6月18日(金)午後8:00~9:58
(一部地域は、午後9:52まで)
さんまのまんま初夏SP

出演者

明石家さんま
ゲスト
NEWS、花澤香菜&日高里菜、吉岡里帆、かまいたち、北村匠海&今田美桜

内容

NEWSが初登場!悩みを打ち明ける3人に、明石家さんまが武勇伝でお笑いマウント!?

NEWS
今回が番組初登場となるNEWSの小山慶一郎・加藤シゲアキ・増田貴久。3人は、セットに入ってくるなり「本物だ!」と感動していると、さんまは「え?初めて??」と意外そうな反応をみせる。始まるや否や「元々は何人やったんやっけ?」と尋ねたさんまは、「9人です」という返答に爆笑。増田が人数変遷を説明する中、加藤は「僕らトリオになって、コンサートのMCでのトークのバランスが変わっちゃったんですよ」と悩みを打ち明ける。さらに、増田は「頑張ってボケるんですけど、(コロナ禍のため観客は)声を出したらいけないから、ずっとスベってる感じ」と嘆く。すると、さんまは「俺も(コロナ禍になって)最初に舞台に出た時、観客がみんなマスクしていて『これは…』って思った」と理解を示しながらも、ある一言で爆笑をかっさらったという。果たして、会場の笑いを誘ったさんまの一言とは。

増田はお土産にNEWSのコンサートグッズを持参。ペンライトを手に取ったさんまが「もう3色しかないやんか」と指摘すると、すかさず小山は「笑いながら言うのやめてもらっていいですか?」と、さんまの人数イジりにちょっとうれしそうな様子を見せる。さらに、コンサートの衣装をプロデュースしている増田が、今までデザインした衣装を披露。ちょっと袖を通してほしいというリクエストに応えるため衣装を手に取ったさんまは「えぇ~!重い!!」と仰天しながらも、袖を通した自分の姿に「売れない演歌歌手みたいやな」と笑いを誘う。

お土産に自身の著書を持ってきた加藤は、さんまに、プロデュースした映画「漁港の肉子ちゃん」の原作小説の魅力を尋ねる。一方、小山は、よくメモをとるというさんまにハイブランドのメモ帳をプレゼント。
だが、さんまは「おねえちゃんが喜ぶオレンジやんか!(包装を)開けんとこうかな」と開封するのをためらう一幕も。その後、さんまのメモの内容から、話題はなぜかとんでもない方向にそれてしまう…。
NEWS 小山
NEWS 増田
NEWS 加藤

人気声優、『鬼滅の刃』花澤香菜と『プリキュア』日高里菜も初出演!「なんで私たちに声を掛けてくれなかったんですか~!」さんまの新作アニメに大クレーム!?

続いては、『やっぱりさんま大先生』『あっぱれさんま大先生』で子役デビューし、今や人気声優となった花澤香菜と日高里菜が初登場。さんまとは22年ぶりの再会となる花澤と18年ぶりの再会となる日高に、さんまは「変な感じやなぁ」と戸惑いながらも子役から声優になったきっかけを尋ねる。また、さんまは花澤にアニメ『鬼滅の刃』甘露寺蜜璃の声をおねだりして喜ぶ場面も。

そんな中、2人は映画「漁港の肉子ちゃん」をプロデュースしたさんまに「なんで私たちに声を掛けてくれなかったんですか~!」と訴えるも、さんまの「大竹しのぶの代わりできる?」との返しに、「それはちょっと難しいかも…」と肩をすぼめてしまう。その後、次回作の出演を見据えてさんまが即興のオーディションを開催。2人が披露したトカゲやセミの声にさんまの反応は…?

ほか、新婚の花澤にさんまが切り込む場面も。花澤の相手が声優ということで「お互いで(仕事の)練習したりすんの?」「料理はすんの?」「彼のことは何て呼んでんの?」といった質問攻めに、花澤が赤面。
花澤、日高
花澤
日高

吉岡里帆が、かまいたちと爆笑どじょうすくい対決!!

そして、アニメ映画「漁港の肉子ちゃん」で若かりし頃の肉子ちゃんの親友・みうを演じる吉岡里帆が初登場で花澤香菜&日高里菜と合流。映画のパンフレットを持参した吉岡は、「プロの声優さんにパンフレットを渡すのは緊張感があります」と、自身の役柄や作品について語る。
その後、かまいたちが合流。「すいぶん前から好きで、めっちゃうれしいです」という吉岡の言葉に、山内は「もう結婚してしまってるから、ごめんね」とコメント。すると、吉岡は「そういう“好き”じゃないんで誤解しないでください」ときっぱり。そのやりとりを受け、「お前ら結婚してるんやもんな」と、かまいたちの2人を慰めるさんまだったが、「だから、可能性があるのは俺だけやな」と急きょ立候補する。

また、吉岡の持参したプレゼントにさんまがノックアウト!?お土産に秘められた粋な演出に、さんまがハートを撃ち抜かれてしまう。一方、さんまが「全然うれしくないわ…」と漏らしたかまいたちのお土産とは…?
吉岡里帆
かまいたち
かまいたち、吉岡里帆

北村匠海「朝から晩までさんまさん」と、さんま役の撮影秘話を告白!今田美桜の博多弁に、さんまがタジタジ!?

映画「東京リベンジャーズ」に出演する北村匠海と今田美桜が初登場。原作漫画の大ファンのさんまは「あれは誰がやんの?」「髪型は?アタマはそったの?」と映画版に興味津々。そんなさんまに、今田がお土産として原作漫画全巻とパンフレットを手渡す。北村は「プレッシャーでしたけど、(吉沢)亮くんと2人で試写会の後に『これは戦える』と感じたので、満足していただけるものになっていると思います!」と映画の出来に自信を見せる。すると「素晴らしいな。ほんなら、(ドラマで)俺の役をやってたのはプロフィールから消してくれ」というさんまの発言から、北村は「役者人生で一番難しかった役は、さんまさんです」と告白。「1日で撮影したんですけど、朝から晩までさんまさんでした」と、高校時代のさんまを演じたときの撮影秘話を明かす。

また、今田が福岡出身ということから、さんまが博多愛を熱く語る一幕も。「『よかよ』とか『知っとっと』とかええよな」と言いながらさんまが明かす博多美人とのエピソードに今田は大笑い。

また、自宅でカレーを作るのが趣味という北村は、お土産としてカレースパイスと中華鍋を持参。カレー作りについて語る北村にさんまは「すごいわ!」と感動し、「それで歌も歌えるのやろ?」と感心する。今田の「何ができないの?」との問いに、北村がイメージ崩壊の苦手なものを告白。「気が付いたらとんでもないことになっている」という北村が苦手なものとは一体?
北村匠海&今田美桜
北村匠海
今田美桜
北村匠海&今田美桜
明石家さんま

出演ゲストコメント

NEWS
—収録を終えての感想をお願いします。
増田「3人でトーク番組に出させてもらうのは、なかなかなかったですから盛り上がりました」
小山「そうだね。しかも、さんまさんとね」

—さんまさんとお会いするのは久しぶりでしょうか?
加藤「3人では初めてですね」

—さんまさんとSNSの話題にもなりました。
増田「やったほうがいいよって話で、ひとしきり盛り上がった後、最終的にやってないことを褒めてくれてたよね」
加藤「(小山は)やった方がいいんじゃない?さんまさんに言われたんだから」
小山「本当に恥ずかしいよね。ファンの方に見ていただくだけで十分だなって思いました」
増田「今はファンクラブのサイトだけで見てもらっている状況なんですけど、それを世界に向けて発信されるとメンバーとしても恥ずかしいですね(笑)」
加藤「でももしあそこがOAされるなら(小山の写真を)入れてほしい。こんなのですっていうのを」
小山「絶対ダメだって!」
加藤「マネージャーが全部持っているわけだし。(スタッフに向かって)マネージャーにもらってください!」
小山「絶対だめ(笑)」
加藤「画面いっぱいに(写真を使って)」
増田「9マスくらいに画面分割して(写真を使って)」
小山「僕らはSNSをやるっていうところまでの余裕がまだ生まれていないので、今後20周年とかも待っている中で、もしかしたらあるかもしれません(笑)」

—視聴者へメッセージをお願いします。
小山「さんまさんには、たくさん僕らの現状をいじってもらったので、僕らはそこを乗り切っているよっていうのを楽しみにしていてください(笑)。いじられてもいいですよっていう状況を見ていただけたら」
増田「3人でトーク番組に出させてもらうっていうのはなかなかなかったですし、今回、さんまさんとお話しさせてもらえたことで、今のNEWSを知っていただける機会になったと思いますので、ぜひ楽しみにしていてください」
加藤「僕個人としてもとても楽しかったですし、NEWSの3人がこんなに笑ってテレビに出ていることはなかったなと思って。そこにさんまさんがいらっしゃったことで、新しいNEWSの一面を見てもらえたんじゃないかなと思います」
花澤香菜&日高里菜
—収録を終えての感想をお願いします。
花澤「なんか一気に緊張とれたね」
日高「すっごく楽しかったですね」

—収録は楽しめましたか?
日高「楽しかったです。うふふ」
花澤「(日高は)めっちゃ(プリキュアの)ローラをやってた(笑)」

—さんまさんに久しぶりお会いして印象的だったことは?
花澤「しきりに“生徒が”って言ってくださってたのはすごく印象的でした。『ずっと先生でいてくれるんだ~』って思って。すごく幸せな気持ちになりました」
日高「私も『新幹線で1期生と会ったよ』っていう話や、ほかの生徒たちの名前もポンポンポンって出てくるところに感動しました。最後に『また共演できることがあれば』って言葉をかけてもらい、すごいやる気につながるなと思いました」

—お二人とも少し素になったときは「先生!」って呼んでいました。
花澤「ついつい言っちゃう(笑)」

—視聴者へメッセージをお願いします。
花澤「さんまさんがアニメを作られている時期と重なったのは運命のような気がしています。しかも声優の話もたくさんできて。すごく貴重な体験でした。ぜひ見てください」
日高「始まる前は、とっても緊張していたんですけれども、始まったらそれよりも何十倍も楽しくて。この感情は当時の『あっぱれさんま大先生』の時と一緒だなって、ふと思い出しました。すごく楽しく花澤さんとさんまさんとお話しできたので、ぜひぜひ見てください。よろしくお願いします!」
吉岡里帆
—収録を終えての感想をお願いします。
『さんまのまんま』は、子どもの頃から見ている番組ですので、実際に出演して、さんまさんに対面してお話しすると、すごく不思議な感じがしました。やっぱり笑いが止まらなくて面白かったです。

—さんまさんと「大丈夫?」「誰や誰や」という掛け合いがありました。
さんまさんが面白く言ってくださり、助けてくださったのでうれしかったです!さんまさんと一緒にセッションしているような感覚になりました(笑)。

—かまいたちさんとのトークで印象に残っているところは?
かまいたちさんは、前から大好きな芸人さんなのですが、さんまさんとお話しされているかまいたちさんを間近で見られて幸せでした。私の中では「お笑い大共演」って感じでした。

—さんまさんと2人でお話しする機会というのはこれまでありましたか。
アニメで演出を受けていた時はブース越しでしたので、対面でというのはたぶん初ですね。

—実際に話したいことは話せましたか。
お土産は、さんまさんのテレビへの思いに関わることを聞いてみたいと思って準備させていただいたので、長年、テレビのど真ん中を走られている方ならではのお話しが聞けてうれしかったです。

—最後は、どじょうすくいでした。
どじょうすくいが分からなすぎて、かまいたちのお二人の奮闘を見ながら私に回ってきたら怖いな~って思って見てました(笑)。

—特に注目してほしいところは?
さんまさんと、かまいたちさんのどじょうすくいです(笑)

—視聴者へメッセージをお願いいたします。
入れ替わり立ち替わり、いろんなゲストの方が出られていて、それぞれの面白さがあると思います。絶妙な共演といいますか、この番組ならではの共演を見ることができると思いますので、ぜひ楽しみにしてください。
北村匠海&今田美桜
—収録を終えての感想をお願いします。
北村「今朝はバンドのメンバーと『さんまのまんまに出るってやばいね、すごいね』っていう話で持ちきりでしたので、だいぶ緊張してました(笑)。でも、さんまさんは、僕がさんまさんの高校時代を演じた話をしてくださり、アットホームな空気だったので、話しやすくて楽しかったです」
今田「私も相当緊張していたんですけど、さんまさんの高校時代のお話など、知らないお話もたくさん聞くことができて楽しかったです」

—高校時代のさんまさんの話で盛り上がっていました。
北村「本当にメチャクチャなんですよ。新一年生への部活の勧誘で、前に出て喋るとき、ほぼ全部活の勧誘をさんまさんが1人でやっていたりとか(笑)」
今田「あはは。すごい!」
北村「(高校生のさんまさんが)スゴすぎて、撮影がめっちゃ大変だったんです。さんまさん役のセリフ量も多くて…テンションも高かった」
今田「たしかに。私も涙が出るくらい笑いました。『匠海くんがやったドラマを見たい』って思いました」
北村「いやぁ、もう大変ですよ。今となってはやってよかったです(笑)」

—博多弁が好きなさんまさんに、今田さんは博多弁を披露していました。
今田「恥ずかしいですね(笑)」
北村「たぶんさんまさんは、もっと言ってほしかったんだと思う(笑)」
今田「あはは。なんかちょっと恥ずかしかったですね(笑)」

—カレー食べに行こうというお話もありました。
北村「さすがに家にさんまさんをお呼びするのは…と思ったんですけど(笑)。いつもカレーの話をすると、まわりにポカンとされるのですが、今日はさんまさんにはご理解いただいけて良かったと思いました」

—視聴者へメッセージをお願いします。
北村「僕の今日の使命は、さんまさんに“あの靴を見せる”っていうことでした。バンドメンバーの彼も『それは感動的だね』って言ってくれました(笑)。しかも3、4年前の話ですので、僕はその感動をさんまさんに届けたことと、さんまさんの高校生の時の話と、あとは濡れた浴衣ですね(笑)。これがキーワードになっていると思います」
今田「さんまさんが『東京リベンジャーズ』をお好きだということで、今日は『リベンジャーズ』のお話がたくさんできたのも良かったなって思います。見どころはミイラ男ですね、やっぱり(笑)。ぜひ見ていただきたいです」
明石家さんま