダイレクトリクルーティング」です。

ダイレクトリクルーティングを促している転職サービスを利用している企業が多い印象があるものの、最近ではSNSのダイレクトメッセージ機能で目ぼしい人材をスカウトしている企業も増えつつあります。

参考転職エージェントにデメリットはある?他の転職サービスとの違いや活用のメリットを解説!

転職エージェントの利用をおすすめする人

転職エージェントのメリット・デメリットを紹介しました。

転職活動に対する考え方によっては、必ずしも転職エージェントがおすすめというわけではありません。

転職エージェントを利用するのをおすすめする人の特徴を下記にまとめました。

転職エージェントをおすすめする人

  • キャリアアドバイザーからのアドバイスが欲しい人
  • 効率良く転職活動を進めたい人
  • 短期間での内定獲得を目指している人

上記の特徴について詳しく解説していきます。

キャリアアドバイザーからのアドバイスが欲しい人

転職サポートのプロであるキャリアアドバイザーから、転職活動やキャリアについてのアドバイスをもらえるのは、転職エージェントならではのメリットです。

ココがおすすめ

ココがおすすめ

応募する求人選びに迷ったり、転職するべきかどうかに悩んだときに、気軽にキャリアアドバイザーに相談でき、的確なアドバイスをもらうことができるため、安心して転職活動に励むことができます。

合わせて読みたい「第二新卒の転職」関連記事 合わせて読みたい「第二新卒の転職」関連記事

第二新卒は転職が難しい?第二新卒で転職を成功させる秘訣を解説

第二新卒は転職が難しいとされています。そこでこの記事では、なぜ第二新卒での転職が難しいとされているのか解説し、第二新卒で転職を成功させるための方法について解説しています。
合わせて読みたい「第二新卒におすすめの転職エージェント」関連記事 合わせて読みたい「第二新卒におすすめの転職エージェント」関連記事

第二新卒におすすめの転職エージェント13選!|第二新卒が転職に有利ってホント?

この記事では、第二新卒が転職活動に利用するのにおすすめの転職エージェント13社を厳選して紹介しています。特徴を踏まえ、転職の目的に合った転職エージェントを利用してみてください。

効率良く転職活動を進めたい人

転職エージェントでは、主に下記のサポートを提供しています。

転職エージェントのサポート内容

・キャリアアドバイザーとの面談
・求人の紹介と応募代行
・応募書類の添削
・面接対策の実施
・企業への推薦状の送付
・面接日程調整
・面接のフィードバック
・入社日の調整
・内定後の条件交渉
・転職後のアフターフォロー

転職活動で発生する作業をトータルでサポートしてくれます。

忙しくて時間に余裕がない方はもちろん、転職活動が初めての方や転職に不安がある方も、転職エージェントの利用がおすすめです。

短期間での内定獲得を目指している人

転職エージェントでは、初回面談時に大まかな転職スケジュールを立てて、計画的に転職活動を進めていくのが基本です。

また、求職者とマッチング率の高い求人を厳選して紹介してくれるだけでなく、選考対策は応募企業に合わせて行われます。

内定獲得に向けたプロのサポートが受けられるため、短期間の内定獲得に期待できます。

参考転職エージェントのメリット・デメリット。ユーザーの声から4つのメリットを紹介。

転職エージェントの利用が不向きである人の特徴

転職エージェントは、求職者に多くのメリットがあり、大半のデメリットは対処できます。

しかし、下記に該当する方は、転職エージェント以外の転職方法がおすすめです。

転職エージェントが不向きである人

  • マイペースに転職活動を進めたい人
  • 転職意欲がない人

上記に該当する方は、なぜ転職エージェントが不向きなのかを解説していきます。

マイペースに転職活動を進めたい人

転職エージェントは、自社のサービスで求職者を転職に導かなければ、どれだけ手厚いサポートを提供してもビジネスとして成り立ちません。

ビジネスとして成立させるため、転職エージェントでは、求職者が短期間で内定を獲得できるように、積極的にサポートを提供します。

ココに注意

ココに注意

マイペースに転職活動を進めたい方は、急かされていると感じる可能性が高いです。

参考転職エージェントを使うデメリット9つ 使わない方がいい人や失敗しないコツも紹介

転職意欲がない人

転職意欲がないとキャリアアドバイザーに判断されると、優先的にサポートを受けることが難しくなり、優良求人も紹介されにくくなります。

転職意欲がないけれど、どんな求人があるのか気になるという方は、転職エージェントではなく、転職サイトへの登録がおすすめです。

独占求人を多く保有している転職サイトもたくさんあります。

合わせて読みたい「エンジニアの転職失敗」関連記事 合わせて読みたい「エンジニアの転職失敗」関連記事

未経験でもエンジニア転職できる?転職失敗する人の特徴と成功のポイントを徹底解説

ITエンジニアの求人を見つけること自体は非常に簡単ですが、適当に転職活動を進めると、ITエンジニア転職に失敗してしまう可能性があります。この記事では、ITエンジニア転職に失敗する人の特徴、ITエンジニア転職成功のためのポイントについて解説しています。

転職エージェントを活用するための2つのポイント

転職エージェントを利用して転職活動をする方は、下記の2つのポイントを実践すると、ミスマッチの企業に転職してしまう、転職先が決まらずに断念してしまうといったリスクを大幅に軽減できます。

転職エージェントの活用ポイント

  • 複数の転職エージェントに登録する
  • 自分でも企業情報を収集する

転職エージェントを活用する方法を詳しく解説します。

複数の転職エージェントに登録する

転職エージェントの基本的なサポート内容は同じですが、保有している求人やサポートの質は異なります。

複数の転職エージェントへの登録は、いくつかのメリット・デメリットがあります。

【転転職エージェントに複数登録するメリット・デメリット】

メリット ・相性の良いキャリアアドバイザーと出会える可能性がアップ
・非公開求人をより多く得られる
・複数人のキャリアアドバイザーからアドバイスをもらえる
・求人やサポートを比較できる
デメリット ・スケジュールを圧迫する
・情報過多になりやすい
・キャリアアドバイザーとの連絡が多くなる

登録した転職エージェントの中から相性の良い転職エージェントを厳選し、メインで利用する1社を決めるのがおすすめです。

複数の転職エージェントを同じ割合で利用するのは、割けるのが無難です。

スケジュールを圧迫したり、連絡が多くなりすぎたりといったデメリットが生じ、転職活動に支障をきたします。

合わせて読みたい「転職エージェントの複数登録」関連記事 合わせて読みたい「転職エージェントの複数登録」関連記事

転職エージェントは複数に登録するべき?複数登録する理由と併用の注意点を徹底解説!

転職エージェントは、複数に登録するのが基本になりつつあります。この記事では複数の転職エージェントに登録するべき理由と合わせて、転職エージェントを併用するメリット・デメリットを詳しく解説しています。

自分でも企業情報を収集する

転職エージェントから共有される情報は、転職活動に役立ちます。

しかし、応募する求人企業や入社する企業を選ぶときは、共有される情報を鵜呑みにせず、自分でも企業情報を収集するとよいでしょう。

転職エージェントは、転職をサポートしてくれますが、最終的に判断するのは自分自身です。

すべてを転職エージェントに任せていると、ミスマッチの企業に転職してしまったり、応募したいと思える求人に出会えなかったりする恐れがあります。

企業の情報収集には、ホームページや企業口コミサイトの閲覧がおすすめです。

企業の情報収集について

企業の情報収集について

企業のホームページには、事業や社会貢献に関するレポートや社員のインタビューなどが掲載されていることがあり、企業口コミサイトでは、元社員・現社員からの口コミや、口コミ投稿者の情報をもとに算出された各種データを調べることが可能です。

目を通せば、入社した後の自分をイメージすることができます。

参考転職エージェントのメリット・デメリット

まとめ

転職エージェントは求職者にとって、非常に便利なサービスです。

しかし、メリット・デメリットがあるため、必ずしもすべての求職者にとって最適なサービスとは言い切れません。

転職エージェント以外にも、さまざまな転職方法があるため、それぞれの特徴を知り、相性の良いサービスを利用することが重要です。

合わせて読みたい「エンジニアにおすすめの転職エージェント」関連記事 合わせて読みたい「エンジニアにおすすめの転職エージェント」関連記事

IT・Webエンジニアにおすすめの転職エージェント11選!未経験向けも紹介

エンジニアとしての経験とスキルがある方であれば、キャリアアップに最適な求人やハイクラス案件が見つかる可能性があります。この記事では、エンジニアの求人が充実しているおすすめの転職エージェントを厳選して11社ご紹介します。
page top