2022年3月31日(木)深夜1:10~2:10

きっと届く、氷上で見た夢 ~息子と母 7年の軌跡~

受賞

ギャラクシー賞奨励賞

内容

「氷上の格闘技」パラアイスホッケーで北京を目指す16歳と、その母の7年間の物語

伊藤樹さん
東大阪市に住む伊藤樹さん(16)。
小学3年生の時、母が運転する車で大好きなアイスホッケーの練習に向かう途中、交通事故に巻き込まれた。脊髄を損傷し車いすでの生活を余儀なくされる。母も大けがをした。
伊藤樹さん
伊藤樹さん
「足じゃなくて手だったら良かったのに」事故の後、こぼした言葉だ。
そんな彼が前を向くきっかけになったのが、9歳の時に出会ったパラアイスホッケー。
日本代表選手と触れ合うことで、「パラリンピックで金メダルを取る」という夢ができた。

母・紅子さんも事故で足の骨を折り、度重なる手術が必要だったが、それでも樹さんの練習の送り迎えを欠かさなかった
「車の運転は怖いけど、やりたいというからやらせたい」。
伊藤樹さん、伊藤紅子さん
伊藤樹さん、伊藤紅子さん
息子の夢は母の夢にもなった。
小さいころ憧れだった日本代表の選手たちと一緒に目指す北京パラリンピックの舞台…。
出場することになれば、16歳でチーム最年少での出場だ。成長とともに、母への感謝の気持ちを素直に言わなくなった樹さん。それでも感謝の気持ちを忘れたことはない。パラリンピックのメダルを取ることで、母への感謝の気持ちを伝えようと人一倍努力している。
伊藤樹さん
伊藤樹さん
コロナ禍で練習できない日々が続いても、今できることをやる。決して諦めない姿勢はこれまでの人生で培ってきた。抱いた夢を実現するため、母と息子でパラリンピックに挑んだ7年の軌跡。

ナレーション

小芝風花
小芝風花
コメント

ナレーションを終えて…

事故で大けがをしても、また氷の上で新しい夢を追う姿に感動しました。見ている人に勇気を与えると思いました。

ご自分がフィギュアスケートに打ち込んでいたときと重なりますか?

番組で写っていたリンクで自分も練習をしていて、懐かしかったです。氷のスポーツは練習場所を確保するのも大変だし、家族の協力も欠かせないものです。樹さんのお母さんへの態度は、思春期らしくてかわいく感じられました。私の場合、母がかなり厳しくて、よく怒られたりしたけど、応援してくれていたのは同じ。母親の紅子さんが、足が不自由でも練習の送り迎えをしていたり、「樹の夢が母の夢になった」というナレーションのように、私と母の場合も、二人三脚で頑張ってきたという思いがあるので、共感できました。

伊藤樹さんについて

私も膝の病気をして、どうしても練習を早く再開したくて手術を選びました。周囲の人は、「もう続けるのは無理だろう」と思っていたみたいですが、自分ではまた練習出来るようになったのがうれしくて前を向けました。
樹さんも、予選の試合に出られなかったり、チームも最終的にパラリンピックに出場できない、という状況になっても、ずっと先の目標を見据えていました。好きと言う気持ちが折れない気持ちに繋がっているのだろうなと感じられました。
アイスホッケーは怪我も多いし、心配なことも多いと思うけど、この先も親子の絆でいろんなことを乗り越えて、4年後のミラノパラリンピック出場を果たして欲しいなと思いました。

スタッフ

ディレクター
:縄田丈典
カメラマン
:井口桂吾
編集
:室山健司
プロデューサー
:萩原 守