競馬BEAT

杉本清の夢の一頭

ご意見番・杉本清の先週のレース報告(言いたい放題)と今週のレース予想(ささやき)。

2018年7月13日

清の言いたい放題

キタサンブラックが引退したあと、話題が少なくなっていた中央競馬。ところが先週、大きな話題が持ち上がった。障害王のオジュウチョウサンが平地に出走宣言。そしてその通り7日(土)の福島競馬9レース開成山特別(500万下)に出走した。
実は3日(火)に雑誌「優駿」の対談400回記念でゲストにむかえた武豊騎手から「面白いですよ」のコメントをもらっていた。
6日(金)にグリーンチャンネルのゲートJの収録があり、なんとか7日の開成山特別に合うようにと、折りからの天候不良で新幹線のダイヤが乱れる中、なんとか8時台に乗ることが出来、間に合った。
こと、競馬となったら必死だ(笑)。我ながらあきれてしまう。
注目のスタートは一番、流石ユタカ騎手、その後、来る馬がいて2番手〜3番手に下がり流れのままリズム良く直線へ。直線に向くや早目スパートで先頭、スタミナは言うことなし、そのまま力強く伸び2着に3馬身差の圧勝劇を見せつけた。
4年8ヵ月振りの平地初勝利で障害GI 5勝を含む連勝を10に伸ばした。
これまで、オグリキャップといいディープインパクトといい、又、キタサンブラックといい、節目節目に武豊騎手、半端ない男だ。勝利で大興奮のオーナーは武豊騎手で有馬記念へとブチ上げた。ただ、出走が可能かどうかだ。登録馬がフルゲートに満たなければOK。そして、もうひとつのチャンスが…。
それはファン投票のレースだけに10位までに入れば出走可能だ。福島競馬場の入場人員は雨にもかかわらず前年比138.3%。開成山特別の売り上げは前年比195.6%を記録したのをみればファン投票10位以内は充分可能だ。障害は次走も平地競争をステップに有馬記念挑戦を目指すという。
有馬記念の前日が中山大障害だからこれは本気だ。ステップレースで更に勝てば盛り上がること間違いなし。ファンは投票する。かつて、オーナーに「チョウサン」の名前から「巨人ファンですか」と聞いたことがあったが、「長山」という自分の姓からだと(笑)。
しかし、大学時代は法政大学の野球部で神宮球場の地を踏んでいる。
最初は一口会員で、ステイゴールドやサッカーボーイの権利を持っていたというから強運だ。
オジュウチョウサンもステイゴールドの子供。7歳だが、奥手の血統だけにまだまだ元気だ。キタサンブラックについで今年も又、暮の中山競馬場が大盛り上がりとなるか。
“夢”にむかって頑張れチョウサン!

携帯・スマホでのアクセスのご案内

スマホでのアクセスのご案内(スマホDEカンテレ)

関西テレビ ページトップへ戻る