カンテレのアナ場

石巻ゆうすけアナウンサー

ご報告

2018.06.21

このたびアナウンス部を離れることになりました。
今デスクの引っ越し準備真っ最中で32年間分の荷物と格闘中です。
旧世代の私は書類が多いのでその整理が大変。
10数年前の手書きのスポーツ中継用の資料もあり懐かしさに思わず見入ってしまい作業は遅々として進まず(苦笑)。

「立つ鳥後を濁さず」あと数日できっちり片付けて飛び立ちます。
視聴者の皆様ありがとうございました。
これからもカンテレアナウンサーズをよろしくお願いします!


石巻ゆうすけアナウンサー

成長したカメタロウ

2018.06.20

4年前うちに来たカメタロウ。順調に成長して甲羅の長さが17センチに。
天敵がいないのでリラックスしているのか手足を伸ばして日向ぼっこする姿が我が家ではかわいいと評判です。

実はおととしのブログで「うちに来た時4センチだったのに今では倍の8センチ!」と書いていました。ということは2年後には30センチオーバー?
もちろんそうなってもしっかり面倒見るつもりでいます。


大橋雄介アナウンサー

覚醒

2018.06.20

以前関さんのブログに「ミュージカルの虜になった」と紹介された私
ミュージカルのアフタートークショーの仕事のため
久しぶりにミュージカルを観劇
新歌舞伎座で25日まで行われている「1789~バスティーユの恋人たち~
これまで、俯瞰でミュージカルを観ている自分の姿が
想像できず
・・この大男が客席で感動に浸っている姿は
想像すると恥ずかしさが先に立ち
なかなか現場に行くことがなかったのですが、
トークショーのために事前に観劇
ところが…
オープニングからまさにくぎ付け
舞台展開、スピード、演技、歌の凄み、衣装の華麗さ、
そして新歌舞伎座の舞台が観客と近いために生まれる一体感
全てが初めての経験で、最後は涙腺が決壊するような感覚に陥り
ミュージカルに対して勝手に抱いていていた感覚全てが覆されました
そしてそのあとのトークショーは、4回行われる内で唯一男性のみのトークショー
昭和の司会者のような衣装(自前)で気合入れステージに上がりましたが…
上がった瞬間になぜか?笑いが起き完全に出オチのパターン
しかし、「同じ人間に生まれたのにここまで違うか」と思った加藤和樹さん(写真)、吉野圭吾さん、坂元健児さん、広瀬友祐さん、岡幸二郎さん
才能豊かな個性あふれる男性キャスト5人の皆様にいじっていただき、
特に岡さんは、配役のペイロールそのままのキャラで
接していただき大変楽しい時間でございました
この作品がミュージカルへの入り口になったことは間違いありません
どこかの会場で見かけたらお声がけください(笑)

21日夜公演は後輩の川島アナウンサーがアフタートークショー担当
22日昼公演はご来場された方に特製の手ぬぐいが用意されています
このミュージカル「1789~バスティーユの恋人たち~」は
25日まで新歌舞伎座で
ぜひ生の迫力をご堪能ください


石巻ゆうすけアナウンサー

日向ぼっこ

2018.06.05

通勤途中素晴らしいお天気だったので
2つ手前の北浜駅で降りて会社に向かいました。
橋を渡りながらふと土佐堀川に目をやると、、

川岸でカメが日向ぼっこしていました。
ちょっとうれしくなって近づいてもう一枚。

陽気が良くリラックスしているせいか
川に逃げ込みもせずカメラに収まってくれました。

関西テレビ ページトップへ戻る