ママアナ 関 純子がゆく

1月のカンテレ通信

2020.01.10

皆様お正月はいかがお過ごしでしたか?うちは数年ぶりに家族で粟津温泉

へ行ってきました。那谷寺が良かったですよ。

ようやく日常のペースにも慣れてきました。

さて、19日日曜朝6時30分からの「カンテレ通信」では、カンテレドラマ「大阪環状線」の舞台化のお話をとりあげています。

ドラマを何本も作っている木村弥寿彦監督は舞台の演出は初めてということで、「1カ月の稽古?」「(役者さんに)ダメ出しをそんなに求められても・・」などの戸惑いに関西の劇作家・演出家の代表でもあるわかぎゑふさんからのアドバイスなど、やりとりが面白いです、是非ごらんください!

また、26日放送分では、第67回中学生人権作文コンテストを取り上げています。スタジオに大阪府人権擁護委員連合会の玄番充子会長をお迎えし、大阪が発祥であることや、約70年の歴史のある中学生の人権作文コンテストについてお話をいただきました。

 

中学生の意見、疑問や考えていることがしっかりとした言葉で表現されていて、読んでいて目頭が熱くなったり、はっとさせられることが多かったです。

命、障がい者や加害者の家族、差別、いじめ、性のアイデンティティーなど様々な視点の作品が集まっています。入賞作品14編をカンテレHPから読むことができます。

カンテレHPの下部にある「カンテレのCSR活動」→右下「よりよい社会をつくる活動」→「社会貢献活動ー最新の活動」→人権のイベント報告の中にある青字≪最優秀賞6編と優秀賞8編はこちら≫をクリックして、どうぞ読んでみてください。

↓コンテストの司会をした時に、「人KENまもる君」と「人KENあゆみちゃん」と一緒に写真を撮ってもらいました!! 

 

関西テレビ ページトップへ戻る