9月28日(水)<10月1日(土)再放送>

藤本景子アナンサー、杉本アナ、兵動大樹(矢野・兵動)、中山優馬
杉本アナ、兵動大樹(矢野・兵動)
中山優馬、桜 稲垣早希
conSept Musical Drama#7『SERI~ひとつのいのち』
今回のピーチケパーチケは、10月7日(金)から京都市京セラ美術館で開催される『サンリオ展』の福岡会場をカンテレきってのサンリオ好き・杉本なつみアナ、そして谷元星奈アナが一足早くリポート!歴代の人気キャラクターがずらりと並ぶスペースや、杉本アナも子どもの頃に愛読していた「いちご新聞」のコーナーなど、性別・年代問わずに楽しめる見どころをたっぷりお届け!また、17年ぶりに上演されるミュージカル『シンデレラストーリー』では、「桜 稲垣早希の自由研究」のコーナーで、バラエティー豊かなキャスト陣をご紹介!さらに、W主演を務める水嶋凜の独占インタビューでは、実際に作品を観に来てくれたという母親・斉藤由貴とのマル秘エピソードを激白!実話をもとに家族の愛を描くミュージカル『SERI~ひとつのいのち』では、稽古場にピーチケカメラが独占潜入!山口乃々華&奥村佳恵&和田琢磨の主演3名からSPメッセージも!ひょピックスコーナーでは、『私立恵比寿中学』&『ザ・リーサルウェポンズ』から独占メッセージが到着!

出演者

兵動大樹(矢野・兵動)
桜 稲垣早希
中山優馬
藤本景子(関西テレビアナウンサー)
兵動大樹(矢野・兵動)
桜 稲垣早希
中山優馬
藤本景子アナンサー

紹介予定のイベント

『サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史』

  • 『サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史』
    『サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史』
    『サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史』
  • 10月7日(金)~12月11日(日)
    京都市京セラ美術館

    ついに、京都で開催!!2020年に創業60年を迎えた株式会社サンリオは日本が世界に誇るキャラクター文化の先駆者として広く知られています。ハローキティやマイメロディなど、450以上のキャラクターを生み出してきたその歴史は今や世界の共通語ともいえる「カワイイ」文化の歴史そのものといっても過言ではありません。本展では創業当時からのグッズや印刷物、映像によってサンリオの歩みをたどります。さらに、ファンとのコミュニケーションを大切にしながらキャラクターを成長発展させていく独特のスタイルにも注目し、時代を超えて愛され続けるサンリオキャラクターの秘密に迫ります。子どもから大人まで、3世代で楽しめるサンリオ史上最大規模の展覧会です。

ミュージカル「シンデレラストーリー」※番組内予約有り

  • ミュージカル「シンデレラストーリー」
  • 2022年10月7日(金)~10日(月・祝)
    梅田芸術劇場 メインホール

    2003年誕生の“伝説のミュージカル”が17年ぶりに上演!個性豊かなキャストが集結し、異色の配役と共に公演詳細が決定!「魔法が解けたのに、ガラスの靴だけはそのままだったのはなぜ?」「家事ばかりしていたシンデレラが、華麗なダンスを踊れたのはどうして?」など、『シンデレラ』のストーリーには、気になることがたくさん。そんな、リアルに考えると避けては通れない問題に回答していくのがミュージカル「シンデレラストーリー」。本作は、『シンデレラ』を子供から大人まで楽しめるようにと鴻上尚史が書き下ろし、2003年にシンデレラ役・大塚千弘、王子役・井上芳雄のコンビで初上演!2005年には王子役・浦井健治で再演され、今回17年ぶりに再演が決定!

conSept Musical Drama#7『SERI~ひとつのいのち』※番組内予約有り

  • conSept Musical Drama#7『SERI~ひとつのいのち』
  • 東京:10月6日(木)~ 16日(日)博品館劇場
    大阪:10月22日(土) ~ 23日(日)松下IMPホール

    “君には、どんな世界が見えてるの?” 目が見えず、話すこともできない少女「千璃(セリ)」を巡る実話を高橋亜子(脚本)×桑原まこ(作曲)の初コンビでミュージカル化!「多様性」の暗闇に光を当てるconSept新作ミュージカルは、「ひとつのいのち」に贈る、愛と祝福の物語!主演3人の一人目は、ミュージカル初主演でタイトルロールの千璃役・山口乃々華。振付も担当する下司との二人三脚で、目が見えず話すこともできない千璃を、得意とする身体能力を最大限に活かしどう表現するのか期待が膨らむ。その千璃の母・美香を演じるのは蜷川幸雄氏に見出され最近では『LUNGS』で好評を得たことが記憶に新しい奥村佳恵。千璃とともに変化していく繊細な女性をどう作り上げるのか楽しみだ。また女性二人を支える父・丈晴役には主に2.5次元作品で活躍する和田琢磨が、自身初となるオリジナルミュージカルに挑む。その柔らかな声が作り上げる千璃の父親像に期待が高まる。

注目のエンタメニュースをお届け!『ひょピックス』

  • 注目のエンタメニュースをお届けするコーナー『ひょピックス』!今週は、『私立恵比寿中学』&『ザ・リーサルウェポンズ』から独占メッセージが到着!

    ひょピックス
    ひょピックス
    ひょピックス
    ひょピックス
    ひょピックス
    ひょピックス

ブロードウェイミュージカル「キンキーブーツ」※先行予約有り

  • 11月10日(木)~ 20日(日)
    オリックス劇場

    2016年、2019年日本中を熱狂の渦に巻き込んだブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』。2022年秋、3度目の上演決定!!
    イギリスの田舎町ノーサンプトンの老舗の靴工場「プライス&サン」の4代目として産まれたチャーリー・プライス(小池徹平)。彼は父親の意向に反してフィアンセのニコラ(玉置成実)とともにロンドンで生活する道を選ぶが、その矢先父親が急死、工場を継ぐことになってしまう。工場を継いだチャーリーは、実は経営難に陥って倒産寸前であることを知り、幼い頃から知っている従業員たちを解雇しなければならず、途方に暮れる。従業員のひとり、ローレン(ソニン)に倒産を待つだけでなく、新しい市場を開発するべきだとハッパをかけられたチャーリーは、ロンドンで出会ったドラァグクイーンのローラ(城田優)にヒントを得て、危険でセクシーなドラァグクイーンのためのブーツ“キンキーブーツ”をつくる決意をする。チャーリーはローラを靴工場の専属デザイナーに迎え、ふたりは試作を重ねる。型破りなローラと保守的な田舎の靴工場の従業員たちとの軋轢の中、チャーリーはミラノの見本市にキンキーブーツを出して工場の命運を賭けることを決意するが…!

『関西おいも万博2022秋』

  • 11月3日(木・祝)~6日(日)
    カンテレ扇町スクエアイベントスペース(関西テレビ放送1階)

    全国のさつまいもグルメ&スイーツが大集合!「関西おいも万博」初の“秋”開催決定!!
    あつあつの湯気!美しい黄金色!ホクホク、ねっとり!甘さがたまらない!さつまいも好きが存分に満喫できる「関西おいも万博」が、好評につきこの秋、3回目の開催が決定しました!様々な品種の焼きいもの食べ比べや、進化するさつまいもグルメ&スイーツを一挙に集め、全国各地から選りすぐりの人気店が集結します。

『アリス- へんてこりん、へんてこりんな世界 -』

  • 2022年12月10日(土)~2023年3月5日(日)
    あべのハルカス美術館

    へんてこりんな世界へようこそ!『不思議の国のアリス』は、ルイス・キャロルが知人の娘アリス・リドゥルとその姉妹のために即興で創作したお話がもとになり、1865年に誕生しました。それ以来、ルイス・キャロルが紡ぎだした幻想的な世界と、ジョン・テニエルの挿絵が呼応した物語は、現在に至るまで人々の想像力を刺激し、児童文学の世界に留まらず、美術・映画・舞台・ファッションなどあらゆる分野のアーティストたちにも影響を与え続けています。2021年、英国のヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)で、「アリス」の文化現象をたどる初の大規模展が開催されました。V&A発の世界巡回となる本展では、日本展オリジナルの作品を新たに加え、「アリス」の原点から今日に至るまでの歩みを、約300点の作品や映像演出により紹介します。約160年の時を経てもなお色褪せることのない『不思議の国のアリス』の魅力と、新たな創造の世界を是非会場でお楽しみください。