探偵・由利麟太郎 | トピックス

ピックス

2020/6/14新川優愛が「とてつもなく、かわいそう」な役を熱演!
「吉川さん、志尊さん、田辺さん、お三方のバランスがおもしろい」と撮影現場の様子を語る。

6月16日(火)に放送される第1話「花髑髏」に、モデルで女優の新川優愛がゲスト出演する。
新川が演じるのは、謎に包まれた遺伝子研究者・日下瑛造(中村育二)の養女で、イラストレーターの日下瑠璃子。養父の瑛造のほか、瑠璃子を女性として愛する血のつながらない兄、瑛一(長田成哉)も登場し、複雑な家族関係が描かれる。運命に翻弄される美しき養女・瑠璃子には、つらく、重い展開が待ち受けており、欲望に満ちた人間のドロドロとした感情が描かれ、嫌な気分になる後味の悪いミステリー、いわゆる“イヤミス”要素もある第1話だ。
モデルとして第一線で活躍しながら、女優としても途切れることなく話題作に出演を続ける新川。そんな彼女が、今回の作品や役どころ、主演の吉川晃司の印象について語った。

Q.ドラマの企画・台本を読まれた時の感想をお教えください。
すごく重いお話だなと思いました。単なるサスペンスではないというか、殺人があって、事件があってというドラマの中でも、登場人物の過去や抱えている事情、さまざまな要素が絡んで、重たいお話だなと思ったのと同時に、こういった複雑な重さのあるお話は、経験させていただく機会が少なかったので、その意味では、楽しみだなと思いました。

Q.演じられる日下瑠璃子は、どんな人物だと思われますか?
台本を読んで、とてつもなく“かわいそう”だなと思いました。とにかく周りがひどいので(笑)。瑠璃子の役は、幼少時代、少女時代、私と、三人いるんですが、みんなそれぞれかわいそうで(笑)。
撮影の合間に、それぞれの瑠璃子さんと「大変だね…」、「かわいそうだよね」って話しましたね。

Q.そんな瑠璃子という役をどう演じていこうと考えられましたか?
いろいろと背負っているものがある女性です。感情を出しても、無駄だと思っている、どこか人生を諦めているような…そういった“影の部分”を出したいなと思いました。

Q.横溝正史ミステリー『探偵・由利麟太郎』作品についての感想は?
世界観がおもしろくて、独特だなと思います。横溝作品の独特さに、吉川さんが、どんなお芝居をされるのかなというのを楽しみに現場に入りました。最初は緊張もしていましたけど、「あ、こんな風に由利麟太郎を演じられるんだ…」と、そういった部分も楽しみながらの現場でした。

Q.撮影現場での様子をお教えください。
吉川さん、志尊さん、田辺さん、お三方のバランスがすごくおもしろいなと思いました。みんな、全然タイプが違うんですけど、向いているところは同じで。何か惹かれあうものがお三方にあるなと思いました。見ていると、笑っちゃいけないんですけど、リハーサルでは吹いてしまったり(笑)。三人そろうとなんだか、チグハグなんだけれども、チグハグのまんま、なんだかんだハマっていくお三方が、とてもおもしろいなと思いました。

新の記事

もっとみる

Instagram

    関西テレビ ページトップへ戻る