日本の轍

毎週火曜 午後9:54~10:00

6月16日(火)

第219回「初瀬街道~水の聖地と秘境~」

初瀬街道—はせかいどう

初瀬街道

初瀬街道

奈良県を通る初瀬街道。
街道が通る宇陀市は、四方を山に囲まれ川や滝も多く水の聖地として知られています。
地元には龍神にまつわる秘境があり、信仰する人々により大切に守られてきました。
初瀬街道、そこには水の神を祀る聖地の轍がありました。

紹介した内容

龍穴神社—りゅうけつじんじゃ

龍穴神社は水の神「龍神」を祀る神社で、奈良時代から平安時代にかけて、雨乞いの神事が行われていました。
神社の背後にある渓谷には龍神が住むと伝えられている岩窟があり、古代から神の鎮座する場所とされています。

龍穴神社

龍穴神社

いにしえの秘境

龍鎮神社—りゅうちんじんじゃ

龍鎮神社は、山深い渓谷を流れる川沿いに小さな祠と鳥居があるのみで、参拝に訪れる人々は川を挟んだ手前にある拝殿から祈りを捧げます。
境内には清澄な水が流れる「龍鎮の滝」があり滝壺の水は霊水として、神社で行われた雨乞いの神事にも使われていました。

龍鎮神社

龍鎮の滝

関西テレビ ページトップへ戻る