プロが解説!暮らしの知っトク情報NAVI カンテレ 2024年4月17日更新

  • TOP
  • ゴールドカード
  • アメックスプラチナの還元率は?ポイント・マイルを貯める方法を徹底解説

カテゴリーゴールドカード

アメックスプラチナの還元率は?ポイント・マイルを貯める方法を徹底解説

アップロード日2024/03/29

この記事を書いた人「クレカマイスターASO」

[PR]

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード®(以下、アメックスプラチナ)は、数あるクレジットカードの中でもトップクラスのステータスを誇るカードです。

ステータスの高さにふさわしい豪華な特典は、ユーザーから高い評価を得ていますが、ポイントやマイルの還元率に物足りなさを感じているユーザーも少なくありません。

本記事では、アメックスプラチナの還元率の仕組みを分かりやすく解説します。
ポイントとマイルを効率よく貯める方法についても詳しくまとめました。

【アメックスプラチナのスペック】

デザイン
入会資格 ・満20歳以上
・安定継続収入を得ている
※学生 / パート / アルバイトは申し込み不可
国際ブランド American Express®
年会費
(税込)
165,000円
家族カード
年会費(税込)
4枚まで無料
利用可能枠 一律の制限なし
ポイント還元率 0.5%~10.0%
海外旅行傷害保険 最高1億円
国内旅行傷害保険 最高1億円
ショッピング保険 年間最高500万円まで
※免責金額:1事故につき10,000円
ETCカード年会費(税込) 無料
※発行手数料:935円
その他の追加カード電子マネー ・Apple Pay
・QUICPay™

出典元:American Express

おすすめポイント

・希少なメタル製カード
・最高1億円の海外旅行傷害保険が付帯
・プライオリティ・パスの最上位プランに無料で入会できる
・ホテルの上級資格を無条件で付与
・豪華なレストラン特典を利用できる
・利用可能枠に一律の制限なし(個別設定)

アメックスプラチナのポイント・マイル還元率の基本知識

ポイント還元率は基本0.5%|100円につき1ポイント還元

アメックスプラチナは、ポイント還元率にすると0.5%であり、カード利用金額100円につき1ポイント還元されます。

ただし、以下の利用については、ポイント還元率が2分の1、もしくはポイント加算対象外になるため、注意が必要です。

ポイントやマイルを貯めたい方は把握しておくとよいでしょう。

該当するカード利用例
・200円=1ポイント ・公共料金の支払い(電気 / ガス / 水道)
・税金の支払い
・公金の支払い(国民健康保険料 / 特許申請料など)
・一部決済手段(Amazon Pay / au PAY 残高など)
・病院での利用
・郵便窓口 / Webゆうびんの利用
・ポイント加算対象外 ・NHK受信料
・電子マネーの利用 / チャージ
・寄付団体への寄付 / 募金
・カード年会費
・分割払い / リボルビング払い手数料
・カード再発行手数料
出典元:American Express

マイル還元率は0.3%~0.5%|航空会社によって変動

アメックスプラチナのポイントは、マイルに移行可能であり、移行レートは航空会社によって違います。

ポイント交換先 通常の交換レート
・ANAマイル 2,000ポイント=1,000マイル
・JALマイル 3,000ポイント=1,000マイル
・提携航空会社のマイル 2,000ポイント=1,000マイル
出典元:American Express

マイル還元率は、おおよそ0.3%〜0.5%程です。

どの航空会社のマイルにポイントを移行するかによって、獲得できるマイルが変わります。

参考アメックス・プラチナ | 【2024年】これで納得できる。人気のおすすめクレジットカード20選をランキングで徹底比較

アメックスプラチナのポイント還元率・マイル還元率をアップさせる2つの方法

アメックスプラチナの還元率をアップする方法は、以下の2つです。

還元率をアップさせる方法

オプションのポイント優遇プログラムに登録したり、ポイント優待対象店でカードを利用したりすることで、アメックスプラチナの還元率は大幅にアップします。

参考アメックスプラチナのANAマイル還元率と移行手順。上限など注意点

メンバーシップ・リワード・プラスに登録する

対象店舗・海外利用でポイント還元率が3倍になる

アメックスプラチナは、本来なら年間参加費3,300円(税込)がかかる「メンバーシップ・リワード・プラス」に無料で登録できます。

「メンバーシップ・リワード・プラス」とは?

メンバーシップ・リワード®のポイントが貯めやすくなるオプションサービスです。 登録することで、対象店でのカード利用でポイント還元率が3倍になる、ポイントの移行 / 交換レートがアップするといったメリットを得られます。

メンバーシップ・リワード・プラスに登録した会員限定のプログラム「対象加盟店ボーナスポイントプログラム」に加え、アメックスプラチナ会員は「海外利用ボーナスポイントプログラム」にも無料で登録可能です。

オプションプログラムに登録することで、ポイント還元率が3倍にアップします。

「対象加盟店ボーナスポイントプログラム」対象店の一例

Amazon.co.jp/Yahoo! JAPAN/Uber Eats/iTunes Store/App Store/JAL
出典元:American Express

ANAマイルとポイントを1:1で交換できるようになる

メンバーシップ・リワード・プラスへの登録は、ポイントの移行 / 交換レートが大幅にアップするのもメリットの1つです。

ANAマイルへの移行であれば、ポイントと1:1での交換ができるようになります。

ポイント交換先 メンバーシップ・リワード・プラス未登録 メンバーシップ・リワード・プラス登録
・ANAマイル 2,000ポイント=1,000マイル 2,000ポイント=2,000マイル
・JALマイル 3,000ポイント=1,000マイル 2,500ポイント=1,000マイル
・提携航空会社のマイル 2,000ポイント=1,000マイル 1,250ポイント=1,000マイル
出典元:American Express

アメックスプラチナのマイル還元率は、基本0.3%〜0.5%です。

メンバーシップ・リワード・プラスに登録することで、マイル還元率は最大1.0%(※ANAマイルへの移行の場合)までアップします。

ココがポイント

ココがポイント

なお、本来ならANAマイルへの移行には、別途年間参加費5,500円(税込)~6,600円(税込)の「メンバーシップ・リワード・プラス ANAコース」への登録が必要なところ、アメックスプラチナは年間参加費無料でポイントをANAマイルに移行できます。

合わせて読みたい「「ANAマイルが貯まる最強クレジットカード」関連記事 合わせて読みたい「ANAマイルが貯まる最強クレジットカード」関連記事

【最強はどれ?】ANAマイルが貯まるおすすめのクレジットカード16枚を徹底比較!

クレジットカードはそれぞれ特徴が異なるので、1枚ずつ見比べることが大切です。この記事では、ANAマイルを貯めたい人にとって最強のクレジットカードを紹介しています。

ボーナスポイント・パートナーズでカードを利用する

ボーナスポイント・パートナーズとは、ポイント優遇対象店のことです。

アメックスプラチナをボーナスポイント・パートナーズで利用すると、ポイント還元率が2倍〜10倍にアップします。

ボーナスポイント・パートナーズは、約680店舗が加盟しており、さまざまなジャンルの店舗でポイントの優遇が受けられます。

参考アメックス・プラチナはこうやって年会費の元を取る!デメリットもあるが実用的でメリットの高い1枚

アメックスプラチナを所持する7つのメリット

アメックスプラチナを所持することで、さまざまなメリットを得られます。

とくに注目したいのが以下の7つのメリットです。

メリット

  • メタル製カードでステータスの高さをアピールできる
  • 家族カードを4枚まで無料で発行できる
  • 2名以上のコース料理の予約で1名分のコース料理代が無料になる
  • プライオリティ・パスのプレステージ会員になれる
  • 海外から通話料無料で日本語のサポートが受けられる
  • コンシェルジュが要望に応えてくれる
  • ホテルの上級会員資格が無条件で付与される

ここでは、アメックスプラチナを所持すると、どのようなメリットを得られるのかについて紹介していきます。

合わせて読みたい「アメックスプラチナのインビテーション」に関する記事 合わせて読みたい「アメックスプラチナのインビテーション」に関する記事

アメックスプラチナのインビテーションが届く条件とは?審査通過のポイントを解説!

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード®(以下、アメックスプラチナ)の発行方法はインビテーションとWEB申し込みの2つがあります。この記事では、アメックスプラチナのインビテーションと審査に通過するポイントについて解説しています。

メタル製カードでステータスの高さをアピールできる

メタル製のカードは希少であり、ハイステータスな一部のカードにのみ採用されています。

アメックスプラチナは、数少ないメタル製カードのうちの1枚です。

アメックスプラチナを利用することで、周囲に社会的・経済的な信用をアピールできます。

年会費無料でプラスチックカードも発行できる

メタル製カードは、「一部の端末機で読み込めない」「目立ちやすい」のがデメリットです。

会計時にアメックスプラチナを利用できなかったり、メタルカードよりも一般的なプラスチックカードが好まれたりすることは少なくありません。

アメックスプラチナでは、プラスチック製のセカンドカード「セカンド・プラチナ・カード」を発行するサービスを提供しています。

出典元:American Express

セカンド・プラチナ・カードは、発行手数料 / 年会費ともに無料で発行されます。

ココがポイント

ココがポイント

カード番号はメタルカードとプラスチックカードで異なり、利用明細もカード別に記載されるため、カードを使い分けやすいのが特徴です。

参考アメックスプラチナに“年会費16万5000円”の価値はあるのかを検証! ホテルやレストランで使える付帯特典や豊富な付帯保険、還元率などのメリットを検証!

家族カードを4枚まで無料で発行できる

アメックスプラチナは、家族カードを4枚まで年会費無料で発行できます。

【アメックスプラチナ 家族カード詳細】

入会資格 ・基本カード会員の配偶者(※)
・両親・18歳以上の子ども
(※)生計を同一にする別姓・同性パートナーも可
年会費 無料
発行枚数 4枚まで

出典元:American ExpressPriority Pass

仮に4枚の家族カードと基本カードの合計5枚のアメックスプラチナを発行している場合、1枚あたりの年会費は33,000円(税込)です。

業界トップクラスの充実した特典の数々をリーズナブルな料金で利用できます。

2名以上のコース料理の予約で1名分のコース料理代が無料になる

「2 for 1ダイニング by招待日和」は、アメックスプラチナ会員に人気の特典です。

「2 for 1ダイニング by招待日和」とは?

日本・ハワイ・シンガポール・台湾にある約250のレストランで所定のコースを大人2名以上で予約すると、1名分のコース料理代が無料になる特典です。

同一レストランの利用は、A期間(4月1日~9月30日)とB期間(10月1日~3月31日)に1度ずつというルールはあるものの、2 for 1ダイニング by招待日和に利用制限はありません。

外食する機会が多い方が2 for 1ダイニング by招待日和を利用すれば、アメックスプラチナの年会費の元を取ることもできます。

参考アメックス・プラチナの4つのメリット 年会費以上の価値はあるのか?審査年収や特典、還元率など徹底解説

プライオリティ・パスのプレステージ会員になれる

世界にある1,500ヵ所以上の空港ラウンジやエクスペリエンスを利用できる「プライオリティ・パス」は、旅行や出張に大活躍する会員制のサービスです。

アメックスプラチナ会員なら、最上位プランのプレステージに無料で入会できます。

【プライオリティ・パス「プレステージ」詳細】

年会費 通常:469米ドル(≒約70,000円)
アメックスプラチナ基本カード会員:無料
アメックスプラチナ家族カード会員:無料
無料利用回数 無制限
同伴者利用料金 1名:無料
2名以降:1名につき35米ドル

出典元:American ExpressPriority Pass

アメックスプラチナ会員なら、プライオリティ・パスの空港ラウンジに加え、会員限定のセンチュリオン・ラウンジをはじめ、プライオリティ・パスでは利用できない提携空港の空港ラウンジを利用できる特典が付帯しています。

海外から通話料無料で日本語のサポートが受けられる

海外でのレストランや観光施設の紹介といった旅行サポートから、ケガ・病気をはじめとするトラブルの対応まで、24時間日本語で対応してくれる「プラチナ・カード・アシスト」を利用できるのも、アメックスプラチナを所持するメリットです。

ほとんどの国から通話料無料で専門スタッフと連絡が取れます。

プラチナ・カード・アシストは、海外に不慣れな方ほど、心強いサービスです。

コンシェルジュが要望に応えてくれる

アメックスプラチナのコンシェルジュサービス「プラチナ・コンシェルジェ・デスク」は、24時間365日、さまざまな要望に対応してくれます。

コンシェルジュの親切な対応や質の高さは、ユーザーからも評判です。

プラチナ・コンシェルジェ・デスクには、具体的なサービスの線引きがありません。

プラチナ・コンシェルジェ・デスクの対応例

・予算にあった旅行プランやレストランの提案 / 予約
・急な出張の際の飛行機の代行予約
・希望に合ったギフトの選定と配送手続き
・日本未発売商品の購入と配送
・文化財にある非公開エリアの特別拝観の手配
・入手困難なチケットの取得

プラチナ・コンシェルジェ・デスクは、ハイステータスなアメックスプラチナのコンシェルジュとして十分な対応をしてくれます。

ホテルの上級会員資格が無条件で付与される

ホテルの上級会員資格は、通常であれば、年間数十泊の宿泊実績などが必要です。

しかし、アメックスプラチナ会員であれば、宿泊したことがなくても、以下のホテルの上級会員資格が無条件で付与されます。

ホテル 付与される資格
ヒルトン ヒルトン・オナーズ ゴールド ステータス
Marriott Bonvoy® Marriott Bonvoy® ゴールドエリート会員
Radisson Hotel Group Radisson Rewards™ Premium ステータス
プリンスホテルズ&リゾーツ プリンスステータスサービス プラチナメンバー

出典元:American Express

上級会員資格があれば、レイトチェックアウトや部屋の無料アップデート、朝食サービスなど、特別な優待サービスを受けられます。

合わせて読みたい「アメックスビジネスプラチナ」に関する記事 合わせて読みたい「アメックスビジネスプラチナ」に関する記事

アメックスビジネスプラチナの豪華な特典を徹底解説!アメックスビジネスプラチナの基本情報と口コミも紹介

アメックスビジネスプラチナは、直接申し込めるアメックスカードの中で最上位のステータスを誇るプラチナランクの法人向けカードです。この記事では、アメックスビジネスプラチナの基本情報を紹介するとともに、他社カードとの比較を交えながらアメックスビジネスプラチナの魅力について解説しています。
合わせて読みたい「アメックスビジネスゴールドと個人カードの違い」に関する記事 合わせて読みたい「アメックスビジネスゴールドと個人カードの違い」に関する記事

アメックスゴールド ビジネスカードと個人カードの違いは?比較しながら選び方を解説

アメックスゴールドには、ビジネスカードと個人カードの2枚があります。この記事ではアメックスゴールドのビジネスカードと個人カードの違いについて解説しています。

参考【アメックス・ゴールドとアメックス・プラチナを完全比較】年会費以上の特典が付帯するステータスカードを徹底解説!

まとめ

アメックスプラチナは、基本のポイント還元率が低いです。

しかし、メンバーシップ・リワード・プラスに登録すれば、ポイント還元率が最大10.0%になるだけでなく、ANAマイルとポイントを1:1で交換もできます。

メンバーシップ・リワード・プラスには別途登録が必要ですが、無料で登録できることを知っていれば、アメックスプラチナのデメリットであるポイント還元率の低さを解消出来るでしょう。

合わせて読みたい「アメックスプラチナ」に関する記事 合わせて読みたい「アメックスプラチナ」に関する記事

アメックスプラチナのメリットや年会費、審査通過の年収目安などを解説!入会キャンペーン情報も

アメリカン・エキスプレスのプラチナ・カード®(以下、アメックスプラチナ)は、ステータス性とラグジュアリーな特典が魅力のクレジットカードです。この記事では、アメックスプラチナの特典やメリット / デメリットを、他社のクレジットカードとの比較を交えて解説しています。
合わせて読みたい「アメックスゴールドとアメックスプラチナの違い」に関する記事 合わせて読みたい「アメックスゴールドとアメックスプラチナの違い」に関する記事

アメックスゴールドとアメックスプラチナの違いを徹底比較!それぞれの特徴を分かりやすく解説

アメックスゴールドとアメックスプラチナは、ともにステータスの高いクレジットカードとして人気です。この記事では、アメックスゴールドとアメックスプラチナのどちらに入会するか迷っている方に向けて、それぞれのカードを徹底比較しています。
page top