関西テレビ放送株式会社



関西テレビ放送 放送基準

■目次
人  権
  法と政治
  児童および
青少年への配慮
  家庭と社会
  教育・教養の向上
 
6章
報道の責任
  宗  教
  表現上の配慮
  暴力表現
  犯罪表現
  性表現
  視聴者の参加と懸賞
景品の取り扱い
  広告の責任
  広告の取り扱い
  広告の表現
  医療・医薬品・
化粧品などの広告
  金融・不動産の広告
  広告の時間基準
 
 
6章 報道の責任
 
(32)
ニュースは市民の知る権利へ奉仕するものであり、事実に基づいて報道し、公正でなければならない。
 
(33)
ニュース報道にあたっては、個人のプライバシーや自由を不当に侵したり、名誉を傷つけたりしないように注意する。
 
(34)
取材・編集にあたっては、一方に偏るなど、視聴者に誤解を与えないように注意する。
 
(35)
ニュースの中で意見を取り扱う時は、その出所を明らかにする。
 
(36)
事実の報道であっても、陰惨な場面の細かい表現は避けなければならない。
 
(37)
ニュース、ニュース解説および実況中継などは、不当な目的や宣伝に利用されないように注意する。
 
(38)
ニュースの誤報は速やかに取り消しまたは訂正する。

関西テレビ ページトップへ戻る