競馬BEAT

杉本清の夢の一頭

ご意見番・杉本清の先週のレース報告(言いたい放題)と今週のレース予想(ささやき)。

2018年10月12日

清の言いたい放題

先週は何といっても凱旋門賞でした。
「世界のカベは厚い!」レース後のクリンチャーの宮本調教師から、耳にタコが出来るくらいのお馴染みのコメントが聞かれました。勝ったのは圧倒的人気にこたえてデットーリ騎手のエネイブルで昨年についで連覇。ただ、今年は中間、思い通りにはいかず、陣営としてはかなり苦労したようですが、それでも勝ちきるあたり、並の牝馬ではありません。「いいところについてたな、流石!」道中、クリンチャーの外、4、5番手にいるエネイブルを見てそう思ったと言っていた武豊騎手。そのままの形で直線向いたところ、あと300m地点でエネイブルがスパートしたのに対し、クリンチャーはついていけず馬群に飲み込まれてしまいました(17着)。一方のエネイブルはそのまま突っ走り身上の末脚を発揮して物凄い脚で突っ込んできた3歳牝馬シーオブクラスを短クビで振りきりました。この1、2着の牝馬強しですが勝ったエネイブルはもちろん、2着にきたシーオブクラスの強いこと、やはり凱旋門賞は牝3歳馬が狙い目になります。クリンチャーは17着に敗れましたが、とやかく言うより、とにかく参加し続けることが大切で“いずれは…”の時がくるでしょう。そのいずれは、いつかですが個人的なことを言わせてもらうなら、早いうちに、ということです。3年振りに画面を通して見たパリロンシャン競馬場はやはり雰囲気がありどうにも、もう一度現場への気にさせられました。来年も、ぜひ日本馬の挑戦を期待したいものです。
そういう意味からも、国内の2歳牝馬は揃っていて特に注目。日曜日、東京2レースで勝ち上がったスイープトウショウの子(父ハーツクライ)スイープセレタリス(藤沢和雄厩舎)などは注目の一頭です。国内の方は毎日王冠をしっかりと逃げきったアエロリットは天皇賞でなく、マイルCSへ行く予定とか。エリザベス女王杯で京都大賞典で2着にきたレッドジェノヴァと顔を合わせてもらいたかったです。その京都大賞典はサトノダイヤモンドが見事に返り咲き安心させました。ジャパンカップで更に体調アップしてくるでしょう。日本の競馬も面白い!

携帯・スマホでのアクセスのご案内

スマホでのアクセスのご案内(スマホDEカンテレ)

関西テレビ ページトップへ戻る