北見先生(白洲迅)がバスケ部顧問に就任!

2017.11.06

3話ラストで襲撃されたバスケ部顧問の辻先生(神尾佑)。安否が心配ですが、すでに辻先生は辞表を提出している身。全国大会を目指すバスケ部としては、だれかほかの先生に見てもらうほかありません。

そこで臨時顧問に就任したのが、バスケットボール未経験の北見先生。部員たちにあいさつする面持ちは緊張でいっぱい。「よろしくお願いします!」と深々と頭を下げ、「お願いします」と部員から返事が聞こえると、ホッとした顔を紅潮させます。

白洲さん自身は運動万能タイプですが、演じる北見は日本史の教師で、運動からはちょっと距離あるイメージ。熱血漢で教育熱心という先生らしい顔と、日向(井上真央)を密かに想う男子の顔が入り混じる人物です。年齢的にも気持ちがわかる点でも生徒にもっとも近い存在かも。「じゃあ、練習しよっか」の言い方には、顧問とはいえ新入り感がありました。

反対に、大翔(金子大地)は、バスケ部をまとめようと主将らしく振る舞います。「辻がいなくなったのは辛いけど、その分自分ががんばらないと。とにかくコイツらを大会に行かせてやりたい一心だからね。大翔は部員から慕われている!」と監督に言われ、金子さんはどんどんテンションを上げていきました。金子さん=大翔の声に、ザッと顔を向ける20人以上の部員たち。その“ザッ”の圧で、白洲さんは一瞬軽くひるんでしまうほど。思わず「がんばれっ!」と台本にないセリフで、ランニングに出る彼らを背中から励ましました。

正義感が強い北見の本質が、バスケ部員たちに刺激されてぐぐっと目覚める。この感触を得たからこそ、北見は、その後も大翔や勝(渡邉剣)たちバスケ部員を精一杯に励まし、かばっていくのですが……。

「頼もしいな」とまぶしそうに見る北見の一方で、「逆に心配です」とマネージャーの希美香(山口まゆ)。果たしてその意味は……?

大翔は大丈夫なのか?そして勝は?
バスケ部は無事に大会に出場できるでしょうか……!?

Topics/トピックス

もっと見る
閉じる

バックナンバー

もっと見る
閉じる

Twitter

Facebook

「明日の約束」
公式LINEアカウント

友だち追加数

関西テレビ ページトップへ戻る