「良質な番組を一人でも多くの人に見てもらいたい」というコンセプトのもと、多くのテレビ局の番組を販売しています