関西テレビ放送株式会社

関西テレビ 倫理・行動憲章

前文

関西テレビ及び関西テレビグループ各社のすべての役員、社員(以下総称して「私たち」という)は、公共の福祉と文化の向上そして社会正義の実現を通じて健全な民主主義の発展に寄与するために、この関西テレビ倫理・行動憲章を読み、理解し、遵守することを誓います。

私たちは放送の公共的使命と報道機関としての責任、さらに放送の社会的影響力の大きさを十分に自覚し、多様で豊かな文化の担い手として、視聴者の信頼に応えていきます。また、放送をはじめとするあらゆる事業において嘘(うそ)のない、事実を重んじた正確な情報に基づいた責任ある発言と行動を貫き、もって公正で誠実な企業活動を展開します。

これらの実現のために、私たちは放送人として高いレベルの倫理観が求められていることを強く自覚し、常日頃からモラルの保持・向上と共に自主・自律の精神を養うことに努めます。

私たちは、二〇〇七年一月に発覚した「発掘!あるある大事典II」問題を深く反省します。そして、過ちを繰り返さないという強い決意と覚悟で、一人ひとりが法令や自ら定めたルールを遵守し、思いやりと深い想像力を持って、社会に真に必要とされる良質なメディアを目指すことを誓い、この憲章を確定します。






関西テレビ ページトップへ戻る