9月26日(火)

第389回 父鬼街道「~聖なる滝が流れる道~」

父鬼街道—ちちおにかいどう

父鬼街道
父鬼街道
大阪府から和歌山県を通る父鬼街道。
この街道の周辺にはいくつもの滝を見ることができます。
終点である七越峠の麓には鎌倉時代の高僧、文覚上人が荒行を行ったと伝えられる滝があり今でも修験者が訪れています。
父鬼街道、そこには【心身を清らかにする滝の轍】がありました。

紹介した内容

乳滝—ちちたき
かつては「ちちおに滝」と呼ばれていた「乳滝」。
乳の出ない女性が滝の水を飲むと乳の出が良くなるという言い伝えが残されています。
乳滝
乳滝

道の記憶 急流の奥に隠れる滝

文蔵の滝—ぶんぞうのたき
紀の国名水百選の一つにも選ばれている「文蔵の滝」は高さおよそ10メートルほどあり、岩壁に囲まれた滝で鎌倉時代の高僧、文覚上人が荒行を行ったと伝えられています。
俗世から隔離されているような神秘的な空間を求め、今でも多くの修験者が訪れています。
文蔵の滝
文蔵の滝