プロが解説!暮らしの知っトク情報NAVI カンテレ 2024年4月12日更新

カテゴリーおすすめクレジットカード

Oliveと三井住友カードNLの違いを比較しながら徹底解説!併用はおすすめ?

アップロード日2024/02/29

この記事を書いた人「クレカマイスターASO」

[PR]

三井住友カードは、何種類ものクレジットカードを発行しています。

数ある三井住友カードの中でも、とくに高い人気を誇るのが「Oliveフレキシブルペイ」と「三井住友カードNL」ですが、共通点が多く、どちらを申し込むか悩んでいる方もいると思います。

そこで本記事では、Oliveと三井住友カードNLの特徴と違いについてまとめました。
おすすめの活用術も紹介していきます。

三井住友カードNLの特徴|最短10秒でカードを発行

三井住友カードNLは、即時発行に対応しているクレジットカードであり、24時間、申し込みから最短10秒でカード情報が発行されます。

カードが手元に届く前からネットや店頭でのカード決済が可能です。

さらに詳しく

さらに詳しく

NL=ナンバーレスが示す通り、カードにはカード情報が表記されていないため、第三者にカード情報を見られる心配はなく、街中での使用も安心です。

合わせて読みたい「三井住友カード」に関する記事 合わせて読みたい「三井住友カード」に関する記事

三井住友カードのメリット・デメリット徹底解説!ポイント還元率や年会費、キャンペーンの詳細も紹介

こちらの記事では、クレジットカード初心者向けにおすすめしたい「三井住友カード(NL)」「三井住友カード」の特徴と共に、三井住友カードのメリット・デメリットやカード発行手順についてご紹介しています。

Oliveフレキシブルペイの特徴|金融サービスと支払い方法をまとめて管理できる

SMBCグループとSBI証券の個人向け金融サービス(口座・決済・保険・証券)を1つのアプリで一元管理できる「Oliveアカウント」を作成すると、Oliveフレキシブルペイが発行されます。

Oliveフレキシブルペイは、クレジットカード・デビットカード・ポイント払いの3つの支払い方法を使い分けられるオールインワンカードで、三井住友銀行のキャッシュカードとしての機能もあります。

ココに注意

ココに注意

なお、クレジットカードとしてOliveフレキシブルペイを利用するには、クレジットモードの審査の通過が必要です。

合わせて読みたい「三井住友銀行の『オリーブ』」に関する記事 合わせて読みたい「三井住友銀行の『オリーブ』」に関する記事

三井住友銀行の「オリーブ」とは?メリット・デメリットやキャンペーン情報を詳しく解説

「Olive(オリーブ)」は、スマートフォンアプリで金融サービスを一括管理できるサービスです。こちらの記事では、三井住友銀行の話題のサービス「オリーブ」について詳しくまとめ、最新のキャンペーン情報について紹介しています。

三井住友カードNLとOliveフレキシブルペイの7つの違い

三井住友カードNLとOliveフレキシブルペイの主な違いを以下にまとめました。

【機能性の違い】

「三井住友カードNL」 「Oliveフレキシブルペイ」
国際ブランド Visa・Mastercard® Visa
決済機能 クレジットカード クレジットカード・デビットカード・ポイント払い
ポイント還元率 ・0.5%~20.0% ・クレジット:0.5%~20.0%
・デビット:0.5%~8.5%
・ポイント払い:0.25%
締め日 / 支払い日 ・15日締め / 翌月10日払い
・月末締め / 翌月26日払い
※選択・変更ができます
・クレジット:月末締め / 翌月26日払い
・デビット:即時引き落とし
・ポイント払い:即時引き落とし
家族カード 年会費永年無料
引き落とし口座 任意の口座 三井住友銀行口座のみ
ATM手数料優遇
選べる特典
アップグレード

三井住友カードNLとOliveフレキシブルペイは、共通項が多々ありますが、それぞれの違いを把握した上で、目的に合ったカードを選ぶことが大切です。

ここでは、三井住友カードNLとOliveフレキシブルペイの違いについて詳しく解説します。

参考Oliveと三井住友カードNLで何か違いはありますか?

国際ブランド

三井住友カードNLは、VisaとMastercard®の2つから国際ブランドを選べるのに対し、OliveフレキシブルペイはVisaのみとなっています。

複数のカードを所持する場合、国際ブランドは分けるのが基本です。

国際ブランドによって加盟店が異なるため、異なる国際ブランドのカードを所持していれば、カードを利用できる範囲が広がります。

ココに注意

ココに注意

すでにVisaのカードを所持している場合、Oliveフレキシブルペイを申し込むと使い分けることが難しくなるので注意が必要です。

参考Oliveフレキシブルペイとナンバーレスシリーズの違いは?

決済機能

三井住友カードNLとOliveフレキシブルペイの最大の違いが決済機能です。

三井住友カードNLがクレジットカードなのに対し、Oliveフレキシブルペイはクレジットカード・デビットカード・ポイント払いを必要に応じて使い分けることができます。

出典元:三井住友銀行

Oliveフレキシブルペイは、キャッシュカード機能も搭載されている1枚4役のオールインワンカードです。

ポイント還元率

クレジットカード使用時のポイント還元率は、三井住友カードNLとOliveフレキシブルペイで違いはなく、基本0.5%〜最大20.0%です。

Oliveフレキシブルペイをデビットカード・ポイント払いで使用する際は、クレジットカード使用時と比べて、ポイント還元率は低くなります。

ポイント払いに関しては、ポイントアッププログラムの対象外です。

【ポイント還元率とポイントアッププログラム】

ポイント還元率 タッチ決済 家族ポイント Vポイントアッププログラム
・クレジットカード 0.5%~20.0%
・デビットカード 0.5%~8.5%
・ポイント払い 0.25%
出典元:三井住友カード
合わせて読みたい「三井住友カードNLのポイント還元率」に関する記事 合わせて読みたい「三井住友カードNLのポイント還元率」に関する記事

三井住友カードNLのポイント還元率は最大20%!Vポイントを貯める方法を徹底解説

三井住友カードNLは、年会費無料で所持できるクレジットカードです。こちらの記事では、三井住友カードNLのポイント還元率について詳しく解説しています。
合わせて読みたい「Oliveフレキシブルペイのポイント還元率」に関する記事 合わせて読みたい「Oliveフレキシブルペイのポイント還元率」に関する記事

Oliveフレキシブルペイのポイント還元率を解説!Vポイントが貯まる決済方法は?

Oliveフレキシブルペイは、クレジットカード・デビットカード・ポイント払いモードの3つの決済方法を1枚のカードで使い分けられるのが特徴です。こちらの記事では、Oliveフレキシブルペイのポイント還元率について解説しています。

参考【両持ちが最強】三井住友カード(NL)とOliveカードのどっちを持つべきか?違いを比較しました

ポイントアッププログラムの詳細

三井住友カードNLとOliveフレキシブルペイのクレジットモード(一部はデビットモードも対象)は、ポイントアッププログラムが提供されており、対象店舗でのカード利用時、ポイント還元率が最大20.0%までアップします。

ポイント還元率の内訳は下記の通りです。

【対象店舗でポイント還元率がアップする条件】

ポイントアップの条件 ポイント還元率
・Visaタッチ決済(スマートフォン) 最大+6.5%
・家族ポイント 最大+5.0%(本会員の家族1人につき+1%)
・Vポイントアッププログラム 最大+8.0%
(合計) 20.0%(※通常のポイント還元率0.5%を含む)
出典元:三井住友カード

対象店舗は、コンビニエンスストアや飲食店が登録されています。

ココがポイント

ココがポイント

いつものお買い物でカードを利用するだけで、たくさんのVポイントを貯められるのが三井住友カードNLとOliveフレキシブルペイの強みです。

Vポイントアッププログラム

Vポイントアッププログラムは、SMBCグループ・SBI証券のサービスの利用状況に応じて対象店舗でのポイント還元率に最大+8.0%が適用されるプログラムです。

【Vポイントアッププログラム詳細】

対象サービス ポイント還元率 条件
アプリログイン +1% ・Oliveアカウントを作成する
・月に1回以上三井住友銀行アプリ、またはVpassアプリにログインする
選べる特典 +1% ・Oliveアカウントの選べる特典で「Vポイントアッププログラム+1%」を選択する
SBI証券 最大+2% ・SBI証券口座を作る
・SBI証券Vポイントサービスに登録する
・対象の取引をする
住友生命 最大+2% ・「Vitalityスマート for Vポイント」に加入する
・Vitality健康プログラムを実施する
外貨預金 最大+2% ・Oliveアカウントを作成する
・三井住友銀行で外貨取引を行う
住宅ローン +1% ・Oliveアカウントを作成する
・三井住友銀行で住宅ローンを契約する
SMBCモビット 最大+1% ・Oliveアカウントを作成する
・SMBCモビットの返済口座にOliveアカウントと紐づいた銀行口座を登録して利用する
出典元:三井住友カード

締め日 / 支払い日

三井住友カードNLとOliveフレキシブルペイは、締め日と支払い日は以下の通りです。

「三井住友カードNL」 「Oliveフレキシブルペイ」
締め日 / 支払い日 ・15日締め / 翌月10日払い
・月末締め / 翌月26日払い
※選択・変更ができます
・クレジット:月末締め / 翌月26日払い
・デビット:即時引き落とし
・ポイント払い:即時引き落とし

三井住友カードNLは、締め日と支払い日を選択できることに加え、変更もできます。

ココに注意

ココに注意

一方、Oliveフレキシブルペイの締め日と支払い日は固定であり、支払い方法によっても引き落としのタイミングが異なるため、勘違いしないように注意する必要があります。

参考Oliveと三井住友カードの違いは?|2枚持ちのメリットはある?

家族カード

Oliveフレキシブルペイは、家族カードを発行できないため、家族カードが必要な方は三井住友カードNLに申し込む形になります。

三井住友カードNLの家族カードは、年会費永年無料です。

家族カード申し込み対象

本カード会員と生計を共にする配偶者・満18歳以上の子ども(※高校生は除く)・両親※本カード会員が学生の場合は配偶者のみ
出典元:三井住友カード

引き落とし口座

三井住友カードNLは、引き落とし口座を自由に指定できます。

Oliveフレキシブルペイの引き落とし口座は、三井住友銀行口座のみです。

引き落とし口座に関しては、三井住友カードNLの方が柔軟に対応できるため、各種引き落とし用の口座に三井住友銀行以外の銀行口座を利用している方は、三井住友カードNLへの入会がおすすめです。

ATM手数料の優遇

出典元:三井住友銀行

Oliveフレキシブルペイ会員は、ATM手数料が優遇されるため、ATMを利用する機会の多い方に嬉しい特典です。

ATM手数料の優遇

①三井住友銀行本支店ATMと三菱UFJ銀行店舗外ATMの時間外手数料
②他行あて振込手数料(月3回まで)
③定額自動送金《きちんと振込》手数料
出典元:三井住友銀行

三井住友カードNLにも、条件を満たせばATM手数料が優遇される「SMBCポイントパック」というサービスがあったものの、2023年11月22日にサービスの新規受付が停止になりました。

ATMの手数料は110円〜330円ですが、利用回数が増えれば出費は大きな違いとなります。

ATMの利用頻度が高い方は、Oliveフレキシブルペイへの入会がおすすめです。

参考Olive(オリーブ)と三井住友カードNLの違い!年会費や特典はどっちが良い?

選べる特典

出典元:三井住友銀行

三井住友カードNLとOliveフレキシブルペイの付帯特典の違いとしてあげられるのが「選べる特典」を利用できるかどうかです。

選べる特典とは、Oliveフレキシブルペイ会員が目的に合わせて選択できる特典のことで、毎月1つ、下記の4つの特典の中から任意で選択できます。

同じ特典をそのまま継続することも可能です。

選べる特典

・給与や年金の受け取りで200ポイント
・月末時点の円預金・外貨預金の合計残高が10,000円以上で100ポイント
・コンビニATM手数料月1回無料
・Vポイントアッププログラム還元率+1%
出典元:三井住友カード

アップグレード

Oliveフレキシブルペイは、カードをアップグレードすることはできません。

アップグレードするには、解約と再申し込みが必要です。

    Oliveフレキシブルペイのランクの変更をご希望の場合は、Oliveフレキシブルペイをご解約の上、改めて申込(切替)手続をお願いいたします。
    出典元:三井住友銀行

一方、三井住友カードNLは、アップグレードを申請できるだけでなく、年間100万円(税込)以上のカード利用をすることで、年会費永年無料のまま、三井住友カード ゴールドNLへとアップグレードできます。

出典元:三井住友カード

ココがポイント

ココがポイント

カードにステータスを求める場合、申請や条件達成でアップグレードできるかどうかは、カードを選ぶ上で重要な要素となります。

参考Oliveフレキシブルペイと三井住友カード(NL)の違いを徹底比較!ゴールドカードも!

三井住友カードNLとOliveフレキシブルペイに共通するおすすめポイント

三井住友カードNLとOliveフレキシブルペイの違いに続いて、ここでは共通するおすすめポイントを紹介していきます。

年会費は永年無料

三井住友カードNLとOliveフレキシブルペイは、年会費が永年無料です。

ランク(ステータス)ごとの年会費にも違いはなく、同額に設定されています。

ランク(ステータス) 年会費(税込)
一般 永年無料
ゴールド 5,500円
※年間100万円以上の利用で翌年以降永年無料
プラチナ 33,000円

参考Oliveフレキシブルペイゴールドと三井住友カードゴールド(NL)の違いは?どっち?2枚持ちは?

最高2,000万円の海外旅行傷害保険

三井住友カードNLとOliveフレキシブルペイには、付帯特典として、最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯しており、旅先でのトラブルに備えられます。

海外旅行傷害保険の補償内容に違いはありません。

<海外旅行傷害保険

・傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円
・傷害治療費用 50万円
・疾病治療費用 50万円
・賠償責任 2,000万円
・携行品損害(免責3,000円) 15万円
・救援者費用 100万円
出典元:三井住友カード

海外旅行傷害保険が不要な場合、「選べる無料保険」のなかから違う保険に変更できます。

選べる無料保険

・ゴルフ安心プラン(ゴルファー保険)
・弁護士安心プラン(弁護士保険)
・スマホ安心プラン(動産総合保険)
・日常生活安心プラン(個人賠償責任保険)
・ケガ安心プラン(入院保険(交通事故限定))
・持ち物安心プラン(携行品損害保険)
出典元:三井住友カード

三井住友カードNLとOliveフレキシブルペイはどっちがおすすめ?

三井住友カードNLとOliveフレキシブルペイの違いを解説しました。

それぞれメリット・デメリットがあり、三井住友カードNLとOliveフレキシブルペイのどちらがおすすめかを一概に答えることはできません。

ここでは、「おすすめする人」の特徴について紹介します。

参考Oliveと三井住友カード(NL)の違いは?併用できる?選び方を比較して解説

三井住友カードNLをおすすめする人

三井住友カードNLをおすすめする人

・デビットカードやポイント払いが不要
・家族カードを発行したい
・三井住友銀行以外の口座をメインに利用している
・国際ブランドをMastercard®にしたい
・将来的にカードをアップグレードしたい
・すぐにクレジットカードが必要

三井住友カードNLは、国際ブランドを選べたり、三井住友銀行以外の口座を引き落とし口座に指定できたりと、柔軟に対応できるのがOliveフレキシブルペイとの違いです。

アップグレードにも対応しています。

「家族カード発行」や「Mastercard®の選択」、「三井住友銀行以外の口座から引き落とす」といったことを希望する方は、三井住友カードNLに入会するとよいでしょう。

参考三井住友カード(NL)とOliveの違い:どちらが自分に最適なカード?

「三井住友カードNL」の基本情報

「三井住友カード(NL)」
券面

出典元:三井住友カード

入会資格 満18歳以上の方(高校生は除く)
※20歳未満の方は保護者の同意が必要
国際ブランド Visa、Mastercard®
年会費
(税込)
永年無料
家族カード年会費(税込) 永年無料
利用可能枠 ~100万円
締め日 / 支払い日 ・15日締め / 翌月10日払い
・月末締め / 翌月26日払い
※選択・変更ができます
ポイント還元率 0.5%〜20.0%
海外旅行傷害保険 最高2,000万円

出典元:三井住友カード

Oliveフレキシブルペイをおすすめする人

Oliveフレキシブルペイをおすすめする人

・状況に応じて支払い方法を使い分けたい
・お財布の中身をスッキリさせたい
・資産をアプリで一元管理したい
・Visaのカードを所持していない
・ATMを利用する機会が多い

Oliveフレキシブルペイは、1枚4役のオールインワンカードです。

クレジットカード・デビットカード・ポイント払い・キャッシュカードの機能を搭載しているため、複数のカードを持ち歩く必要はありません。

ココがポイント

ココがポイント

SMBCグループ・SBI証券のサービスをアプリで一元管理できるのも魅力の1つであり、お金の流れや資産状況をスマートに確認できます。

また、ATM手数料が優遇されるのは、Oliveフレキシブルペイ会員ならではのメリットです。

参考三井住友カード(NL)とoliveカードはどちらがオススメですか…?

「Oliveフレキシブルペイ」の基本情報

「Oliveフレキシブルペイ」
券面

出典元:三井住友カード

入会資格 国内在住の個人
※クレジットモードは満18歳以上の方(高校生は除く
国際ブランド Visa
年会費
(税込)
永年無料
利用可能枠 ~100万円
締め日 / 支払い日 ・クレジットモード:月末締め / 翌月26日払い
・デビットモード:即時引き落とし
・ポイント払いモード:即時引き落とし
ポイント還元率 ・クレジットモード:0.5%~20.0%
・デビットモード:0.5%~8.5%
・ポイント払い:0.25%
海外旅行傷害保険 最高2,000万円

出典元:三井住友カード

三井住友カードNLとOliveフレキシブルペイの2枚持ちがおすすめ

おすすめの活用術は、三井住友カードNLとOliveフレキシブルペイを併用することです。

国際ブランドを分けてカードの利用範囲を広げたり、家族カードを発行したりなど、各カードのデメリットを補えます。

カードの利用で付与されるのは「Vポイント」です。

ココがおすすめ

ココがおすすめ

三井住友カードNLとOliveフレキシブルペイを使い分けても、Vポイントを集中して貯めることができます。

参考Oliveフレキシブルペイと三井住友カード(NL)の違いを解説!

よくある質問

三井住友カードNLとOliveフレキシブルペイのよくある質問に回答します。

Q:ETCカードは発行できますか?

三井住友カードNLとOliveフレキシブルペイは、どちらもETCカードを発行できます。

さらに詳しく

さらに詳しく

ETCカードの年会費は、通常550円(税込)ですが、初年度の年会費が無料になることに加え、前年度にETCカードを1回以上利用していれば年会費無料のまま利用できます。

なお、Oliveフレキシブルペイ会員でETCカードを発行できるのは、クレジットモードを利用できる方のみです。

Q:VisaとMastercard®はどっちがおすすめですか?

VisaとMastercard®は、世界シェアが高い国際ブランドであり、初めてのクレジットカードであれば、どちらを選択しても問題ありません。

複数枚のカードを持っている方は、国際ブランドが被らないようにするのが基本です。

合わせて読みたい「Oliveフレキシブルペイ ゴールド」に関する記事 合わせて読みたい「Oliveフレキシブルペイ ゴールド」に関する記事

Oliveフレキシブルペイ ゴールドのメリット・デメリットを解説!特典情報も掲載

SMBCグループとSBI証券の口座・決済・証券・保険をアプリで一元管理できる総合金融モバイルサービス「Olive」とVisaの「フレキシブルペイ」が組み合わさった、オールインワンのゴールドカードです。こちらの記事では、Oliveフレキシブルペイ ゴールドのメリット・デメリットの解説とともに、付帯特典について紹介しています。

まとめ

三井住友カードNLとOliveフレキシブルペイのような共通項があるカードを検討する際は、比較しながら違いを把握することが大切です。

違いを把握することで、より目的に合ったカードが分かります。

カードを申し込む際は、入会キャンペーンのチェックがおすすめで、ポイントやキャッシュバックがもらえるなど、お得にカードを発行できます。

※本記事の内容は、2024年1月現在の情報です。

合わせて読みたい「初心者向けおすすめクレジットカード」関連記事 合わせて読みたい「初心者向けおすすめクレジットカード」関連記事

初心者向けおすすめクレジットカード8選|初心者でも失敗しない選び方

クレジットカードを初めて持とうとする時にどのクレジットカードがおすすめなのか?と悩む人も多いでしょう。そこで初心者向けにおすすめのクレジットカードを厳選して紹介。初心者でも失敗しない選び方とは
page top