ストーリー

第1話 2016.4.19

望月幸平(伊藤英明)は、資産家令嬢の真理亜(木村佳乃)と結婚、真理亜の両親の遺産を元手に夢だったカフェをオープンし、誰もがうらやむ生活を送っていた。しかし実際は家庭に息苦しさを感じ、ビジネスパートナーで愛人の北里杏南(相武紗季)と真理亜の殺害を企てるほど、妻への愛情は冷めきっていた。

ある朝、幸平は真理亜にカフェを立て直すための追加融資を頼むが、真理亜は返事を保留。それを聞いた杏南は幸平に毒を渡し、真理亜殺害をそそのかす。意を決した幸平は“夫婦の思い出のワイン”に毒を混入し、帰宅。

しかし、「2億円用意しろ。警察に連絡したら妻を殺す」というメッセージを残し、妻は何者かに誘拐されていた――。

幸平の通報で、刑事の相馬誠一郎(佐藤隆太)矢吹豊(浅香航大)がやって来る。すると翌朝、向かいに住む噂好きの鯨井有希(キムラ緑子)和樹(高橋一生)夫婦の家のポストには、通報を知った犯人から「妻は死んだ」というメッセージと“血の付いた真理亜の爪”が。

自らの手を汚さず望みが叶った幸平は、一人ほくそ笑む。

相馬は夫婦間で金の貸し借りがあったことなどから、幸平に疑いの目を向ける。焦った幸平は元・義兄で興信所を経営する横路正道(宮迫博之)に相談。一方で、事件当夜に家の前で見かけた真理亜の後輩・緒方彰吾(眞島秀和)から、真理亜が幸平の浮気に気付いていたことを聞かされる。さらに、真理亜が幸平のために密かにレシピノートを作っていたことなどを知り、猛烈な罪の意識にさいなまれてく。

その矢先、車から血痕が検出され、幸平は重要参考人として連行されることに。身に覚えのない幸平が混乱していると、そこへ犯人から、真理亜が生きていることを知らせるDVDが届く。

今度こそ、何としても妻を助けたいと改心した幸平は、犯人の指示通り身代金を用意。世間の注目を集めるなか、警察の目を欺き、何とか受け渡しに成功する。

一方で、警察は幸平が毒を入れたワインの空き瓶を押収していた。毒物を抽出した疑いで、杏南も取り調べを受けることに。そして、真理亜の無事を知らせる便りも届かないまま、妻殺害の容疑をかけられた幸平は、失意のあまり自殺を図る。しかし、間一髪のところで相馬に助けられ、同時に、真理亜が無事発見されたと教えられる。幸平は喜びのあまり涙するが、救出され病院に搬送される真理亜の口元は、なぜかわずかに微笑んでいて……。

その頃、とあるバーに、大きなクーラーボックスが届く。男(佐々木蔵之介)が中を見ると、そこには2億円が。手紙には『しばらく預かってください。望月真理亜』と書かれていた――!

バックナンバー

Twitter

Facebook

関西テレビ ページトップへ戻る