探偵・由利麟太郎 | トピックス

ピックス

2020/6/19柳ゆり菜が祇園のホステス役で出演!
横溝作品は「ゾワッと下から這い上がってくるような摩訶不思議な怖さがある」

『探偵・由利麟太郎』が6月16日(火)ついにスタート。放送が始まると同時にネット上で反響の声が寄せられ、「吉川晃司」の名前はトレンド入り。SNSには「吉川晃司かっこよすぎて腰を抜かした」「たたずまい、弓を引く姿が美しい」「吉川晃司唯一無二だあ!」などと、その圧倒的スタイルと存在感に、賞賛の声が挙がった。

第2話「憑かれた女」(6月23日(火)よる9時)には、女優の柳ゆり菜がゲスト出演。柳が演じるのは、祇園のクラブ「マダム・シルク」のホステス・神崎美沙子。きつい性格で、同じ店で働くホステスの吉岡エマ(水上京香)を強く敵視し、いじめる存在。エマの恋人である五月翔太(赤楚衛二)が、美沙子の元恋人であるなど、複雑な恋愛関係もあり、ドロドロとした愛憎劇が展開される。
抜群のスタイルでグラビアアイドルとして活躍しているだけでなく、女優としても映画やドラマに途切れることなく出演が続き、注目を集めている柳に、ドラマの見どころなどを聞いた。

Q.演じられる美沙子はどんな人物だとご自身では思われますか?
性格のきつい女の子のオファーをいただくことが多いのですが(笑)、その中でも上位に入るくらいのきつい女の子でした。どう演じようかと最初はとても悩みました。
とても強い女の子で…嫌な女の子なんですけど、嫌な女の子に“なってしまった子”なんじゃないかなというイメージで演じていました。エマちゃん(水上京香)みたいなかわいくて、か弱い女の子が周りにいると、どうしても強い女の子って、意地悪な役回りになってしまう瞬間があるんじゃないかなと。性格のきつい役を演じている時は、思いっきり感情を発散するので、スッキリするというか、スカッとはするんです。ただ人を傷つける瞬間が多いので、あとでちょっとした自己嫌悪になってしまうこともあります(笑)。

Q.横溝ミステリー、この作品の魅力は?
ただ怖いだけではなくて、ゾワっと下から這い上がってくるような摩訶不思議な怖さがある作品だと思います。人が持つ怖さや、摩訶不思議な怖さ、悲しみを含んだ怖さ等、事件を解決していくことで分かる単純ではない様々な「怖い」部分に胸が締め付けられます。

Q.2話のみどころ、注目してほしいポイントなど視聴者へのメッセージをお願いします。
由利麟太郎作品の中でも、特に怖い回だと監督に伺いました。恐ろしいシーンも不思議なシーンも多いお話だと思います。ぞくぞくしながら、でもどんどん引き込まれていく内容になっております。ミステリーの世界を楽しんでいただけるドラマだと思うので、ぜひ期待してご覧ください。

新の記事

もっとみる

Instagram

    関西テレビ ページトップへ戻る