ザ・ドキュメント

2019年3月14日(木)深夜0:55~1:50

内容

かつて“奇跡の鉱物”と呼ばれ、様々な製品に使われていたアスベスト。
海外では発がん性などの危険性が指摘されながらも、日本は長い間、使用が禁止されることなく、多くの人が知らず知らずのうちに接していました。

大阪府岬町に住む右田孝雄さん。
2016年7月、アスベスト(石綿)が原因とされるがん「中皮腫」と診断され余命2年と告げられました。

アスベストを吸ってから数十年たって発症する中皮腫
右田さんは、いつどこでアスベストを吸ったのか、記憶をさかのぼっても原因がわかりません。

「なぜ自分がこんな病気に…」
右田さんは、患者同士で励まし合いたいと全国を回り、交流会を行います。

そこで出会ったのは、18歳で中皮腫と診断され片肺をすべて摘出した女性。腫瘍が全身に転移し、死が差し迫った男性…。この人たちも、どこでアスベストを吸ったのか、わかっていません。

希少ながんのため、治療法も確立していない中皮腫。発症のピークはこれから迎えると言われています。どうしてこんな苦しみを経験しないといけないのか。右田さんたちはアスベストの被害に遭った患者を集め、自分たちの現状・思いを国に訴えます。

病気と闘いながらもアスベストの危険性を訴え、改善を求めるのは、次の世代に同じ目に遭う人がいなくなるように。

日に日に悪化する患者たちの容体、そして、迫る死。
彼らの生きざまを通して、アスベスト被害の“実像”に迫ります。

ナレーション

藤田千代美(関西芸術座)

スタッフ

ディレクター:縄田丈典
撮影:大窪秋弘
編集:小山仁志
プロデューサー:萩原 守

関西テレビ ページトップへ戻る