Topics

初日から息子の溺愛っぷりがすごい!
仲間由紀恵さんクランクイン

2017.10.16

吉岡真紀子役の仲間由紀恵さんがクランクイン。真紀子は、椿が丘高校の生徒・圭吾(遠藤健慎)の母親で、息子を愛しすぎるがゆえに、学校や教師たち、そして当の息子本人にも異常なプレッシャーを与えていく“毒親”という役どころ。仲間さんの撮影は第一話の真紀子登場シーンからスタートしました。ドライ(段取り)が始まる前から演技について監督とディスカッション。真紀子の役柄について台本から読み取ったことを監督に投げ、「愛しているからですよね」「息子を救いたい? 守りたい?」と、感情の細やかな落としどころを仲間さんは探っていきます。

スクールカウンセラーの日向(井上真央)と、担任教師の霧島(及川光博)が家庭訪問にやってきた場面では、お茶を入れながら、先生らと息子・圭吾の会話に聞き耳を立てる表情が意味深。圭吾にはそれがわかっているから、いちいち母親の顔色をうかがって目線をチラチラ。息子の代わりに母親が出しゃばって答える、という構図は世の中に多いといわれますが、真紀子と圭吾の関係は度を過ぎている。背後に常に母親がいるって息子にはかなりプレッシャー! 

「圭ちゃん」と息子を呼ぶ仲間さんの声、めちゃくちゃ板についていました!すでに呼び慣れている感じで、真紀子の溺愛っぷりの一端をハッキリと感じさせます。

Topics/トピックス

もっと見る
閉じる

バックナンバー

もっと見る
閉じる

Twitter

Facebook

「明日の約束」
公式LINEアカウント

友だち追加数

関西テレビ ページトップへ戻る