関西テレビ放送株式会社



関西テレビ放送 放送基準

■目次
人  権
  法と政治
  児童および
青少年への配慮
  家庭と社会
  教育・教養の向上
  報道の責任
  宗  教
  表現上の配慮
  暴力表現
  犯罪表現
 
11章
性表現
  視聴者の参加と懸賞
景品の取り扱い
  広告の責任
  広告の取り扱い
  広告の表現
  医療・医薬品・
化粧品などの広告
  金融・不動産の広告
  広告の時間基準
 
 
11章 性表現
  (73)
性に関する事柄は、視聴者に困惑・嫌悪の感じを抱かせないように注意する。
  (74)
性感染症や生理衛生に関する事柄は、医学上、衛生学上、正しい知識に基づいて取り扱わなければならない。
  (75)
一般作品はもちろんのこと、たとえ芸術作品でも過度に官能的刺激を与えないように注意する。
  (76)
性的犯罪や変態性欲・性的倒錯を表現する場合は、過度に刺激的であってはならない。
  (77)
性的少数者を取り上げる場合は、その人権に十分配慮する。
  (78)
全裸は原則として取り扱わない。肉体の一部を表現する時は、下品・卑わいの感を与えないように特に注意する。
  (79)
出演者の言葉・動作・姿勢・衣装などによって、卑わいな感じを与えないように注意する。

関西テレビ ページトップへ戻る