関西テレビからのお知らせ

企業情報PRESS RELEASE

2018年 秋季社長記者会見

2018年11月12日(月)

2018年11月12日(月)「秋季社長記者会見」を開催しました。 概要は以下の通りです。

中間決算

上期の連結決算は営業利益ベースで減収減益、経常利益ベースで減収増益となりました。
単体では、スポット市況の悪化を受けた放送収入の減収により、2年連続の上期営業損失を計上しましたが、配当金が増加したことなどから経常利益は増益でした。
通期では連結・個別とも減収減益の見込みです。
2019年3月期第2四半期業績の詳細は以下の通りです。

2019年3月期第2四半期連結業績資料

1. 連結経営成績 (単位:百万円未満切捨)
  前期 当期 前期比増減
売上高 30,143 29,275 △867 △2.9%
(営業費用) (29,985) (29,124) △861 △2.9%
営業利益 158 151 △6 △4.1%
経常利益 541 549 7 1.5%
税金等調整前四半期純利益 512 548 36 7.1%
四半期純利益 328 370 42 12.9%
親会社株主に帰属する四半期純利益 328 370 42 12.8%

2. 個別経営成績 (単位:百万円未満切捨)
  前期 当期 前期比増減
売上高 28,110 27,192 △918 △3.3%
(営業費用) (28,163) (27,257) △906 △3.2%
営業利益(△は営業損失) △53 △65 △12
経常利益 413 466 52 12.8%
特別利益
特別損失 26 0 △26 △97.8%
税引前四半期純利益 386 465 78 20.4%
四半期純利益 268 356 87 32.6%

3. 売上高内訳 (単位:百万円未満切捨)
  前期 当期
前期比増減
売上高 28,110 27,192 △918 △3.3%
  放送事業収入 27,569 26,645 △923 △3.4%
    放送収入 24,166 23,289 △877 △3.6%
      タイム収入 7,702 7,518 △184 △2.4%
      スポット放送料 16,464 15,771 △693 △4.2%
    その他放送事業収入 3,402 3,356 △45 △1.3%
  その他の事業収入 541 546 4 0.9%

今後の開局60周年関連

開局60周年を迎える今年、11月22日の開局記念日前の17(土)18(日)に、大阪南港ATCホールで、イベントと番組を連動させた「開局60周年!カンテレ8ppy大感謝祭」を開催します。番組セット展示や飲食ブースなどを展開する他、二日間で特別番組やレギュラー番組のスペシャル版で計12時間超の生放送を行います。
また、11月20日(火)には、やしきたかじん氏の下積み時代から晩年までを描いたドラマ「なめとんか やしきたかじん誕生物語」をローカルで放送します。
来年1月には阪神大震災での復興の実話をベースとしたドラマ「BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸」を全国ネットで放送し、U-NEXTでも配信する予定です。
この他、開局60周年記念事業として、11月24日(土)、25(日)に大阪城ホールで、人気アーティストが集結する「Livejack SPECIAL 2018 」、来年2月には大阪市立美術館で「フェルメール展」を開催します。

各局概況

編成状況

上期視聴率は、全日帯が2位に浮上しました。
ゴールデン、プライムタイムの視聴率向上が課題となっており、10月改編で月曜22時の全国ネットバラエティ、「新説!所JAPAN」を立ち上げました。
「ちゃちゃ入れマンデー」「やすとも・友近のキメツケ!※あくまで個人の感想です」「快傑えみちゃんねる」等、ローカル番組は健闘しています。
また、平日の午前帯の視聴率は「よ~いドン!」が85週連続占拠率30%超え(11/12現在)と好調で、午後帯の情報番組も上昇しています。

報道

「報道ランナー」は新実彰平キャスターの認知度が上がり、視聴率が上向いています。

スポーツ

来年から、ダイヤモンドカップゴルフの優勝者に全英オープンの出場権が与えられます。これに伴い開催日を現在の9月から5月に移行します。

事業

開局60周年記念事業の「サメと泳ぐ」(9/1~10/4)は全公演が満員で大好評でした。「ダイハツ キュリオス 大阪公演」は台風の影響で4公演が中止されましたが、33万人以上を動員しました。

動画配信、海外番販、映画

「時代劇専門チャンネル」と初めて共同制作した「小河ドラマ 龍馬がくる」(30分×4回放送:11/27~)や、「GYAO!」と組んだ全国ネットドラマのチェインストーリー等、衛星放送局や配信事業者との協業に注力しています。
海外番販では、世界最大のテレビ番組見本市「MIPCOM2018」 で、「美しい隣人」が“日本のドラマの中で“最もリメイクしたい作品”に選ばれました。また「僕のヤバイ妻」のトルコ版について購入契約が成立し、日本に逆輸入することになりました。

技術関連

東京のレモンスタジオを4K/HDR対応に更新し、来年3月に稼働予定です。

CSR活動

ノーベル賞を受賞した京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥教授の講演を11月4日(日)に開催しました。
11月25日(日)に児童虐待防止と里親制度の啓発イベントを行います。

当面の諸課題

働き方改革については、昨年春より「カンテレ働き方会議」を設置し、業務の見直しや効率化に取り組んできました。来春の労働関連法改正を控え、更に具体策を進めていく方針です。 今年は自然災害が頻発しましたが、災害報道に関しては、情報を伝えるだけでなく、避難を促す等、減災につながる伝え方が求められており、きちんと伝わったかをフォローするところまで、今後必要になってくると考えています。当社が被災エリアになった場合、人員の確保も重要な課題です。 また災害時の同時配信や生字幕対応については、これからも積極的に取り組んでいきます。

関西テレビ ページトップへ戻る