関西テレビからのお知らせ

企業情報PRESS RELEASE

新春社長記者会見概要

2019年1月23日(水)

2019年1月23日(水)、「新春社長記者会見」を開催しました。
概要は以下の通りです。

年頭所感

開局60周年の2018年は「災」で総括されたように我々にも試練の年でした。自然災害の多発や横田会長の逝去という辛い出来事の中、周年イベントや特別番組等に社員全員で取り組み、乗り切ることが出来ました。
大阪万博の開催が決定しました。G20、W杯ラグビー、ワールドマスターズゲーム、北ヤードなど、関西がホットゾーンになるのは間違いありません。資本が大阪に集まるビジネスチャンスを「待っている」のではなく、「掴みにいく」ということで、「夢洲ビジョン事務局」を設置、中期的視点で取り組んでいきます。
経営の柱であるスポット市況が伸び悩んでいる中、「面白い番組を作る」という基本が重要です。 “電波を持ったコンテンツメーカー”という我々の強みを生かして、この状況に向かっていきたいと思います。

編成状況

「よ~いドン!」「快傑えみちゃんねる」「ちゃちゃ入れマンデー」等、ローカル番組は健闘している中、全国ネットのバラエティ強化が課題です。ドラマは「後妻業」が初回、関西地区の視聴率が13.7%と良いスタートを切りました。3月には開局60周年として「僕が笑うと」を放送、良い形で締めくくりたいと思います。

スポーツ

開局60周年記念「第38回大阪国際女子マラソン」は、東京五輪選手を選考する「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」への出場権をかけたMGCシリーズとして開催されます。今回、8位入賞者の中で30~35キロまでのラップタイムが最も速い選手に50万円を贈る「ラップチャレンジ」を初めて実施します。

事業イベント、動画配信等

開局60周年記念事業は、「フェルメール展」を2月16日から大阪市立美術館にて休館日無しで開催、「ミュージカル ハル」を4月に東阪で上演します。
開局60周年特別ドラマ「BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸」は「U-NEXT」と組み、プロローグドラマやメイキングドキュメンタリー等を制作、配信しております。「グータン」の新シリーズ、「グータンヌーボ2」は、Amazonとの協業コンテンツです。今後も配信事業者との協業等に力を入れていきます。

技術関連

8K/HDR作品「つくるということ」を撮影した樋口耕平カメラマンが、「アジアテレビ賞」最優秀撮影賞を受賞し、当社の高い技術力を海外に示しました。4K関連では「ドローンを利用した4K生中継システム」を開発しました。技術革新の分野には積極的に取り組んでいます。

業績

当社単体での2019年3月期 通期業績は、減収減益の見込みです。

関西テレビ ページトップへ戻る