「あいつは、もう仲間じゃない」
バスケ部の先輩・大翔がここまで言うのはなぜ……?

2017.11.03

辻先生(神尾佑)が何者かに襲われた……!?予想もしていなかった3話のラストシーンに驚いた方も多かったはず。
直前には、大翔(金子大地)がバスケ部以外の生徒と大喧嘩をしてしまい、いよいよ、圭吾(遠藤健慎)の自殺とバスケ部の因果関係が怪しくなってきました。

圭吾の死の原因はバスケ部のイジメ――!?すでにニュースでも報道され、バスケ部員たちは大きな動揺の中にいます。でも、大翔と勝(渡邉剣)の動揺の仕方は、ほかの部員とすこし違う。辻先生が部員に頭を下げた直後、帰り道でヒソヒソ話をしていた2人。勝が大翔に言いかけた「あのこと、やっぱり……」の“あのこと”とは、いったい何なのか?他部員と殴り合いになったときは、大翔も「大体な、俺はあいつに……!」と言いかけましたが、“あのこと”と同じことを言おうとしたのでしょうか……?
大翔、勝、圭吾の3人の間には、3人しか知らない秘密が!?

一番心配そうにしているのが、彼らの近くにいるマネージャーの希美香(山口まゆ)です。1話で自分の母親との問題に向き合ってから、彼女はすこしずつ強くなってきました。辻先生が頭を下げたシーンも、大翔と勝のヒソヒソ話に割って入るシーンも、「ずっと困って顔してる(苦笑)」と山口さん。「もっと熱く言っていいよ」と監督に言われると、山口さんは一段と熱を帯びて演じました。

登下校のシーンには、撮影でお邪魔しているロケ先の実際の生徒さんもエキストラ参加してくれています。「やりたい!」と立候補で集まったので、やる気もじゅうぶん。監督や助監督から「数人でじゃれ合って」「こちらのみなさんは部活帰り」「あなたは塾に間に合わないって急いでいる」と役割分担を受け、それぞれに密やかな熱演をしています。「大翔のセリフの意味が気になる、なんだろう?」「オンエアも録画も何度も見ます!」など、楽しみにしている声もあちこちに★

大翔と勝しか知らない、圭吾との秘密とは……。
「あいつは、もう仲間じゃない」とまで言わせてしまう、いったい何があったのか。

Topics/トピックス

もっと見る
閉じる

バックナンバー

もっと見る
閉じる

Twitter

Facebook

「明日の約束」
公式LINEアカウント

友だち追加数

関西テレビ ページトップへ戻る