霧島のパソコンが日向の手に渡った……!
その中にはいったいなにが?

2017.12.11

圭吾(遠藤健慎)の自殺の原因をめぐりどんな騒動が起きても、一人だけ冷静さを失わない霧島(及川光博)。理路整然と事件を俯瞰し、言うことはいちいち正論なのですが、どことなく匂い立つ怪しさは、もう見逃せないところまで来てしまいました!

香澄(佐久間由衣)からの電話に翻弄されるうちに盗まれた霧島のパソコン。香澄の狙いは、最初から霧島のパソコンだったのです。全身黒づくめの香澄はスクールカウンセラーの相談室に忍び込むと、霧島のカバンを見定めて迷うことなくパソコンを奪取。日向の心配を振り切って、再び逃亡者になりました。
パソコンが消えたことに気づいた霧島の表情は、これまでの信頼の篤い教師とは一変。犯人は、かつての教え子である香澄と百も承知で、忌々しそうな舌打ちをひとつ。しかし、その後も他人の目に映る霧島は、淡々としたクールな数学教師のまま。どうやってパソコンを取り戻すつもりなのか、内心ではなにを考えているのか――。

やっと連絡がついた香澄に呼び出され、向かったカフェにいたのは、過去に香澄をイジメていた朱里(立野沙紀)。香澄が霧島から奪ったパソコンは、朱里を介し、日向の手に渡りました!

ドラマ出演は初めてという立野さんはずっと緊張の面持ち。しかも大事なシーンを任されるとあって、セリフ一つも間違えないようにと集中し続けていました。そんな彼女をほっこり笑顔にして和ませるのは、現場カウンセラーがすっかり板についた井上さんです。罪を犯してまで圭吾の仇を討とうとする香澄の必死の想いを、日向である井上さんは、朱里である立野さんからしっかり受け取りました。

日向はまったく気づいてなかったのか、あるいは、うすうす気づきながら否定したかったのか。タッグを組んできた霧島を疑うことは、日向にとって非常に辛いはず。
思い返せば霧島は、感情が読み取れないポーカーフェイスでパソコンの前によくいました。
いったいなにを打ち込んでいたのか。

日向と、仮面を剥した霧島が、いよいよ対決。
「……これ(パソコン)の中身を見たんですか?」と問う霧島に、「見ました」と答える日向。
日向はそこになにを見たのか。

Topics/トピックス

もっと見る
閉じる

バックナンバー

もっと見る
閉じる

Twitter

Facebook

「明日の約束」
公式LINEアカウント

友だち追加数

関西テレビ ページトップへ戻る