カンテレ通信

第3・第4日曜 午前5:30~6:00

原則、毎月 第3・第4日曜の2回(5週月は第3・第4・第5日曜の3回)

出演者

【コメンテーター】
影山貴彦(同志社女子大学 学芸学部 メディア創造学科教授)
わかぎゑふ(劇作家・演出家)


【司会・進行】
関 純子(関西テレビアナウンサー)
林 弘典(関西テレビアナウンサー)

番組紹介

『カンテレ通信』では関西テレビの番組についてより多くの、より掘り下げた情報を提供し、又、視聴者の皆様の声に耳を傾け、さらに身近な放送局となれるよう取り組んで参ります。

2019年3月24日(日)

ご意見ピックアップ

関西テレビに寄せられた視聴者の皆様の様々なご意見・お問い合わせを紹介します。

視聴者の方からのご意見にお答えする「ご意見ピックアップ」のコーナーではドラマ『後妻業』に寄せられた「私も後妻だが、どういう意味でタイトルを付けたのか?」というご質問ほか計2件を紹介、担当部署が回答します。


※このコーナーでは、皆様のご意見を募集しております。ご紹介させていただいた方には、ドラマ『後妻業』のクリアファイルを差し上げます。

2/14 苦情『後妻業』(60代/女性/電話)

私も後妻なんやけど、タイトルの「後妻業」ってどういう意味合いで付けたん?
後妻の立場からしたらほんまに迷惑やわ!

制作部の回答

「後妻業」とは、原作の描いている、「後妻という手段で遺産を奪う」という特殊な設定の言葉であり、「後妻」と「後妻業」というものは全くの別物であると考えております。「後妻」と呼ばれる方が、金銭を奪おうとする人であるという考えはなく、誤解されることのないように努めてまいります。

コメンテーターから

影山貴彦さん
『後妻業』とはもともと小説のタイトルでしたが、その後現実社会でも同じような事件が起きてしまい、後妻業ということばが流行語にもなりました。なので世間の皆さまも十分認知していると思って良いと思います。しかし、テレビドラマにするときには多くの人の目に触れること、文字が独り歩きするかもしれない事などを考え、タイトルの後にひと言サブタイトルを入れて誤解を避ける工夫がほしかったですね。

2/19 要望『快傑えみちゃんねる』(30代/女性/メール)

最近フジテレビで放送が始まり、初めて上沼恵美子さんのMCを拝見し、面白くて大ファンになりました。これからもずっとフジテレビで放送してほしいです。

コメンテーターから

影山貴彦さん
『快傑えみちゃんねる』は上沼恵美子さんのトーク1本真剣勝負で1時間収録するという東京にはないスタイルの番組なので、これは本当に良かったと思います。

カンテレEYE

関西テレビの番組を通じメディアリテラシー、メディアの読み解き方を視聴者とともに考え、作り手との相互理解を目指す「カンテレEYE」のコーナー。今回は、関西テレビの番組に関わる著作権を管理し、守る最前線「知財推進部の仕事」をご紹介します。近年、違法ダウンロードの急増などで重要さを増している知財推進の現場に密着します!!

ご意見ピックアップ

インフォメーション

次回予告

『カンテレ通信』は皆様のご意見をお待ちしています。

次回3月31日のカンテレ通信は「関西テレビ・FNN支局訪問シリーズ」第2弾!「中国・上海支局」を特集します。いま世界が最も注目する地域で起きるできごとやニュース取材の最前線を担う支局員の仕事ぶりを紹介します。お楽しみに!

関西テレビ ページトップへ戻る