探偵・由利麟太郎 | トピックス

ピックス

2020/6/23水上京香が祇園のホステス役でゲスト出演。
「夏にぴったりな、ちょっとヒヤッとしてもらえる作品」

6月23日(火)に放送される第2話「憑かれた女」に、京都祇園のクラブホステス役で水上京香がゲスト出演する。
数々の映画やドラマに出演し、スポーツ情報番組のお天気キャスター経験もある若手女優の水上。そんな彼女が、今回の作品や役どころ、主演の吉川晃司の印象について語った。

Q.演じられるエマはどんな人物だと思われますか?
私が演じるエマは、ずっと叫んでいます(笑)。
何かに依存しやすい、寄りかかりやすい、結構弱い人間のような気がします。そこをベースに、誰に頼ってしまうんだろう、どう頼ってしまうんだろうという部分を考えながら、こういう人物かなと作っていきました。とにかく喜怒哀楽、起伏が激しくて、毎日テンションの上がり下がりが大きかったです。ドラマタイトルの『憑かれた女』にあるように、どこか乗っ取られているような感覚がありました。

Q.吉川晃司さんの印象をお教えください。
テレビでしか拝見したことがなくて、物静かでロックな方というイメージでしたが、撮影の合間にお話すると、とても物腰が柔らかくて…あとは、結構お茶目な方だなという印象です(笑)。
私が恋人役の赤楚衛二さんに助けてもらい、抱き合うシーンがあって、それが、吉川さんの近くで抱き締められるシーンだったんです。そしたら、吉川さんが『そんな近くでしてたら、照れちゃうじゃないか(笑)』って言われて、こちらも緊張がほぐれました(笑)。

Q.2話のみどころ、注目してほしいポイントなど視聴者へのメッセージをお願いします。
ストーリーが入り組んでいて、誰しもが犯人なのかもしれないというところに、この物語のすばらしさがあるんだなと思います。誰が犯人か?というのが、このドラマのおもしろさの1つですが、ミスリードもあって、最後までわからないミステリーを楽しめると思います。
あと、ホラー要素が強いので、夏にぴったりな、ちょっとヒヤッとしてもらえるような作品になっているんじゃないかなと思います。

新の記事

もっとみる

Instagram

    関西テレビ ページトップへ戻る