ママアナ 関 純子がゆく

歌広場淳のミュージカル広場 
~アナスタシアとリトル・ショップ・オブ・ホラーズ~

2020.03.18

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんがミュージカルの魅力を解説してくださる「ミュージカル広場」第5弾のお知らせです。

今回は、大ヒットしたアニメ映画に着想を得て作られたブロードウェイミュージカル「アナスタシア」の魅力をたっぷりご紹介!!素晴らしい音楽と高精細LEDスクリーンを生かした演出が凝っていて、ロシアやパリの物語の世界が広がります!!

そして、刺激的カルトミュージカル「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」は、ホラーでありながらコメディーの要素もあり、歌広場さんの解釈するメッセージが深いんです!!この黒縁メガネもお似合いですね。

この作品は、音楽の担当が「リトルマーメイド」「美女と野獣」「アラジン」を手がけたアラン・メンケンなので、どの曲も抜群に良くてびっくりです!! 

「ゴールデンボンバー・歌広場淳のミュージカル広場」は、3月22日(日)朝5時15分~5時45分までです。

そして同じ日の朝6時30分からは「カンテレ通信」。

今回は後半で、カンテレ出前授業を取り上げます。

藤本景子アナウンサーが出前授業に行った樟蔭高校の川浪隆之先生をスタジオにお迎えして、藤本アナが一人の女性として「働く」ということをリアルに生徒さんたちに語った授業の様子をお話いただきました。

川浪先生の考えた造語「キャリア」と「リアル」を合体させた言葉「キャリアリティ」がテーマの授業で、生徒さんたちに反響が大きく、とても貴重な機会だったそうで、私も聞きたいくらいでした。 

事後報告になってしまいましたが、15日のカンテレ通信では、マラソン実況の裏側を取り上げました。大阪国際女子マラソンの第一中継車に乗って実況した石田一洋アナウンサーに密着して、準備から本番までの様子を紹介しました。石田アナの苦労や熱い思いがよく伝わりました。裏側を知るとスポーツ番組の視点が多角的になり、興味も増しますね!

関西テレビ ページトップへ戻る