Topics

及川光博さんクランクイン
こんな先生いてほしい!な高校教師役スタート

2017.10.17

霧島直樹役の及川光博さんがクランクインしました。撮影が始まる直前には、メイキングカメラに向かって笑顔をくれた及川さん。現場に元気をくれるムードメーカーとしての存在感は、顔合わせの時から絶大です。及川さんのファーストシーンは、不可解な死を遂げる吉岡圭吾(遠藤健慎)の家を、日向(井上真央)と共に家庭訪問する場面から始まりました。スクールカウンセラー日向の良き理解者であると同時に、生徒にとっても話を聞いてくれる信頼の篤い霧島。不登校になった圭吾の心も拓けるといいのですが……。

そこにはだかる圭吾の母親、真紀子(仲間由紀恵)。「先生、プロの教育者ですよね?」などと、霧島や日向をやり込める言葉を畳みかけてきます。誠心誠意で務めている教師であればあるほどカチンと来そうですが、そこは百戦錬磨の高校教師。及川さん演じる霧島は、憤る相手を一度受け入れる器を持っている様子です。穏やかな微笑みを絶やさず、その中にも、相手の言い分を聞き届ける真摯さが伝わってくる。“微笑み”だけでいろいろな心境を表現してしまうとは、さすがです!

初日からディープなシーンでした。でも、深刻度はこれからのほうが上がります。シリアスな場面では現場の空気感もどっぷりしていくことがままありますが、休憩や待機中にはスイッチを切り替え、井上さんや仲間さん、スタッフとも気軽に談笑して場を和ませる及川さん。演技派・個性派の俳優が集う現場とは、こうしたものなのでしょう。プロの仕事場を目撃しました!

物わかりのいい先生、という印象の霧島。けれど、及川さんが演じるからには、それで終わるはずがありません。ドラマが進むにつれて霧島の言動に変化は起きるのか?目が離せません。

Topics/トピックス

もっと見る
閉じる

バックナンバー

もっと見る
閉じる

Twitter

Facebook

「明日の約束」
公式LINEアカウント

友だち追加数

関西テレビ ページトップへ戻る