カンテレ制作『大豆田とわ子と三人の元夫』が、
ギャラクシー賞2021年6月度月間賞を受賞

2021年7月20日(火)

NPO法人放送批評懇談会が、日本の放送文化の質的な向上を願い、優れた番組や個人・団体を顕彰するギャラクシー賞2021年6月度月間賞に、当社制作の火曜21時ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』が選ばれました。

ギャラクシー賞6月度月間賞 受賞作品概要

タイトル『大豆田とわ子と三人の元夫』
放送
2021年4月13日~6月15日 毎週火曜 21:00~ 21:54
(4月13日は21:00~22:09、6月15日は21:30~22:24で放送)
内容
バツ3の主人公・大豆田とわ子が、彼女のことを忘れられない3人の元夫に振り回されながら、日々奮闘する姿を描くロマンティックコメディ。
出演者
松たか子 岡田将生 角田晃広 ・ 松田龍平 他
スタッフ
脚本:坂元裕二 / 音楽:坂東祐大 / 演出:中江和仁 池田千尋 瀧悠輔 / プロデュース:佐野亜裕美
制作協力
カズモ
制作著作
カンテレ
大豆田とわ子と三人の元夫 松たか子
選定短評
恋愛ドラマでありつつ、最後は恋愛を超えて普通の日常を肯定する結末へ持っていく手並みの鮮やかさが光る。かつてトレンディドラマの書き手でもあった坂元裕二の成熟を示す見事な脚本。その世界を体現する三人の元夫役の松田龍平、岡田将生、角田晃広やかごめ役の市川実日子なども良かったが、やはり主演の松たか子が素晴らしかった。