カンテレTIMES

さらば青春の光・森田哲矢が日本代表をつとめるスポーツ「モルック」に岡崎紗絵が初挑戦!

1024日(木)からスタートする深夜ドラマ『猪又進と8人の喪女~私の初めてもらってください~』(毎週木曜深夜0時55分~カンテレ・関西ローカル)のPRイベントが1021日(月)、カンテレで行われ、主演の森田哲矢(さらば青春の光)とヒロインの岡崎紗絵が登場し、ドラマの見どころなどを語った。



 出版部の編集者・猪又進役で、ドラマ初主演を果たした森田が「初主演!調子にのってます!」と心境を明かしつつ、「さっきまでジャケットを着るか着ないか、どちらで登場するかで迷っていたんですよ。どーでもいいですか?」と冒頭から“笑い”を誘い、和やかムードの中、イベントがスタート。一方、カリスマ女流作家・アカリ役でコメディーに初挑戦した岡崎は「この話をいただいたときは、面白さって自分のものさしによって違うから、どうしたら面白いんだろうって不安がありました。でも、撮影初日から森田さんとはこんな感じで打ち解けられたので」と笑顔で答えると、森田は「この人、初日から僕の顔を見て爆笑するんですよ。そういうNGを出す方でした()」と岡崎との楽しそうな撮影現場を振り返った。

 ドラマのタイトルでもある「喪女」とは、2ちゃんねるやSNSなどインターネット上で使われている言葉で、「男性と付き合ったことがない」「告白されたことがない」などいわゆる“モテない女性”を意味するのだという。各話ごとに「超ネガティブ喪女」「超完璧主義喪女」など個性的な喪女が登場し、森田演じる猪又や岡崎演じるアカリと、コントさながらのドタバタ劇を繰り広げる。森田も岡崎も“喪女”という言葉の存在さえ知らなかったというが、森田は「当初、喪女と森田哲矢の名前で企画書が通ったので、出てもらえないですか?っていう話だったんです」と、実は事後報告で、出演依頼があったことを告白。そのため、「喪女というものがまったくわからなかった。我こそは喪女だという4人の方から3時間くらい話を聞いて、喪女というものを深堀りしました。そこからどういう話にするか考えていったんです」と、主演として出演することに加え、脚本監修として参加するまでの経緯を説明した。“喪女”に関して印象的だったことについて、森田は「見た目は喪女に見えない方でも、総じて『私なんて…』というメンタルの人が多かったです。あと、喪女であることはバレたくないから、“恋愛してます感”を出す必要があって、女子会は地獄だって言っていましたね。来世で頑張ろうって諦めている人に、今世で頑張ろうと思ってもらえるドラマになっていると思います!」とPR。岡崎も「喪女のみなさん全員が印象深いんですが、コスプレ喪女さんとか面白くて印象的でした。どれもちょっとずつ共感できるところがあるんです」とコメント。森田も「今回、企画段階で言っていたのは、本当に喪女に見える人を選ぼうということだったので、喪女役のスペシャリストたちが一堂に会しています」と見どころを語った。ちなみに撮影は約1月半、大阪・京都・神戸・和歌山など関西各地で行われたそうで、森田は「第5話のラストシーンを大阪・福島の駅前で5時間くらいかけて撮っていました。ちょうど、『キング・オブ・コント』をやっている裏でしたね」と過酷な撮影を振り返った。

そして、このドラマのタイトル「初めてもらってください」にちなんで、イベントでは、岡崎の“初めて”を森田にあげちゃう特別企画、題して「岡崎紗絵のモルック初めてもらってください」を開催! 実は、森田は芸人としての活動だけでなく、フィンランド発祥のスポーツ「モルック」の日本代表として、競技経験わずか3カ月ながらフランスで行われた国際大会に出場しているユニークな経歴の持ち主。「ドラマの話と関係ないじゃないですか!ドラマの内容にもうちょっと時間を使いません?」と不満をぶつけながらも、「これは木の棒で木の棒を倒すスポーツで…」としっかりルールを説明し、投げ方もレクチャー! 今回は時間や場所の都合上、正式ルールではなく、「3回ずつ投げて25点に近い方が勝ち」というルールのもと、さっそく岡崎が第1投目を投げるが…まさかの大暴投! かすりもしない状況に、森田は「全然違う!試合でやったらめっちゃ恥ずかしいやつ!」とプレッシャーをかけまくる。仕切り直すも2投目も外し、3投目でようやく3本倒した岡崎は「見ているよりもやっていると難しい!」と苦笑い。「日本代表って言っていますけど、競技人口が少ないので誰でもなれるんです。日本代表になれる条件は世界大会までの旅費がある人。僕はたまたま旅費があったので…()」と謙遜しつつ、ここは日本代表の名誉にかけて、そのテクニックを披露! 森田は、 確実に狙った棒を倒していき、会場には「おおー!」という歓声が。そんな中、この日初めて挑戦した岡崎との実力の差が歴然だったため、急きょ『森田が25点を取らなければ岡崎の勝ち』という思い切ったルールに変更することに。結果は…森田が24点となり、岡崎が勝利を収める結果に。「なんでやねん!」と森田は納得のいかない様子だが、最後は「僕が主演、主演といっても、ほぼ岡崎さんのドラマです。岡崎さんに対するスタッフの対応が主演レベルなんですよ。普通、カメラが止まると、メイクさんが直しに入るものなんですけど、僕にはまったく来ないんです。ずっと僕なんか、顔がテカテカで!」と自虐的に語りつつ、「岡崎さんや喪女の方が面白いので、僕はそこに添えるようにツッコミを入れただけ。岡崎さんの変顔もあって、気軽に見られる作品になっています。今のところ、視聴率がゼロの可能性があるので、皆さんに是非観ていただかないと!!」と熱烈アピール。岡崎も「毎話登場する喪女さんや、アカリに振り回される猪又だったり、どこを切り取っても面白いドラマになっているので、いろんな方に観ていただきたいです」としっかりアピールし、笑いに包まれたイベントは終了した。


ドラマ『猪又進と8人の喪女~私の初めてもらってください~』は、カンテレでは1024日(木)深夜055~放送スタート。(全8話・毎週木曜深夜055~深夜125放送 関西ローカル)。BSフジでは2K版に加え4K版を2020120()から毎週月曜夜11001130に放送する。


あらすじ

西大阪出版につとめる猪又進(森田哲矢)は、人気急上昇中の若手女流作家・アカリ(岡崎紗絵)の編集担当を任される。処女作が大ヒットし、注目を集めるアカリの次回作の連載の原稿を仕上げるよう、編集長の福島(森脇健児)から指令を受ける。新連載のテーマは「喪女(もじょ)」。「喪女」とは、一度も彼氏ができたことがない、男性を苦手とする女性の俗称である。しかし、アカリは、天真らんまんで友人も多く、派手な生活を送る美女であり、「喪女のことなんてわからないから小説なんて書けない!」と原稿執筆を放棄しようとする。そんなアカリに、猪又は「喪女を連れてきます!」と意気揚々と宣言。小説のネタになる「喪女」を探し始める。果たして、どんな喪女と出会うのか― 猪又&アカリと、個性あふれる喪女たちとのドタバタコメディー!


QA

Q.モルックの日本代表になったきっかけは何だったんですか?

森田:モルックの話ですか!ドラマの話じゃなくて()! 日本代表になろうと思ったのは、サンドウィッチマンの富澤さんが番組のロケでモルックをやってめちゃくちゃ面白かったから、「お前やってみろよ」って言われて。それで、自分で「日本モルック協会」を調べて、練習会に出させてもらったのがきっかけです。練習会に行ったその日に、モルックを初めて触った30分後には東京カップという大会に出て、そこで4位になり、その1時間後には日本代表になっていました。協会の人に「(日本代表に)なっていいですか?」って聞いたら、「いいですよ」と言われたのでなりました。日本代表は今年で20人ぐらいいます。とにかく、旅費がある人が代表になれるので!

 

Q.岡崎さんは女子の日本代表として行くのはどうですか?

岡崎:いきます!

森田:ウソつけ!

岡崎:ちょっと難しかったんで、もうちょっと練習してからですね()

森田:男女関係なく試合ができるので、お年寄りも大丈夫ですし、フィンランドのスター選手・ヤケは63歳ですから!

 

Q.ドラマの第2弾があれば、モルックを題材にしたものなんてどうですか?

森田:そうですね。次はモルックのスポ根ドラマで! 岡崎さんには女子マネージャー役で出ていただこうかと思います。

 

Q.森田さんはドラマ初主演ですが、役づくりはされましたか?

森田:「した」って書いておいてください()。でも、本当は何もしてないです。「このままでいいです」って言われたので、このまま出ています。

岡崎:素が出まくってますよね。

森田:岡崎さんの方が役作りは大変だったと思いますよ。

岡崎:面白味っていうものが自分では分からなかったので、森田さんに相談したり、変顔もどうしたら面白いのかを考えながら演じました。喪女さんたちがすごく面白いので、負けないように顔をぐちゃぐちゃにして頑張りました()

森田:おもしろい顔になっていましたよ。本番前には、岡崎さんと喪女の方と3人でネタ合わせのように、コメディー部分の“間”を調整したりして。そこだけは芸人として、自信を持ってやらせてもらいました()

 

◆番組概要

タイトル    『猪又進と8人の喪女~私の初めてもらってください~』

放送日時     初回20191024()深夜055~深夜125 毎週木曜全8話(関西ローカル)

        (BSフジ 初回2020年1月20日(月)23:002330 毎週月曜放送)

脚本       山田能龍 竹村武司 玉田真也 渡辺佑欣

演出       田中耕司・近藤匡・石田陽希(カンテレ) 的場政行

脚本監修     森田哲矢    

プロデューサー  木村弥寿彦・脇田直樹(カンテレ)

制作著作     カンテレ・BSフジ

公式HP     https://www.ktv.jp/mojo/

 

キャスト

猪又進     森田哲矢(さらば青春の光)

アカリ     岡崎紗絵

京橋正樹    納谷 健 (劇団Patch

寺田綾子    小寺真理

福島由秀    森脇健児

今宮剛志    山本浩之

西口       東ブクロ(さらば青春の光)

 

各話の喪女

第1話 「超ネガティブ喪女」   黒木恵子 役   うらじぬの   脚本:玉田真也

 第2話 「サブカルイキリ喪女」     灰原ゆり 役   未来      脚本:玉田真也

 第3話 「生き物としゃべれる喪女」神宮寺紫音 役 東野絢香   脚本:竹村武司

 第4話 「決められない喪女」   楠間 藍 役   富山えり子  脚本:山田能龍

 第5話 「完璧主義喪女」     茶川裕子 役   横内亜弓   脚本:渡辺佑欣

 第6話 「コスプレ喪女」     クロービー 役 辻 凪子     脚本:竹村武司

 第7話 「箱入り喪女」      紺之宮紅葉 役 畦田ひとみ  脚本:山田能龍

 第8話 「好き避け喪女」     ????            脚本:渡辺佑欣

 



関西テレビ ページトップへ戻る