関西テレビ放送株式会社



関西テレビ放送 放送基準

■前文・基準
■目次
人  権
  法と政治
  児童および
青少年への配慮
  家庭と社会
  教育・教養の向上
  報道の責任
  宗  教
  表現上の配慮
  暴力表現
  犯罪表現
  性表現
  視聴者の参加と懸賞
景品の取り扱い
  広告の責任
  広告の取り扱い
  広告の表現
  医療・医薬品・
化粧品などの広告
  金融、不動産の広告
  広告の時間基準
 
 
[ 前  文 ]
 当社は、民間放送のテレビ局として世界の平和、社会の秩序、公共の福祉、文化の向上、産業経済の繁栄に貢献することを使命とする。
 当社はこの自覚に基づき、世論を尊び、言論表現の自由と公正を守り、広告の真実に徹するとともに、つねに品位と番組の調和に留意し明るく健全な放送を通じて社会の信頼にこたえるものとする。
 当社はまた、この目的を達成するため、関係諸法令および日本民間放送連盟放送基準にのっとり、つぎのような基準を定め、番組および広告などのすべての放送に適用する。

[ 基  準 ]
 番組の編成にあたっては、番組相互の調和と放送時間を考慮し、広告については、番組および他の広告との配列ならびに放送時間との調和をはかる。


関西テレビ放送 放送基準

昭和34年 7月18日制定
昭和34年 9月19日改訂
昭和46年 3月 1日改訂
昭和50年 5月 1日改訂
昭和58年11月 1日改訂
昭和60年 4月11日改訂
昭和61年 7月 1日改訂
平成 5年 4月 1日改訂
平成11年 4月 1日改訂
平成15年 4月 1日改訂
平成16年 4月 1日改訂
平成26年11月 1日改訂
平成28年 3月 1日改訂

関西テレビ ページトップへ戻る