スクープ記者・小嶋によって一つの謎が明らかに!?
日向・霧島の学校側とマスコミは協力体制を築けるか?

2017.11.17

息子を失った真紀子(仲間由紀恵)の毒親ぶりがますます狂気めいてきた5話。テレビに出て訴え(3話)、『鎌倉からイジメを根絶する会』を動かし(4話)、5話では記者会見まで敢行。圭吾(遠藤健慎)と大翔(金子大地)が煙草を吸った際の声の隠し撮り録音まで披露しました。学校への復讐に執念を燃やす真紀子に、日向(井上真央)も霧島(及川光博)も、手も足も出ません。言いたいことをぐっと堪えるしかない状況です。

……が、ここに一つの光明が?

スクープ記者・小嶋(青柳翔)が、日向にある事実を教えたのです。それは、圭吾の死亡推定時刻。小嶋によると、「警察の話だと、大体夜中の2時から朝の5時にかけてだそう」とのこと。でも、圭吾が死ぬ直前に送ったとされた『僕は、先輩のせいで死にます』というSNSメッセージは、直接面談した大翔から、「あいつが自殺した朝に届きました」と日向は聞いています。

話が違う。送信時間と、死亡推定時刻が、合わない!

気づいた日向はすぐに大翔に告げました。「少なくとも、このメッセージは吉岡君の言葉じゃない」。それまで自分を追い詰め苦しんでいた大翔は涙ぐむほどホッとするのですが……!

小嶋が、日向と霧島を追いかけるシーンを取材しました。天気予報が外れてあいにくの雨。「傘をさしてやろう」と決断され、冷たい雨の中で撮影が始まりました。連ドラだからこんな日もあります。わたしたちの普通の毎日に雨の日があるのと同じです。途中、小嶋はトレードマークのサングラスを外すことになりました。撮影的に反射の都合もあったようですが、サングラスを外すことにより、ここから、日向や霧島たち学校側に対する小嶋の態度が変わるかも?……という変化の序章にも感じます。

小嶋はただ学校叩きがしたいわけじゃない、“犯人探しは娯楽”と言ってはばからず世間をあおることが目的です。真紀子にも、日向にも、同様に近づいていくハイエナ。ですが、鋭い観察眼としつこさは天下逸品。警察ネタをこっそりバラし、「一つ貸しですよ」と小嶋。日向と協力関係を結ぶ日が来るのかも……!?

怪しさ満載ですが演じる青柳さんは、「サングラスはまだ慣れなくて(苦笑)」。今後の小嶋の動きは要注意です!

だれが大翔にメッセージを送ったのか。なぜこのタイミングで大翔は襲撃されたのか。
そして、「二人きりで話がしたくて」と真紀子が日向に近づく目的は……。

Topics/トピックス

もっと見る
閉じる

バックナンバー

もっと見る
閉じる

Twitter

Facebook

「明日の約束」
公式LINEアカウント

友だち追加数

関西テレビ ページトップへ戻る