劇場映画[CINEMA]

©2008「奈緒子」製作委員会

2008年2月16日(土)より全国ロードショー

奈緒子

連載終了から6年の時を経て、
伝説の駅伝コミックが待望の映画化


映画情報

連載終了から6年の時を経て、
伝説の駅伝コミックが待望の映画化


1994年から2001年までの約8年にわたり「ビッグコミック スピリッツ」で長期連載され、多くのファンを魅了した伝説の駅伝コミック『奈緒子』(作:坂田信弘、画:中原裕)がついに映画になりました。
長崎県波切島。喘息の療養中に両親に連れられて船釣りに出た小学生の奈緒子は、過って海に落ちてしまう。そんな彼女を雄介の父親は助け、命を落とした。それから数年後、雄介は“日本海の疾風(かぜ)”と呼ばれる天才ランナーに育ち、奈緒子はそんな彼と偶然再会する。だが、ふたりの時間はあの事故の日以来止まったままになっていた。やがて、彼らの複雑な事情を知った波切島高校陸上部の西浦監督が、奈緒子をマネージャーとして迎え入れる。こうして奈緒子と雄介、高校駅伝長崎代表を目指す部員たちの忘れられない夏が始まるが……。


上野樹里×三浦春馬×笑福亭鶴瓶
魅惑のキャストが青春の痛みと汗を体現!


タイトルロールのヒロイン・奈緒子を演じるのは、『スウィングガールズ』「のだめカンタービレ」など話題の映画、テレビなどで目覚ましい活躍を続けている上野樹里。人気、実力ともに日本を代表する女優のひとりになった彼女が、これまでの役柄と違い、心に傷を持つヒロインをストイックに演じて新境地を開いている。また、奈緒子と同じように過去の哀しみから自らを解き放つことができないもうひとりの主人公・雄介を「14才の母」『恋空』などで人気上昇中の三浦春馬がさわやかに演じているのも見逃せない。さらに陸上部の鬼監督・西浦を笑福亭鶴瓶が演じているほか、演技派の光石研、山下容莉枝から佐津川愛美、柄本時生、綾野剛ら若手の注目株まで魅力的なキャストが集結。熱く感動的な物語をより味わい深いものにしている。


青春映画の旗手の最新作にポルノグラフィティが映画主題歌を初めて担当

また、人気ロックバンド、ポルノグラフィティが映画主題歌を初めて担当することになったのも大きな話題だ。主題歌「あなたがここにいたら」は、原作コミックを読んで感銘を受けたボーカル岡野昭仁が、ギター新藤晴一の手掛けた歌詞の世界観を、心を込めて歌うバラード。甘美な岡野の歌声とメロディ、奈緒子の気持ちを代弁するような新藤の歌詞が、タスキを繋ぐことで心をひとつにしていくスポーツ青春映画の感動をより一層増幅させているのは言うまでもない。加えて、人気上昇中の女性シンガーソングライターユニット、RYTHEM(リズム)が歌う挿入歌「首すじライン」は、ピュアな思いが痛いほどに胸を刺すラブバラード。2人の重なり合うハーモニーがメロディを優しく包み込み、劇中に彩りを添えている。

ストーリー

さわやかな風に乗って、奈緒子と雄介の止まっていた“時間”が再び動き出す

長崎県波切島。12歳の奈緒子はその島に喘息の療養で訪れていた。彼女はそこで、走ることが大好きな10歳の少年・雄介と出会う。だが、その出会いは、すぐに悲しい出来事に変わってしまった。両親に連れられて釣り舟で沖合いに出た奈緒子は過って海に落ちてしまい、幼い彼女を助けることと引き換えに、雄介の父・健介が命を落としてしまったのだ。「お父ちゃんを返せ!」。幼いが故に、怒りと悲しみを奈緒子にぶつける雄介。その日以来、奈緒子は雄介の父親を奪ってしまったという罪の意識に苦しみ続ける。

それから6年の時が経ち、奈緒子は東京で雄介と偶然再会する。雄介は“日本海の疾風”と呼ばれる天才ランナーとして高校陸上界の期待の星になっていた。そんな雄介に、奈緒子は自分が6年前の少女であることを告白するが、彼は「もう忘れた。誰も恨んじゃいねぇ」と吐き捨てる。そして戸惑う彼女をよそに、その場から立ち去った雄介は短距離から駅伝への転向を発表する。「昔からやりたかったんです。子供のころから……ずっと」。

やがて、雄介にとって初めての駅伝挑戦となる九州オープン駅伝が始まる。じっとしていられず、雄介を観に九州まで来ていた奈緒子は、ひょんなことから彼への給水係を頼まれ、給水所で雄介を待つことになる。だが、そのことが事件を引き起こした。苦しい順位でタスキを受け取り、驚異的な追い上げを見せていた雄介が、水を差し出す奈緒子の姿に動揺、給水を拒んだために、脱水症状で倒れてしまったのだ。雄介はいまも自分を許してはいない。奈緒子の悲しみはさらに深まっていく。

そんなふたりの複雑な事情を知った波切高校陸上部の西浦監督は、あの事故以来動かないままでいる雄介と奈緒子の時間を再び動かそうと、奈緒子をマネージャーとして陸上部の夏合宿に迎え入れる。

こうして、奈緒子と雄介、高校駅伝長崎代表を目指す部員たちの夏が始まる。西浦はこの夏に特別な想いを持っていた。そして、地獄のような練習の中で、奈緒子と雄介だけがその想いと衝撃の事実を知ることになるが……。

 

キャスト・スタッフ

出演
上野樹里 三浦春馬 笑福亭鶴瓶
監督
古厩智之
脚本
林民夫 古厩智之 長尾洋平
原作
「奈緒子」小学館刊
■作:坂田信弘
1947年熊本県生まれ。京都大学中退後、自衛隊を経て28歳でプロゴルファーとなる。ツアー出場のかたわら執筆活動を開始。ジュニアゴルファー教育にも熱心。代表作に『風の大地』(かざま鋭二・画)、『DANDOH!』(万乗大智・画)、『奈緒子』(中原裕・画)など。
■画:中原裕
1962年埼玉県生まれ。84年、「なかはらゆう」のペンネームで描いた『リョウ』が「ヤングジャンプ」誌青年漫画大賞に準入選。87年から連載された『ぶっちぎり』(少年サンデー)が大ヒットし、この作品は後にアニメ化もされた。代表作に、『タフ』『奈緒子』(坂田信弘・原作)、『ラストイニング』(神尾龍・原作)など。
主題歌
ポルノグラフティ「あなたがここにいたら」
(SME Records)
挿入歌
RYTHEM「首すじライン」
(Sony Music Associated Records)
製作
日活 小学館 アミューズソフトエンタテインメント IMJエンタテインメント 関西テレビ放送 文化放送
配給
日活

関西テレビ制作作品

映画オンエア

関西テレビ ページトップへ戻る