日本の轍

毎週火曜 午後9:54~10:00

※8月27日(火)の放送は、
「2019世界柔道選手権 男子73kg級 女子57kg級」
延長の際、放送時間が繰り下がる場合があります。

番組紹介

この番組は、日本各地にある道の歴史を紹介します。
その道に隠された先人達の想い、守られ続けている伝統、受け継がれてきた技、そこには後世に伝えたい轍物語があります。

道先案内人:中村トオル

道先案内人

仲村トオル

8月20日(火)

第176回「京街道~語り継がれる伝説~」

京街道—きょうかいどう

京街道

京街道

大阪府を通る京街道。
今からおよそ500年前、この街道が通る出口地区を訪れた蓮如上人。
街道近くに建つ寺には蓮如上人にまつわる、ある伝説が残っています。
京街道、そこにはいにしえから語り継がれる伝説の轍がありました。

紹介した内容

蓮如—れんにょ

蓮如は室町時代に浄土真宗を民衆に広めた高僧として知られます。
京街道沿いには蓮如が腰を掛けたという「蓮如上人の腰掛け石」が残り、蓮如はそこに座り村人たちに法を説いたといいます。

蓮如

蓮如上人の腰掛け石

いにしえの伝説

蓮如が開いたとされる光善寺には、龍女伝説が残ります。
その昔、近くの池に住んでいた大蛇が女に姿を変え毎晩蓮如の教えに耳を傾けていました。ある日その大蛇が蓮如に「ありがたい説法のおかげで罪深い自分が成仏できます」と告げ、境内の「サイカチの木」を伝い天に昇ったといいます。

龍女伝説

サイカチの木

関西テレビ ページトップへ戻る