Topics

幼なじみの敵討ち?恐怖の“襲撃犯”は香澄(佐久間由衣)だった!
さらなる襲撃を予告し、行方をくらます香澄の真意は!?

2017.11.28

今夜放送の第7話では、学校関係者への襲撃犯だと判明した圭吾の幼なじみ・白井香澄(佐久間由衣)の次のターゲットが明らかになります! 香澄はかつて、同級生からのイジメにあい、自殺未遂の末に高校を退学。それを知った圭吾が香澄に代わって、いじめていた女子生徒を階段から突き落とすという“仕返し”をしていました。香澄はその恩から、圭吾を死に追いやったと疑われたバスケ部の顧問やキャプテンを次々と襲撃していたのです。

朝ドラなど、これまでの佐久間さんの爽やかな演技に慣れ親しんでいるためか、当初からインターネット上では、香澄が犯人ではないことを願う視聴者の声が続出していました。

当の佐久間さんは、「ドラマを見てくれている両親や友達からは『変装して襲撃しているのは由衣じゃないよね?そうじゃないことを願います』というメールが来ていました。実は私だったので、『ごめんなさい』という気持ちでした(苦笑)。

香澄は圭吾への強い想いから、周りが見えなくなってしまって、『自分がどうにかするしかない、やるしかない』という、使命感に近い“叫び”みたいなものだと思っています。

私は“可哀想”という言葉をあまり使わないようにしているのですが、香澄に対しては可哀想だと思うところがあります。捨てるものがもうない、と思っているところとか。自殺の道を一回選んだということも、自分の中で大きな何かが一つ終わっているのだなともと思います。実は、誰かに助けてもらいたいんじゃないかな。なので日向先生の存在は大きいと思います」
と、自身が演じる香澄を分析します。

香澄は先週放送の第6話の最後に「私、まだやることがあるから。あと一人、絶対に」と、さらなる襲撃をほのめかしていました。執念すら感じさせるそのターゲットこそが、圭吾を死に追いやった人物なのか!?今夜の放送で、その真実が垣間見える!

Topics/トピックス

もっと見る
閉じる

バックナンバー

もっと見る
閉じる

Twitter

Facebook

「明日の約束」
公式LINEアカウント

友だち追加数

関西テレビ ページトップへ戻る