プロが解説!暮らしの知っトク情報NAVI カンテレ 2024年2月24日更新

カテゴリーおすすめ転職エージェント

第二新卒の女性が転職を成功させるために知っておきたい重要な3つのポイント

アップロード日2023/12/01

この記事を書いた人「キャリアアドバイザーDAI」

[PR]

第二新卒の女性が転職する際に、今後のライフイベントの変化を考慮することが大切です。

企業は社員1人を採用するために多額の費用をかけているため、「長く働いてくれる人材」を求めている企業が多いのが実情です。

本記事では、企業が第二新卒の女性に抱く不安な事由とともに、転職を成功させる3つのポイントを詳しく解説していきます。

第二新卒に対して企業が期待していること

企業が第二新卒に期待すること

  • ビジネスパーソンとしての基本的なスキル
  • 柔軟性の高さ
  • 将来性とポテンシャル

ここでは、企業が第二新卒を採用する際、どういったポイントに期待して採用を決めているのかを解説します。

参考女性が活躍中の第二新卒歓迎の求人・転職情報

ビジネスパーソンとしての基本的なスキル

第二新卒と新卒は、年齢が近くてもビジネスパーソンとしては大きな違いがあります。

第二新卒のについて

第二新卒のについて

第二新卒は社会人経験が浅いですが、新人研修を受け、言葉遣いや名刺交換の方法をはじめとする基本的なビジネスマナーが身についています。

そのため、企業が第二新卒に、「新人研修のコストカット」と「すぐに現場で働ける即戦力人材」という2点を期待していることが多いです。

柔軟性の高さ

社風や働き方、価値観は企業ごとに違います。

ココに注意

ココに注意

年齢を重ねると、自分なりの仕事の進め方や価値観が確立されてしまう傾向が強いため、転職先の企業になじめないという悩みを抱える方も少なくありません。

一方、第二新卒は社会人経験が浅い分、前職の仕事のやり方や社風に染まっておらず、柔軟性が高いと考えられています。

将来性とポテンシャル

第二新卒は、年齢にすると25歳前後です。

そのため、現状で戦力になるかどうかよりも、将来性とポテンシャルを重視して第二新卒を採用する企業もあります。

参考女性こそ歓迎!第二新卒女性の3つの強みと注意すべきポイント

第二新卒の女性は転職が難しいってホント?

第二新卒向けの求人は、求人サイトやハローワークなどで見つけられます。

転職活動に十分な量の求人があるため、第二新卒だからといって転職が難しいことはありません。

ただし、女性の場合は結婚や出産といったライフイベントがあります。

結婚や妊娠に柔軟に対応している企業が増えているにしろ、採用後すぐに退職してしまう可能性を懸念する企業は非常に多いです。

ココがポイント

ココがポイント

第二新卒の女性が転職をする際は、採用後にも長期的に働けることをアピールし、女性に対して企業が抱く懸念を軽減できるよう、対策を講じるとよいでしょう。

参考第二新卒の女性が転職を目指すには?成功のために大切な3つのポイント

第二新卒の女性が転職先を探すときにチェックしたいこと

第二新卒の女性がチェックしたいポイント

  • ライフイベントに対応できる福利厚生
  • 希望条件とのマッチング
  • 今後の成長が期待できる企業かどうか
  • 労働環境と従業員満足度

男性と女性では、転職先を選ぶポイントも働きやすさの基準も異なります。

女性には出産や育児といった大きなライフイベントがあるため、安心してキャリアを継続できるかどうかを基準に転職先を探すのがおすすめです。

ここでは、第二新卒の女性が転職先選びの際にチェックしたいことを4つにまとめました。

参考第二新卒OKの転職・求人情報

ライフイベントに対応できる福利厚生

男性と比べると、女性は結婚・出産・育児がキャリアに大きな影響を与えるため、大きなライフイベントに対応できる企業を選ぶとよいでしょう。

政府が女性の社会進出を後押ししている背景もあり、出産後も仕事をしたいと考える女性やキャリアアップを目指す女性が増えました。

女性がキャリアを継続しやすいように福利厚生を整備している企業も少なくありません。

ココがポイント

ココがポイント

転職先企業を選ぶ際は、育児中の時短勤務や出産前後の休暇をはじめとする福利厚生と、女性従業員、女性管理職の割合をチェックしてみるとよいでしょう。

希望条件とのマッチング

転職先を探す上で希望条件は重要な要素です。

複数の希望条件があるときは優先順位を付けることで、客観的に「譲れない条件」と「妥協できる条件」に分けることができ、求人に応募するかどうかの判断がしやすくなります。

また、転職に失敗するリスクを軽減する意味でも、希望条件の明確化は重要です。

入社後にミスマッチに気付き、転職を繰り返してしまったり、モチベーションの維持が困難になったりといったトラブルを防ぐことができます。

参考女性歓迎!第二新卒歓迎の転職・求人情報なら

今後の成長が期待できる企業かどうか

成長が期待できるかどうかも、応募する企業の選定の際に注目すべきポイントです。

将来的なキャリアパスが広がったり、業績向上によって年収がアップしたりといったことに期待できるだけでなく、企業の変化を体感できる可能性もあります。

企業の成長を調べる方法として最適なのが「成長性分析」です。

「成長性分析」とは?

ココがポイント

売上高や総資本だけでなく、従業員数や営業利益などの変化を総合的に調査し、企業の成長度を判断すること。

年齢が若く、ビジネスパーソンとしての可能性が広がる第二新卒は、企業とともに自身も成長できる企業を選ぶと仕事へのやりがいを感じやすいです。

労働環境と従業員満足度

長期的にキャリアを継続できる企業で働くためには、労働環境が整備されている企業を選ぶことが重要なポイントです。

「労働環境」とは?

ココがポイント

職場環境や労働条件といった社員を取り巻く環境のこと。

労働環境が優れている企業は、ハラスメントや長時間労働、サービス残業といった問題が生じない、もしくは問題が生じても改善できるように整備されている企業だと判断できます。

ココがおすすめ

ココがおすすめ

労働に関する情報を得るのであれば、企業口コミサイトがおすすめであり、現社員と元社員の口コミを閲覧することができ、従業員の満足度を調べられます。

社員からのリアルな口コミは、入社後の自分の姿をイメージするのにも最適です。

参考未経験 第二新卒 働く女性も歓迎の求人

第二新卒の女性が転職を成功させるためのポイント

転職成功のポイント

  • 転職の目的や希望条件にマッチした企業を選ぶ
  • 長期的なビジョンを明確にしてアピールする
  • 選考対策をしっかりと行う

第二新卒の女性が転職を成功させるポイントは、上記の3つです。

企業選びを慎重に行い、選考に向けてしっかりと準備をすることでマッチング率の高い企業から内定をもらえる可能性が高まります。

合わせて読みたい「第二新卒におすすめの転職エージェント」関連記事 合わせて読みたい「第二新卒におすすめの転職エージェント」関連記事

第二新卒におすすめの転職エージェント13選!|第二新卒が転職に有利ってホント?

この記事では、第二新卒が転職活動に利用するのにおすすめの転職エージェント13社を厳選して紹介しています。特徴を踏まえ、転職の目的に合った転職エージェントを利用してみてください。

転職の目的や希望条件にマッチした企業を選ぶ

「育児と仕事を両立できる企業」や「キャリアアップの基準が明確な企業」など、将来に向けた視点を交えながら転職の目的を明確にし、自分がどのような企業で働きたいのかを認識することができれば、長期的に働ける企業を見つけやすくなります。

現状の不満を改善するためには、希望条件を定めることも大切です。

ココがポイント

ココがポイント

転職の目的と希望条件の両方を総合的に見て、数ある求人・企業の中から選定していくとミスマッチのリスクを最小限に抑えられます。

長期的なビジョンを明確にしてアピールする

第二新卒かどうかを問わず、女性の応募者に対して、企業は「すぐに退職してしまわないだろうか」という不安を多少なりとも抱いています。

選考では、思い描くキャリアプランや入社後にどのような仕事をしたいかなど、しっかりとしたビジョンを企業にアピールすることが重要です。

長期的に業務に貢献できることを印象付け、企業が女性応募者に抱く不安を軽減できます。

選考対策をしっかりと行う

第二新卒が応募できるのは、中途採用を実施している求人の企業です。

ココに注意

ココに注意

求人への応募者は第二新卒だけではなく、スキルや実績のあるビジネスパーソンもライバルとなります。

第二新卒の武器は、ビジネススキルは無くても、柔軟性、将来性、ポテンシャル(≒潜在能力や伸びしろ)です。

企業が第二新卒の応募者に何を期待しているのか、そして、どのような人材を求めているのかを理解し、応募書類の作成や面接対策を入念に行うとよいでしょう。

合わせて読みたい「転職エージェントのメリットデメリット」関連記事 合わせて読みたい「転職エージェントのメリット・デメリット」関連記事

転職エージェントのメリット・デメリットは?賢い活用方法とおすすめする人の特徴も紹介

効率良く転職活動を進めたい方は、転職エージェントの利用がおすすめです。この記事では、転職エージェントの利用を検討している方に向けて、サービスのメリット・デメリットを紹介するとともに、活用方法についても解説しています。

転職活動を始める前に知っておきたい注意点

転職前の注意点

  • 内定をもらうまで現職は続ける
  • 新卒と第二新卒は全く違うことを理解する
  • 1人で転職活動を進めようとしない

ここでは、転職前に注意しておくべきポイントをまとめました。

合わせて読みたい「転職エージェントの複数登録」関連記事 合わせて読みたい「転職エージェントの複数登録」関連記事

転職エージェントは複数に登録するべき?複数登録する理由と併用の注意点を徹底解説!

転職エージェントは、複数に登録するのが基本になりつつあります。この記事では複数の転職エージェントに登録するべき理由と合わせて、転職エージェントを併用するメリット・デメリットを詳しく解説しています。

内定をもらうまで現職は続ける

転職活動期間の目安は、3カ月程度とされていますが、転職活動が長期化することも十分に考えられることです。

内定をもらう前に現職を辞めてしまった場合のデメリットは3つあります。

参考新卒・第2新卒OK!の急募求人

経済的な不安から転職先を妥協してしまう

仕事をしていないと無収入です。

仮に転職活動が長期化した場合、経済的な不安を抱えることになり、精神的な焦りから転職先を妥協してしまう恐れがあります。

すぐに現職を辞めたい方は、転職活動期間中の経済的不安を解消してから現職を辞めることをおすすめします。

ブランクが生じて転職が不利になる

ブランクとは「離職期間」のことで、正当な理由もなく数カ月のブランクが生じると、転職が不利になります。

ココがポイント

ココがポイント

現職を辞めてしばらく休息を取りたいと考えている方は、資格取得を目指したり、語学を学んだりなど、キャリアにとってプラスになることにも時間を充て、選考で説明できるようにしておくと安心です。

参考新卒・第二新卒歓迎/正社員の求人・転職一覧

公的な手続きを自分でしなければならない

現職を退職してから転職先が決まらないまま2週間以上の期間が空くと、健康保険や年金、住民税といった公的な手続きを自分で行う必要が生じます。

新卒と第二新卒は全く違うことを理解する

新卒と第二新卒では、企業が評価するポイントが大きく異なります。

企業が新卒採用をする際、選考の対象となるのは学生であり、社会人経験がないため、人柄や熱意、学生時代の取り組みなどを評価します。

一方、第二新卒は社会人経験があるため、ビジネスマナーや仕事への意識も評価対象です。

ココに注意

ココに注意

企業が第二新卒を採用する場合、どのようなポイントに注目するのかを考え、第二新卒ならではの武器をアピールできるように選考対策を行う必要があります。

1人で転職活動を進めようとしない

転職活動の具体的な流れが分からなかったり、選考対策や企業の選定に不安があるときは、ハローワークや転職エージェントなど、転職支援サービスを利用することをおすすめします。

専門スタッフが親切に転職活動をサポートしてくれます。

ココがポイント

ココがポイント

転職エージェントは民間のサービスではあるものの、利用料は無料であるため、複数の転職支援サービスに登録し、担当者との相性や求人の質を比較するとよいでしょう。

各サービスを併用することで、転職先の選択肢を増やすこともできます。

不安を抱えたまま転職活動を進めるのは避けるようにして、転職を成功させるためにも、転職支援サービスは積極的に利用することをおすすめします。

合わせて読みたい「第二新卒の転職」関連記事 合わせて読みたい「第二新卒の転職」関連記事

第二新卒は転職が難しい?第二新卒で転職を成功させる秘訣を解説

第二新卒は転職が難しいとされています。そこでこの記事では、なぜ第二新卒での転職が難しいとされているのか解説し、第二新卒で転職を成功させるための方法について解説しています。

まとめ

第二新卒の女性が転職するときのポイントを解説しました。

第二新卒だからという理由で、転職が不利になることは殆どありませんが、多くの企業は、女性に対して出産や育児といったライフイベントが生じた際、退職してしまわないかを懸念しています。

社員1人を採用するのに対し、採用業務に多くの費用がかかっているためです。

第二新卒の女性は、長く働けることを企業にしっかりとアピールするとよいでしょう。

1人で転職活動を進めるのが不安な方は、転職エージェントなどの転職支援サービスの利用がおすすめです。

※本記事の内容は、2023年11月現在の情報です。

合わせて読みたい「転職エージェントの年齢別比較」関連記事 合わせて読みたい「転職エージェントの年齢別比較」関連記事

【20代~50代まで】転職エージェント11社を徹底比較!年齢別におすすめをご紹介します!

数ある転職エージェントですが、それぞれ特色があります。この記事では、職種や年齢に合わせて比較表を交えながらおすすめの転職エージェントを11社ご紹介しています。
page top