カンテレTIMES

演劇界が大注目のイケメン俳優・池田純矢
マジックの“ブレインダイブ”で初恋相手の名前を暴露され赤面?

『ピーコ&兵動のピーチケパーチケ』
226日() 深夜25時25分~25時55分放送(カンテレ・関西ローカル)
229日(早朝5時30分~6時00分再放送

毎週水曜深夜2525分~放送している『ピーコ&兵動のピーチケパーチケ』。ピーコ、兵動大樹、桜 稲垣早希、中山優馬、川島壮雄カンテレアナウンサーのピーチケメンバーが、注目のエンターテインメントや舞台、コンサート、展覧会などの最新情報を痛快なスタジオトークとともに紹介している情報番組。
226日(水)放送の『ピーチケパーチケ』には、作、演出も手掛けるなど演劇界が熱い視線を注いでいる大阪出身の俳優・池田純矢が登場。去年7月以来の2度目の登場となる池田は、ジュノン・スーパーボーイ・コンテストで史上最年少で準グランプリを獲得したのをきっかけに、14歳で芸能界入り。俳優としてドラマ、映画、舞台で活躍するほか、2015年に自身が作・演出・出演を担う企画『エン*ゲキ』シリーズを立ち上げ、脚本家・演出家としてのキャリアをスタート。2018年には『LADY OUT LAW!』で脚本提供するなど、クリエイターとして外部作品にも参加している。そんな池田が創り出す『エン*ゲキ』シリーズとは、役者・池田純矢が自身の脚本・演出により、“演劇とは娯楽であるべきだ”の理念のもと、誰もが楽しめる王道エンターテインメントに特化した公演を上演するために作られた企画。第5弾となる新作の『-D-imetor』の上演が今年5月に決定。スタジオでは、脚本家、演出家、役者の3つの目線から、『-D-imetor』の見どころを池田が語る。

去年10月にエン*ゲキシリーズ第4弾となる『絶唱サロメ』を上演したばかりの池田に、「もう新作?ちょっと休みたいとかないの?」と兵動が聞くと、「地獄のように…寝たいです()」と池田はニッコリ。「今回は、アトラクション・エンターテインメントと銘打ちまして、量子力学とか超能力、四次元とかが物語の舞台になってるんですけど小難しいじゃないですか?なので視覚的に直感的に楽しんで頂くためにイリュージョンやマジックを駆使して舞台上で表現して、遊園地でアトラクションに乗っているような体験をお客さんに劇場でして頂こうという趣の作品になってます!」と新作に込めた思いを力説。さらに、タイトルの『-D-imetor』に込めた意味や、池田とのW主演で、記憶を失った謎の少女ノアを演じる元乃木坂46の生駒里奈の魅力について語る。他にも“ブレインダイブ”という人の脳に潜り込むことができるマジシャンの新子景視をマジック監修として迎えたことを明かし、実際に、新子のマジックを、池田と生駒が体験しているVTRを紹介。生駒が選んだサイコロの目を当てるブレインダイブや、池田の初恋相手の名前を当てるブレインダイブなど、さまざまなマジックを披露する新子に「なんで?なんで??」(生駒)、「うそだ~こわいよ~!これから演出しながら“今こうやって考えてるけど、あえてこっちの言葉で言っとこうかな”とか思っていることを分かられる可能性あるかも…」(池田)と騒然となる二人。スタジオでも「え~!これはすごい」(兵動)、「急に観に行きたくなった!どういう反応を自分がするか知りたい()。今回、観に行ったら絶対に何かおこるかもしれないから、絶対に行く!」とピーコも絶賛。池田も、「是非!いらしてください!」とアピールした。

池田が手掛ける舞台エン*ゲキ#05-D-imetor』は、東京公演は紀伊國屋ホールで5 8日(金)~18日(月)、大阪公演はCOOL JAPAN PARK OSAKA523日(土)、24日(日)に上演。 

他にも、2/26(水)放送の『ピーチケパーチケ』では、7月に大阪で開幕する『ミス・サイゴン』でキム役に初挑戦する高畑充希への直撃取材など、エンタメ最新情報満載の30分でお届け。是非、お見逃しなく!



<番組情報>
『ピーコ&兵動のピーチケパーチケ』
◆毎週水曜深夜2525分~2555分放送(カンテレ・関西ローカル)
◆毎週土曜早朝520分~5時50分再放送

番組サイトはこちら:https://www.ktv.jp/pi-ticke/

関西テレビ ページトップへ戻る