3月1日(火)

第308回 水間街道「~水間寺の縁結び~」

水間街道—みずまかいどう

水間街道
水間街道
大阪府を通る水間街道。
水間寺への参詣道として使われた水間街道は、古くから賑わいをみせ、風情ある町並みが残ります。
寺には伝説があり、この地に住む女が天皇のお供として訪れた武士と出会い恋をし、水間寺に祀られている愛染明王に恋愛成就を祈願し結ばれたといいます。
水間街道、そこには縁結びの伝説が残る轍がありました。

紹介した内容

水間寺—みずまでら
水間寺は、厄除けや縁結びの御利益があることで知られる奈良時代に創建されたと伝わる寺です。聖武天皇の勅命により水間の地を訪れた行基が、美しい水の流れる滝に現れた仙人から手渡された聖観世音菩薩像を、厄除け観音として現地に祀ったことが始まりとされています。
水間寺
水間寺

いにしえの縁結び

愛染堂—あいぜんどう
水間寺にある愛染堂は、縁結びの仏様として知られる愛染明王を祀っています。
寺には、愛染明王に毎晩祈願し、身分の違いを乗り越えて結ばれたという伝説「お夏清十郎伝説」があり、良縁や縁結びの御利益を求めて全国から人々がお参りに訪れます。
愛染堂
愛染堂