Topics

いきなり幕を開ける「井上 VS 仲間」
異様な親子関係も初回からさく裂!

2017.10.17

井上真央さんが高校のスクールカウンセラー・藍沢日向を演じ、親子をはじめとする人間関係に葛藤しながら、生徒の不可解な死の謎を追うヒューマンミステリー『明日の約束』。

注目の第1話がいよいよ今夜9時から放送されます。

冒頭のシーンは、物語の舞台で井上さんの出身地でもある神奈川県の穏やかな海。学校内の日向は「最後に味方になってあげられる大人」として、生徒に温かいまなざしを向けます。そんな穏やかな日常は、突然急変します。不登校の男子生徒・吉岡圭吾(遠藤健慎)のことを気にかけ、担任教師の霧島直樹(及川光博)と家庭訪問をすると、そこに待ち受けていたのは、息子に過干渉で過保護な“毒親”真紀子(仲間由紀恵)。

真紀子は息子への日向の接触を妨げ、さらには家庭訪問や聞き取り自体を「息子にとってのストレス」だ、として強くけん制します。突き刺すようなまなざしで、不登校自体を学校のせいだと主張する真紀子に対し、日向は疑念と反発を抱いていきます。井上さん自身が「日向にとって、手ごわい」と語る真紀子との対じ。初共演となる井上さん VS 仲間さんの対決は初回から幕を開け、今後、緊迫感を増しながら、物語の大きな軸として繰り広げられていきます。

さらに、この作品を語るうえで欠かせない登場人物たちの異様な人間関係も、初回から見逃せません。

特筆すべきは、やはり“毒親”真紀子と圭吾の親子です。圭吾を「圭ちゃん」と呼び、溺愛する真紀子は、息子の外部との接触を制限するために、ささいな行動の変化を日々、見逃しません。現在の高校生には欠かせない存在となっているスマートフォン、SNSにも真紀子の監視の目は向けられ…。その徹底された束縛は、見るものに恐怖すら抱かせます。

共演者から現場で「かわこわ」(可愛いけど、怖い)とささやかれ、先日の制作発表で仲間自身も「私は何も喋っていないのに。生徒役の子たちがすごく恐れている感じ。誰もにこりともしてくれず…」と冗談めかす“怪演”は見どころです。

そして負けずとも劣らずに異様な気配を漂わせるのが、日向とその母・尚子(手塚理美)との関係。「好きになれない」と日向が明言する尚子との関係は、自らがカウンセラーを志したきっかけにもなったほど重いものです。第1話で日向の口から飛び出す「中学生の時、ブラジャーを買ってくれなかった」という衝撃の発言は、親子関係の幼少期からのいびつさを如実に表しています。尚子から、日々の言動を改善するための「明日の約束」という交換日記を強制的につけさせられていた日向。物語を通して“毒親”真紀子と対じする中で、自らの母親の姿を重ね合わせ、関係に悩み、向き合っていくことになります。

プロデューサーの河西秀幸は「単なる犯人さがし、謎解きではない。このドラマで描く事件やトラブルはどこでも誰にでも起こりうる。視聴者の心にザクザクと問いを投げかけていく」と抱負を語ります。

Topics/トピックス

もっと見る
閉じる

バックナンバー

もっと見る
閉じる

Twitter

Facebook

「明日の約束」
公式LINEアカウント

友だち追加数

関西テレビ ページトップへ戻る