番組紹介

この番組は、日本各地にある道の歴史を紹介します。
その道に隠された先人達の想い、守られ続けている伝統、受け継がれてきた技、そこには後世に伝えたい轍物語があります。
  • 道先案内人

    仲村トオル

    道先案内人:中村トオル

6月18日(火)

第426回 魚屋道「~有馬の食文化を伝える道~」

魚屋道—ととやみち

魚屋道
魚屋道
兵庫県・神戸市有馬を通る魚屋道。
この地で初夏に収穫を迎える有馬山椒は、六甲山に自生する品種です。
有馬には、その山椒の実を使った郷土料理が残されています。
魚屋道、そこには【伝統の食文化を今に伝える轍】がありました。

紹介した内容

有馬山椒—ありまさんしょう
有馬山椒は六甲山系に自生するヤマサンショウです。
柑橘系の香りと、口に入れた時の強い辛味が特徴で鎌倉時代から評判を得てきたといいます。
有馬山椒
有馬山椒

道の記憶 伝統の食文化

有馬煮—ありまに
有馬山椒の実を昆布などの食材に加え、醤油や砂糖で味付けをし、じっくりと炊いた郷土料理です。
甘辛い味付けは、古くからご飯のお供として親しまれてきました。
有馬煮
有馬煮