深夜の再放送ドラマ(水曜)

小河ドラマ 龍馬がくる(初回放送日2018年11月27日~2018年12月18日)

明治維新から150年を迎えた2018年。自他ともに認める龍馬ファンの武田鉄矢(本人)は「大型連続時代劇 坂本龍馬」で人生最後の龍馬役に臨もうとしていた。そこへ突如現れたのは、ホンモノの坂本龍馬(三宅弘城)。幕末からタイムスリップしてきたのだ。誰よりも早く彼が「本物」であることに気付いた武田は、「本物の龍馬にアドバイスをもらえば、今までにないリアルな坂本龍馬を演じることができる!」と考え、龍馬に「誰も知らない、ありのままのエピソードを教えて欲しい」と頼む。
かくしてドラマの脚本は、本物の龍馬が語る“本当の”エピソードにどんどん書き換えられてゆくが、出てくるのは「幕末のカリスマ龍馬」のイメージを台無しにする恰好悪いエピソードばかり…。 「こんなことじゃ、本当に教科書から消えちゃうよ!」焦る鉄矢。
そんな龍馬に翻弄されながらも、進んでゆく撮影。共演者の新人女優・箭内夢菜(本人)も、恰好悪いエピソードに困惑するばかり。ドラマは果たして完成するのか!?そして武田鉄矢が愛する、龍馬の“本当の魅力”をきちんと伝えることはできるのか!?
キャスト・スタッフ
監督:細川徹
脚本:細川徹 鍵谷友悟 宮澤一彰
出演:三宅弘城 箭内夢菜 稲葉友 皆川猿時 山崎銀之丞 / 武田鉄矢ほか
製作:時代劇専門チャンネル 関西テレビ放送

放送スケジュール

  • 【第2話】3月3日(水)深夜2:51~3:21

    幕末からタイムスリップしてきた坂本龍馬は、武田鉄矢のマネージャーとして収録現場に紛れ込む。しかし武田鉄矢からの脚本の相談もそっちのけで「わしが変えた未来の日本が見たい」と行ってどこかに行ってしまう。
    数日後疲労困憊で武田の前に戻ってきた龍馬だが、話を聞くとただ遊んでいただけ。武田は「いい加減ちゃんとしたエピソードを出してくれ」と頼むが…

  • 【第3話】3月10日(水)深夜3:10~3:40

    相変わらずくだらない話ばかりする龍馬に武田は「これでも読んで勉強しろ」と現代の龍馬の伝記を渡す。すると龍馬は次々と、誰も知らない武田も驚く龍馬のカッコイイエピソードを出してくる。歓喜する武田はそれをベースにドラマを作るが、過去の偉人たちが次々とタイムスリップしてきて…

  • 【第4話】3月17日(水)深夜2:50~3:20

    自分の発言は「盛ったもの」だと認めた龍馬は、現場からいなくなってしまう。しかし龍馬のいなくなった現場は、活気が無くなってしまう。龍馬の存在の大きさに気づいた武田は、龍馬を探しに現場を飛び出す。
    龍馬を見つけた武田が彼にかけた言葉で龍馬は…

  • 小河ドラマ第三弾「徳川☆家康」放送決定!
    出演 三宅弘城 松平健 他

午後の再放送ドラマ(月~金曜)

高校入試 特別編集版(2012年10月6日~2012年12月29日)

主演・長澤まさみが高校教師初挑戦!ベストセラー作家・湊かなえオリジナル書き下ろし脚本!

地元でも名高い名門県立高校の“入試”を舞台に巻き起こる、さまざまな事件。入試をぶち壊そうとする何者かの陰。果たして誰が何の目的で事件を巻き起こしたのか!?全ての登場人物に犯人の可能性があり、最後まで事件の真相は謎に包まれている。このドラマは、さまざまな人間とその思いが交錯する「入試前日」と「入試当日」の2日間を中心に描かれた、エデュケーショナルミステリーである。
出演
長澤まさみ
南沢奈央
中尾明慶
徳山秀典
篠田光亮
小松利昌
/
斉木しげる
/
入江雅人
生田智子
中村倫也
姜暢雄
/
美山加恋
柾木玲弥
高杉真宙
清水尋也
山崎紘菜
/
清水一彰
阪田マサノブ
羽場裕一
高橋ひとみ
山本圭

放送スケジュール

  • 3月2日(火)午後2:45~3:45

    第8話

  • 3月3日(水)午後2:45~3:45

    第9話

  • 3月5日(金)午後2:45~3:45

    第10話

ガリレオ(2013)(2013年4月15日~2013年6月24日)

湯川学(福山雅治)は、帝都大学理工学部物理学科の准教授。容姿端麗、頭脳明晰、スポーツ万能な湯川は、女子学生からは圧倒的な人気を得ているが、学問以外のことにほとんど興味を示さないため、“変人ガリレオ”とも呼ばれていた。そんな湯川のもとを訪れた貝塚北署の刑事・内海薫(柴咲コウ)は、帝都大の出身で、昨年入庁したばかりの新人刑事・岸谷美砂(吉高由里子)を紹介する。湯川とは大学の同期でもある警視庁の刑事・草薙俊平(北村一輝)の指示だった。

続けて薫は、蒲田の雑居ビルで起きたある事件のことを話し始めた。それは、5年ほど前にできた新興宗教団体『クアイの会』の信者が、教団の支部になっていた雑居ビルの5階から転落死した事件だったが、転落死の原因は、クアイの会の教祖・連崎至光(大沢たかお)がその信者に念を送ったせいだというのだ。薫は、事件当夜、取材に訪れていた雑誌社のカメラマンが撮影した転落までの連写写真を湯川に見せながら、連崎が信者に指一本触れていないこと、亡くなった信者の眼球が白濁していたことを告げる。連崎がこれまでも送念と呼ばれる行為を行っていたと知った湯川は、再現性の高い現象は必ず科学的に実証できる、と強い興味を示す。プライドが高く自信家の美砂は、事件の背景などには一切興味を示さない湯川に戸惑いながらも、彼とともにクアイの会の本拠地で、クアイの里とも呼ばれている山奥の集落を訪れる。連崎は、この地で信者たちとともに自給自足の生活を送っていた。そこで美砂は、一度、送念を体験させてほしい、と連崎に頼むが…。
出演
福山雅治
吉高由里子
澤部佑

柴咲コウ
北村一輝

渡辺いっけい

放送スケジュール

  • 3月2日(火)午後3:45~4:45

    第7話「偽装う(よそおう)壁を抜ける!?天狗伝説殺人事件!」

  • 3月3日(水)午後3:45~4:45

    第8話「演技る(えんじる)vs狂気の女優!夜空に舞う花火の下で殺人劇場の幕が開く…」

  • 3月4日(木)午後3:45~4:45

    第9話「攪乱す(みだす)狙われた湯川!!悪魔の手の恐怖実験」

  • 3月5日(金)午後3:45~4:45

    第10話「最終章・聖女の救済-前編-愛という名の完全犯罪!!」

  • 3月9日(火)午後3:45~4:45

    第11-1話「聖女の救済-後編(1)- 実に、実に、面白い!さよなら!湯川先生」

  • 3月10日(水)午後3:45~4:45

    第11-2話「聖女の救済-後編(2)- 実に、実に、面白い!さよなら!湯川先生」

シグナル(2018年4月10日~2018年6月12日)

《劇場版「シグナル」4/2(金)公開!》
《さらに、新作スペシャルドラマの放送も決定!3/30(火)よる9時30分》
謎の無線機を通じてつながる“現在”と“過去”—
時を超えて重なり合う刑事たちの信念と絆!いま、未解決事件が動き出す!

主人公の三枝健人(さえぐさ・けんと)は、独学でプロファイリングを学んだ警察官。幼い頃に起きた女子児童誘拐殺人事件や、兄が自ら命を絶つ原因となった事件で心に深い傷を負い、警察を全く信用していない。冷静な判断力と観察力を持ち、いつか自らの手で兄の事件の真相をつかみたいと“内なる情熱”を秘めた芯の強い男だ。

ある日、廃棄されるはずだった無線機から声が聞こえてくるのを耳にする健人。声の主は、健人と同じ事件を追う刑事で、事件に関する手がかりを話す。最初は信じられなかった健人だが、無線機越しの刑事から聞いた場所に向かうと、なんとそこには何者かの白骨死体が…。

その後も、その刑事と無線機で交信を続けるうちに、健人は相手が過去を生きている人物であることを知る。二人は互いに協力し合い、未解決事件を解き明かしていく——。
出演
坂口健太郎
北村一輝
吉瀬美智子

木村祐一
池田鉄洋
青野 楓
神尾楓珠

甲本雅裕
渡部篤郎

放送スケジュール

  • 3月8日(月)午後2:45~3:45

    第1話「過去とつながる無線 15年前の誘拐の謎!」

  • 3月9日(火)午後2:45~3:45

    第2話「時効成立20分前!極限の攻防戦 新たな未解決事件!」

  • 3月10日(水)午後2:45~3:45

    第3話「変化する過去!殺人の連鎖!再び動き出した凶悪犯」

  • 3月12日(金)午後2:45~3:45

    第4話「死のバス連続殺人 衝撃の結末!時を超えた奇跡とは」

  • 3月15日(月)午後2:45~3:45

    第5話「刑事失踪の謎を追え!新たな事件発生!無線の悲劇」

  • 3月16日(火)午後2:45~3:45

    第6話「衝撃の死、極限のタイムリミット、誘拐事件の謎を解け」

  • 3月17日(水)午後2:45~3:45

    第7話「連続窃盗、衝撃の真相!刑事の死、最悪の事件が始まる」

  • 3月19日(金)午後2:45~3:45

    第8話「最終章!18年の時を超えて今明かされる失踪の謎」

  • 3月22日(月)午後2:45~3:45

    第9話「ついに今、明かされる兄の死の謎、運命狂わす真相とは」

  • 3月23日(火)午後2:45~3:45

    第10話「最大の危機!過去を変えろ!未来を救え!無線の謎が明らかに」

結婚できない男(初回放送日 2006年7月4日~2006年9月19日)

…神様はこの世に男と女をお創りになった。悪魔がそれを夫婦にする。

社会の成熟に伴い晩婚化が進み、独身者が多くなっています。昔なら40歳を過ぎて独身だと変な目で見られましたが、今ではごく普通のこと。これは単に結婚だけの問題にとどまらず、少子化や、女性の進出による職場の変化などとも大きく関わっており、全ての日本人の関心事といっても過言ではありません。

このドラマは、独身だった主人公が結婚するまでを描く物語。ただし、結婚したい男が結婚というゴールにたどり着くという平凡な話ではありません。むしろ主人公は結婚なんかしたくないと思っているのです。

主人公・桑野信介は腕のいい建築家。その能力は評価され、仕事も多く人並み以上の収入を稼いでいます。しかし性格的には偏屈で独善的、そして皮肉屋。パッと見、女性を引きつけるものを持っているのですが、実際に付き合ってみると、女性は彼のキャラに辟易し、すぐに彼の元を去ってしまいます。

そんなことが何度も続くうちに信介は自分には恋愛も結婚も必要ないと思うようになり、持ち前の論理性で、恋愛や結婚の無意味さについて理論武装し、ことあるごとにその主張を繰り返します。ますます彼に寄りつく女性は少なくなり、彼は心の底で寂しさを感じつつ、表面はこれでいいんだという態度を貫き、どんどん彼の偏屈なキャラに磨きがかかっていきます。

ところが、そんな彼が一人の女性と出会います。この女性・早坂夏美は、それまで信介が会ったことのない、ある種の強さを持った女性です。信介のキャラと向き合っても、夏美は彼をすぐに否定はせず、かといって肯定もせず淡々と向き合う。信介は女性とのそんな関わり方は初めてで、戸惑います。そしてそれほど時間を経ずして彼女のことが気になって仕方がなくなります。しかし彼は素直にその気持ちを表現は出来ません。

それがきっかけとなって、膠着(こうちゃく)していた信介の人間関係がにぎやかに。

さらに数人の男女が関わり、恋愛模様が展開されます。信介の前にも、他の女性たちが現れます。そんな中で、信介と周囲の男女は、結婚とは何か、自分にとってどんな結婚が幸せなのかを模索していくことになります。そして信介を中心とした恋愛模様が展開していくというだけでなく、最終回に信介は結婚をします。しかしその相手が夏美なのか、それとも他の女性なのかは、視聴者にとって予想がつかない。登場人物のどの女性も、信介と結婚するかもしれないように見えてきます。視聴者は、「きっと、あの人と結婚するんだ」「いや、あの人かも」と思いながら、このドラマを楽しんでいくことになるのです。
出演
阿部 寛
夏川結衣
国仲涼子
塚本高史
尾美としのり
三浦理恵子
さくら
SHEILA
草笛光子
高島礼子

放送スケジュール

  • 3月12日(金)午後3:45~4:45

    第1話「一人が好きで悪いか!!」

  • 3月15日(月)午後3:45~4:45

    第2話「好きなものを食って悪いか!!」

  • 3月16日(火)午後3:45~4:45

    第3話「好きにお金を使って悪いか!!」

  • 3月17日(水)午後3:45~4:45

    第4話「休日を一人で過ごして悪いか!!」

  • 3月18日(木)午後3:45~4:45

    第5話「家に人を入れないで悪いか!!」

  • 3月19日(金)午後3:45~4:45

    第6話「融通きかなくて悪いか!!」

  • 3月22日(月)午後3:45~4:45

    第7話「親戚づきあいが嫌いで悪いか!!」

  • 3月23日(火)午後3:45~4:45

    第8話「犬がキライで悪いか!!」

  • 3月24日(水)午後3:45~4:45

    第9話「彼女ができて悪いか!!」

  • 3月25日(木)午後3:45~4:45

    第10話「女ごころがわからなくて悪いか!!」

  • 3月26日(金)午後3:45~4:45

    第11話「花柄がキライで悪いか!!」

  • 3月29日(月)午後3:45~4:45

    第12話「幸せになって悪いか!?」