関西テレビ放送株式会社



関西テレビ放送 放送基準

■目次
人  権
  法と政治
  児童および
青少年への配慮
  家庭と社会
  教育・教養の向上
  報道の責任
  宗  教
  表現上の配慮
  暴力表現
  犯罪表現
  性表現
  視聴者の参加と懸賞
景品の取り扱い
  広告の責任
  広告の取り扱い
  広告の表現
 
16章
医療・医薬品・
化粧品などの広告
  金融・不動産の広告
  広告の時間基準
 
 
16章 医療・医薬品・化粧品などの広告
 
(128)
医療・医薬品・医薬部外品・医療機器・化粧品・いわゆる健康食品などの広告で医師法・医療法・薬事法などに触れるおそれのあるものは取り扱わない。
 
(129)
治験の被験者募集CMについては慎重に取り扱う。
 
(130)
医療に関する広告は、医療法などに定められた事項の範囲を超えてはならない。
 
(131)
医薬品・化粧品などの効能効果および安全性について、最大級またはこれに類する表現をしてはならない。
 
(132)
医薬品・化粧品などの効能効果についての表現は、法令によって認められた範囲を超えてはならない。
 
(133)
医療・医薬品の広告にあたっては、著しく不安・恐怖・楽観の感じを与えるおそれのある表現をしてはならない。
 
(134)
医師、薬剤師、美容師などが医薬品・医薬部外品・医療機器・化粧品を推薦する広告は取り扱わない。
 
(135)
懸賞の賞品として医薬品を提供する広告は、原則として取り扱わない。
 
(136)
いわゆる健康食品の広告で、医薬品的な効能・効果を表現してはならない。

関西テレビ ページトップへ戻る