出演

兵動大樹、伊沢拓司、こうちゃん、松浦景子、関純子川島壮雄

番組内容

おさんぽの達人・兵動大樹がぶらり旅を楽しむ特別番組が、大好評により2月14日(日)あさ6時30分~第2弾放送決定!前回は泉の広場、大川の水上散歩などを楽しみ、「マンモス展」、「マーベル・スタジオ/ヒーローたちの世界へ」を訪ねた兵動。今回は、海外旅行気分を味わえる展覧会「古代エジプト展」、「リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展」をご紹介♪コロナ禍の今だからこそ、近場で海外旅気分を味わってみませんか。
兵動がまず訪れたのが、朱塗りの建物が印象的な平安神宮。実は平安神宮の正面玄関にあたる「応天門」には、ある有名なコトワザが生まれた場所と言い伝えられているそう。その答えとは…!?
兵動大樹
平安神宮の大鳥居のそばには、2020年にリニューアルオープンしたばかりの京都市京セラ美術館があります。創立時(1933年)の建物を生かしながら、現代のニーズに即した新しい美術館に生まれ変わりました。コレクション展のほか、常時複数の展覧会が楽しめる京都の文化の顔。この美術館の本館で4月から始まるのが「古代エジプト展 天地創造の神話」です。展覧会のテーマは、古代エジプト文明の根幹をなす「エジプト神話」。この展覧会を見ることで、紀元前数千年のエジプトの人たちの死生観を知ることができます。
古代エジプト展 天地創造の神話
展示される約130点はいずれも、ドイツの首都・ベルリンにある『国立ベルリン・エジプト博物館』からやってきました。この博物館は、世界遺産にも登録されている“博物館島”の中にあり、エジプト史を網羅する“世界有数のコレクション”で知られています。このうち100点以上が日本初公開!コロナ禍に、貴重な所蔵品の数々を海外から借り出すのは大変なことでしたが、国立ベルリン・エジプト博物館の館長をはじめとする、スタッフの献身で実現しました。
伊沢拓司、こうちゃん
伊沢拓司、こうちゃん
展覧会で音声ガイドを務めるのは、テレビでも人気の『QuizKnock』。幅広い知識量で知られる伊沢拓司と、歴史が得意なこうちゃんが、現在東京で開かれている展覧会の会場でロケを敢行!この番組のために考えた『スペシャル問題』を披露しながら、エジプト神話の世界、そして展覧会の魅力を、楽しくお伝えします!クイズの一例を挙げると…

QuizKnockからのスペシャル問題

Q.エジプト神話では聖なる虫とされているフンコロガシ。
巣の方角を間違えないために、地図の代わりにするものは?

1.地下水の音 2.星座の位置 3.巣に残したフンのにおい

答えは…番組でご確認ください!
QuizKnock(クイズノック)
QuizKnock(クイズノック)は、東大クイズ王・伊沢拓司が中心となって運営する、エンタメと知を融合させたメディア。「楽しいから始まる学び」をコンセプトに、何かを「知る」きっかけとなるような記事や動画を毎日発信中です。YouTubeチャンネル登録者数は150万人を突破。(2020年10月時点)
「古代エジプト展 天地創造の神話」は
京都市京セラ美術館にて4月17日(土)~6月27日(日)まで開催。
次に兵動が向かうのは、大阪市阿倍野区にある、あべのハルカス美術館へ!現在あべのハルカス美術館では、「リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展」を絶賛開催中!
ヨーロッパの宝石箱 リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展
世界で唯一、侯爵家(君主)が国名となっているリヒテンシュタイン。スイスとオーストリアにはさまれた小国ながら世界でも屈指の規模を誇る個人コレクションを有し、その華麗さが宝石箱にもたとえられ世界の注目を集めています。
ルーベンスやクラーナハ(父)、ヤン・ブリューゲル(父)を含む侯爵家秘蔵の油彩画と、東洋と西洋の交流の歴史を示す陶磁器など、宮廷空間を優美に飾った絵画と陶磁器の共演が楽しめます。
「リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展」は、吉本新喜劇所属でバレリーナ芸人の松浦景子と関純子が女子トークで紹介♪作品の中には、キューピッドが描かれたデザート皿が!松浦は、クラシックバレエにも“キューピッドの踊り”があると、その場で踊りだしてしまう場面も!?あまりにも美しい作品の数々に松浦景子も「リヒテンシュタインだいすきっ!」と持ちネタのギャグを披露し本展を表現しました。
「ヨーロッパの宝石箱 リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展」は
あべのハルカス美術館にて3月28日(日)まで開催。
あべのハルカス16階テラスの眺望を楽しんだ兵動。ハルカス19階に位置する大阪マリオット都ホテルラウンジを訪れ、ティータイムを楽しみました。「リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展」観覧券とティータイムケーキセットがセットになったお得なチケットもあるので、展覧会を訪れた後に優雅な午後のひとときを堪能してみてはいかがでしょうか。
兵動大樹