関西テレビ放送株式会社

関西テレビ 倫理・行動憲章

送の使命の自覚と責任

私たちは、放送事業者に自主・自律が認められていることの意義を自覚し、あらゆる圧力から独立した自らの責任において番組を制作・放送します。

私たちは、放送の公共的使命を深く自覚し、国民の知る権利に奉仕するため、また視聴者の楽しみと満足のために、報道・表現の自由を行使します。

私たちは、放送の社会的影響力の大きさを深く自覚し、良心と職業意識に基づき視聴者の信頼に応える番組を制作・放送します。

私たちは、放送においては事実を尊重し、情報の正確性を確保し、真実を追求します。放送が事実と違っていることが明らかになったときは、速やかに訂正します。

私たちは、人間の尊厳に敬意を払い、多様性を尊重します。人種、性別、宗教、国籍、職業などによって差別を行わず、名誉・プライバシーなどの人権を守ります。

私たちは、放送人として常に高い倫理を保持し、これに反する行為や言動は行いません。

私たちは、放送に携る外部スタッフとともに不断の研鑽を積み、常に倫理や制作力の向上に努めます。また、常にその機会を提供します。

私たちは、外部スタッフを含め、番組制作・放送に関わる放送人が不当な干渉を受けないよう、その自由を最大限尊重します。

私たちは、視聴者や市民の要望、意見や批判に対しては、謙虚に耳を傾け、誠実かつ迅速に対応します。また、視聴者とのコミュニケーションを充実させるとともに、メディアリテラシーの向上のための活動に積極的に取り組みます。

関西テレビ ページトップへ戻る