page_title

番組紹介

関西テレビでは1958年の開局以来、さまざまなドキュメンタリーを制作してまいりました。
1982年からは「ドキュメントα」の枠タイトルで、エリアに密着したドキュメンタリーを定期的に制作、2001年からは「ザ・ドキュメント」として、現在も単発ドキュメンタリーとともに、「その時代の、その地域に暮らす、その人々を」記録しています。

2016年9月10日(土)深夜1:45~2:40

内容

石井さん

石井さんは、定職に就いていない。いわゆる「ニート」だ。
彼のモットーは、「必要最低限しか働かない」。
月1万5000円の生活費は、短期のアルバイトなどで稼いでいる。
彼が住んでいるのは、和歌山県の山奥。
住人はたったの、8人。平均年齢は79歳の限界集落だ。

石井さんは、山奥でのニート生活をインターネットに配信し、移住してくる仲間を募っている。
廃校になった小学校を改築した建物で、今では、男10人の共同生活を送っている。

ジョー君

石井さんと一緒に山奥での生活を始めたジョー君。
山奥に来るまでは、5年間、東京の実家に引きこもっていた。
両親はジョー君が引きこもっていることを、ずっと周囲に隠していた。
山奥での生活を始めて2年。
ジョー君は、東京に戻り両親と向き合う決意をする。

よし君

関西の有名私大に通っていた、よし君。
山奥ニートたちの中では、一番のしっかり者だ。
集落の住民たちにも信頼されていて、社会でも十分に通用しそうに見える。
しかし、彼には仲間にも言っていない過去があった。

組織に縛られずに、自由に生きる彼ら。
都会の生活を捨て、山奥で見つけたものとはー。

【スタッフ】
ディレクター:髙橋亮光(カンテレ 報道センター)
カメラ:孝岡則夫(エキスプレス)
編集:井住卓治(オアシス)
プロデューサー:兼井孝之(カンテレ 報道センター)

【ナレーション】豊田康雄(カンテレ アナウンス部)

関西テレビ ページトップへ戻る